ケアステーション ゆずりは 定例 ミーティング

2017年11月26日 06:17

平成29年11月19日 (日)

今日は毎月第3日曜日に行われているケアステーションンの定例ミーティングの日です。

通勤途中にコンビニの前を通るとクリスマスケーキの予約注文の広告が出てたり
服屋では早いところでは福袋の受付が始まっていたりと
幼いころ近所のおばちゃんが良く口にしていましたが
『 ほんと、1年って過ぎるのが早いですね。』

・・・・自分も年を重ねた証拠かな?

今回のテーマは 『 事例検討会 』

Aさん 
 
 健康状態 ・・・ 脳梗塞 右片麻痺 (上肢 : 胸の位置まで何とか自分が上げる事ができる伸展が可能)
           失語症 (運動性失語)

 ADL    ・・・ 寝返り・起き上がり : つかまりながら行う
           立ち上がり : 手を膝について立ち上がりが出来る
            立位  : つかまらなくても立位保持が出来る
            移乗 : ゆっくりだがつかまらなくても出来る   ・・・・etc


ケアマネージャーのケアプランの内容に沿って援助内容を検討し実際に実践してみる・・・

実はこれ私自身、実務者研修を取得すべく毎週末に研修に行っているのですが
その中で実際に行われている授業内容の一部をお借りさせて頂きました。

ケアプランの内容から訪問介護員として出来るサービス提供内容を搾取し
それをご利用者様に提示、同意を得て援助方法を各訪問介護員何方でも
同じサービスが提供できるように伝えていく・・・・・。

このような仕事をサービス提供責任者が行うのですが、大変重要な仕事です。


研修風景に戻りますが
援助内容としてデイサービスに行く準備(衣服の着替え)
と部屋から玄関までの6m程の距離をT字杖で歩く際の見守りを設定し
実際にAさん役、ヘルパー役それぞれ体験して頂きました。

1_20171126053248b03.jpg

2_20171126053249123.jpg

4_20171126053252f85.jpg

片麻痺のある方の動きって?
歩き方、残存能力を活かした衣服の着脱に四苦八苦されていて
ご利用者様の立場になるって難しいです。
けど、その方の立場になって考える事はとても重要だと思います。

介護の基本は自立支援が目的なので過剰な援助は必要ありません。
それも心得ていますが ・・・・ 。

ヘルパーさんって大変な仕事で奥が深いです。
スポンサーサイト

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kaigoyuzuriha.blog44.fc2.com/tb.php/2173-6f02010a
    この記事へのトラックバック


    最新記事