FC2ブログ


ケアステーション ゆずりは 定例ミーティング

2017年09月17日 14:33

平成29年9月17日 (日)

今日は毎月第3日曜日に行われるケアステーションの定例ミーティングの日です。
今日ミーティングを開くかどうかは悩むに悩みました。
と言うのもこの3連休台風18号が日本列島を襲い
予定であれば今日の午後から近畿圏内暴風雨となる恐れがあったからです。

何時もより早めに出社し天気予報と外の様子をうかがいながら
『よし、予定通り行おう!』
と決断に至ったわけです。
きっと、運動会で当日の天候が怪しい時は先生達は
こんな決断を迫られるんでしょうね・・・。

本日のテーマは 『認知症及び認知症ケアについて』

日本では認知症高齢者は現在 約462万人(予備軍を含めると 862万人 )
で65歳以上の7人に1人(85歳以上では2人に1人)が認知症です。

      img03_convert_20170917143343.png
     *認知症の原因となる主な病気【アルツハイマー認知症】【レビー小体型認知症】【血管性認知症】


私自身、認知症の方は自覚症状がないと思っていたのですが
今回の研修をするうえで認知症について調べると

(いつもの自分とは違う)・・・・ 違和感
(思い出せない・不安感)・・・・歯がゆさ・不安感
(どうもうまくいかない、自分では解決できない)・・・・不全感 
・・・・・・

の感情があり自分自身の変化に実はまわりの方よりも一番気づいている事を知りました。
だからこそ自身喪失、あきらめと同時に「何とかしよう」という気持ちも芽生え
それが心の葛藤になっているんだと感じました。

2_201709171430388c6.jpg


私的な話ですが、私が小学校低学年の頃

「花いちもんめ」

という映画を鑑賞した事があり、その映画は確か大学教授だったおじいちゃんが
 《呆け》(*当時は「認知症」の呼び名はなかったので) てしまう話だったと記憶してますが
公衆の場で失禁を平然としたり
夜中に冷蔵庫の中身を食いあらさったり
家族にむけて包丁を振り回したり・・・と
当時の私にはその映像がリアルで子供ながらに恐怖を感じたのを憶えています。

あの時から呼び名も変わり現在は「認知症」という一つの病気として社会全体として
通過点に過ぎないかもしれませんがある程度理解されているとは思います。
現在に辿り着くまでは単純な言葉ですが大変だったんだろうなと思います。

これからも本人だけではなく家族、かかわる周りの方々も
サポートしていけるように地域レベルで「認知症」に向き合わないといけないなと感じました。
              


3_20170917143039dbd.jpg

スポンサーサイト

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kaigoyuzuriha.blog44.fc2.com/tb.php/2168-c2cd6f62
    この記事へのトラックバック


    最新記事