ケアステーションゆずりは  『HOT!ジョブミーティング&相談・面接会』 に行ってきました。

2017年06月30日 00:20

ケアステーション ゆずりは  就職相談会
               平成29年6月27日(月)  10:00~  会場ハローワーク 伊丹



梅雨の合間の快晴の中 ハローワーク伊丹で
福祉の仕事 就職相談が開かれました。

今回は私達 「ケアステーション ゆずりは」、 「株式会社 ケアマインド」 、「社会福祉法人 ヘルプ教会」
の3事業所が参加しての相談会でしたが、
昨年、初めて参加させて頂いたときは
求職で参加された方10名程でしたが今回は倍近くの方が参加され、
それも5月からハローワーク伊丹で「福祉人材コーナー」を設置されたことで
潜在的に関心や興味のある方がご来場頂いたのかと勝手な見解をしております。


IMG_5690[1]_convert_20170630002050



IMG_5683[1]_convert_20170630001953                       
相談会の前に各事業所10分の持ち時間でプレゼンを行ったのですが
私の出番は1番最後で他の事業所様の素晴らしいプレゼンを聞く度に緊張度が増してきました。

内容は会社の説明ともちろんスタッフの募集の呼びかけなのですが
ただ単に呼びかけをするのではなくて私なりの解釈で必要性をPRさせて頂きました。

【以下当日私が伝えたかったことです】

日本は高齢化が進んでいる。
        ↓
2025年には65歳以上の高齢者の方は 3657万人
2042年には 3878万人でピークを迎える。
        ↓
高齢者が増加するのにその方たちを支える若年層は比例して伸びない
        ↓
生産者側の若年層の割合が少ないと社会保障費の財源が確保できない
        ↓
一定の財源の中で増え続ける高齢者の方を支えていくには
 医療費、介護保険サービスを見直す必要がある。
        ↓
病院での医療から医療、介護、地域が一体となって
 高齢者を支えていく“地域包括ケアシステム”の構築
それには在宅でのサービスの充実が必要
        ↓
在宅生活をサポートし地域にも情報提供が出来るヘルパーが必要

IMG_5682[1]_convert_20170630001925

この連鎖的な思考が正しいか正しくないかは別として
在宅生活を支える、QOLの向上を提供できるのがヘルパーで
仕事の質も上げていかないといけないと感じています。

価値ある仕事に少しでも共感頂ける方がいらしたら
是非 『ゆずりは』で在宅ヘルパーで働いてみませんか?

*ちなみに緊張してしまいスライドも2枚ほど省略してしまい
  充分に思いを伝えられたかどうか?


スポンサーサイト

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kaigoyuzuriha.blog44.fc2.com/tb.php/2157-ddfae53e
    この記事へのトラックバック


    最新記事