湊町LODEマップ研修

2016年09月21日 00:05

こんにちは!
キッシンジャー雅人です。

平成28年9月17日(土)14:00~16:00
くすのきセンターにてLODEマップ研修を行いました。
私は、ネット会議メンバーとして、参加させていただきました。

女性の高齢者、男性の高齢者、障害のある方…など、災害が起こった時の為にどの地域にどのような方がおられるかという事を把握する為に行います。
色つきのシールをどんどん貼り付けていきます。

20160917_133059781_convert_20160921105713.jpg

LODEとは何か?
ちいさき物(Little people)も
高齢者(Old people)も
障害のある方(Disabled people)も
みんなで避難(Evacuation)
という意味が込められています。

写真_3_convert_20140523192659

避難所のマーク
皆さんご存知でしたか?
DSC_0650_convert_20160921105958.jpg

神津・有岡地域包括支援センター方々も、地域との連携の大切さをよくご存知です。

20160917_153722125_convert_20160921105832.jpg

ご自分の住まわれている地域以外のところはどうなっているのか、それぞれ見ていただきました。

20160917_144953961_convert_20160921105624.jpg

20160917_155145016_convert_20160921105753.jpg

南部美智代先生
在野の防災活動者として全国的に著名な存在で、2010年には一般民間人個人では国内初となる「防災担当大臣表彰」を受賞。
阪神大震災後に阪神地区の高齢者の一時避難支援をしたことがきっかけとなり、DIG(ディグ、災害図上訓練ゲームを開発。現在このDIGは全国各地の行政団体や地域団体等が防災活動で採用普及している。
また現在は、生きる力を育む研究員の一員として、この普及型DIGをより進化させた“少子高齢化により対応した『防災と福祉を一緒に学ぶ為の福祉DIG』”や、“マンション等の都市型受託地域にもより対応した『団地DIG(LODE MAP)』”も考案。

湊地区自治会長の伴さんも言われていましたが、今回はLODEマップを通じての「顔つなぎ」が目的だとの事でした。
マンション住まいの方も増えてきており、隣近所にどんな方が、住んでいるのかわからないことで、いざと言う時の動きが迅速に出来ず、避難できないことを避けるため、知っておくと言う事や情報を仕入れておく事は、とても大切だと感じました。
スポンサーサイト

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kaigoyuzuriha.blog44.fc2.com/tb.php/2113-5bbb95b7
    この記事へのトラックバック


    最新記事