ショップ通信VOL202

2015年02月24日 00:00

昨日の、定例朝礼で社員ひとり一人が、ふんどしを締め直し、道徳心を持ち
コンプライアンスに従い仕事を遂行する様にと、2月末決算を前に“喝”を入れられました。

お客様の命に関わる福祉用具の扱いのプロ集団ですので、仕事としての
誤りは決して有りません。
ですが、YUZは、一人の人間としてモラルや人となりはどうかな?と思う場面が
細かい事ですが、かいま見える事が多々有ります。

社員として、
コストダウンに努める事をしない。→社長が太っ腹の為細かい事を言わないので
社員は気付いていない可能性が有る。
定められた制服の上に私服を着る(制服の意味が分かっていない)。
→寒い場合はジャンバーを配布してあります。
先輩、後輩の言葉使いがなっていない、先輩より後輩の方が、ほぼ毎日あとから出社。
社内にゴミが落ちていてもまたぐ、デイサービスのご利用者様も利用されます
社内トイレで無くなっているのにも関わらずペーパー補充をしない。→最後に使った社員は、何故補充しない?
福利厚生として、経費で買って貰ってるコーヒー類などの補充は、おろか、パントリー内の清潔に
自ら努めようとしない。
先輩として、後輩を今後の彼らの事を思い良い方向へ導いてあげようとする
魂の熱血指導はしない。→今後は気付けや~で終わっている。→結局後輩の為になって
いない事に気がついていない。
お客様に対する言葉使いが、全員研修を受けているにも関わらず、歳を重ねてきた社員も
無意識に、流行り言葉を使用する。
そして、一番大きい弱点は、個人の仕事に没頭し、社内の色んな事案や社員同士に
対する興味が薄い。
などなど・・・。
手前味噌も発表しますが、改めなければならない所も明らかにします。
上記の事柄は、努力をしないと改められない事では無く、普通の事だと思います。
我が社は、“ゆずりは商店”では無く、れっきとした“株式会社ゆずりは“であることは事実です。
YUZ自身も完璧にこなしているとは、決して言いません。
先日も慣れない新人社員にゴミ集めの指導をしようとしたら、“新人にやらせないと仕事のカサが
分からない”と注意を受けました。イラチな性分でつい自分で手をだしてしまうところが有ります。
歳を重ねると、横から物を見てしまいます。
しかし、貴方の年齢だとこんな小さなことは、気がついて当然でしょうと
胸の中で地団駄を踏んでいます。
皆様の会社では、どうですか・・・?
スポンサーサイト

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kaigoyuzuriha.blog44.fc2.com/tb.php/1800-0bafbd25
    この記事へのトラックバック


    最新記事