我々の仕事はサービス業である事を再度認識するべき

2015年01月07日 14:18

我々の仕事はサービス業である事を再度認識するべき

新年最初の投稿として相応しいものかどうかとは思いますが、
年頭に際して、弊社社員に対して少し苦言を書きたいと思います。

年明けから従業員の自堕落な仕事ぶりが目について仕方がありません。有るに任せて時間を自分勝手に浪費して、その挙句にお客様に十分なサービスを届けられていないと感じることが最近多いです。
仕事とは突き詰めれば訓練と知識で構成されるプレゼンテーションでしかありません、常に新しい情報をインプットして、アウトプットするための反復練習を重ねることが肝要です。プライベートでレンタルビデオの会員になるときも、銀行口座を開くときも常に勤務先を尋ねられます。休みの日だからと言って会社との雇用契約が打ち切られるわけではありません、毎日24時間会社と一蓮托生であるのであれば、常に訓練の機会であると認識するべきです。
我々の接するお客様は、命の残り時間の少ない方が多いのです、我々の時間感覚で接していては間に合わなかったり焦れたりされるのは当たり前です。だからこそ、効率のいい営業が求められる訳です。当たり前ですが、単に時間だけ短くて中身のない対応を求めているわけではありません。接客は、お客様の貴重な時間をいただいているのだから、効率よく精錬された対応をしなければなりません。これは、カスタマーサービスの基本です。
お客様の身になって接客することはサービス業の基本だが、われわれの仕事をサービス業であると自覚していない者もいるように感じます。助けてやっているという傲慢な気持ち、言われたことだけをすればいいという怠惰な気持ち、そんな感情は弊社の営業理念にそぐわないものです。
失敗は誰にでもあります。しかしそれを挽回するために必死で足掻くことは、本人の成長に直結する大切な経験を与えてくれます。弊社は前向きに経験値を高めようとする人は全力で支援します。しかし、より高みを目指して鍛錬する者を嘲るような行いをする物、足を引っ張ろうとする者は早々に立ち去っていただきたい。また、社会的弱者のために身を粉に出来ない者も弊社には必要ありません。遊び半分で勤まる仕事ではないと認識してほしいと思います。(奥山)

スポンサーサイト

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kaigoyuzuriha.blog44.fc2.com/tb.php/1775-013be211
    この記事へのトラックバック


    最新記事