まさにロボットの時代!!

2014年12月24日 00:46


先日、東京で行われた「介護ロボット講師養成研修」を受講して福祉分野への介護ロボット普及を担う立場とされた私ですが、まさに現代は、ロボットの時代だといわれ、ヒトに合わせた自動的に働く機械が開発される時代です。
自動車は運転しなくても目的地まで人を運び、掃除機は勝手に部屋の中を徘徊してゴミや埃を集めてくれる。排泄はトイレまで行かなくても、特別な下着(?)を身につけて履くことで自動的に汚物は吸い込んでタンクへ運んでくれる。まさにそのうち人はただ寝ているだけですべての生活のすべてをまかなえるようになりそうです。
家では妻や子供から“第三の男“ならず、“介護度3の男“と呼ばれる、ズボラな私にぴったりです。
元々障害を持たれた方の暮らしを支援するために開発研究が進められた、様々な意思伝達スイッチや入力センサーも健常者が使うことで、さながら八面六臂阿修羅のように、より効率を上げることができるかもしれません。
写真は、最新式のマッサージチェアです。足から手の先までももみほぐしてくれるそうです。下の写真は私が若いころ銭湯などでよく目にした肩叩き機です。3分間10円で使えたような気がします。もみ玉が自動で上下したりしなかったため、様々に工夫して使われていました。つい30年前まではヒトが機械に合わせる時代でした。(奥山)

EP-MA75M-H_783945.jpg
100通り以上の持見方ほぐし方が出来る最新型マッサージチェア

79ca3d9d.jpg
40年前の銭湯を再現した写真。体重計とあんま機とコーヒー牛乳は必需品でした。

fc2blog_20141223144806686.jpg
かつてのあんま機を使って、背中以外をマッサージするやり方
なかなかアクロバティックです

スポンサーサイト

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kaigoyuzuriha.blog44.fc2.com/tb.php/1769-a4f05d30
    この記事へのトラックバック


    最新記事