インフルエンザ対策について

2014年11月08日 00:05

こんにちは!
キッシンジャー雅人です。

これから冬場にかけて流行ってくるのが、みなさんも良くご存知!インフルエンザですね。
今回は、インフルエンザ対策について調べてみました。

images (1)


飛沫感染、接触感染といった感染経路を断つことが大事です。
・人が多く集まる場所から帰ってきたときには手洗いを心がけましょう。

・アルコールを含んだ消毒液で手を消毒するのも効果的です。

・普段からの健康管理も重要です。栄養と睡眠を十分にとり、抵抗力を高めておくことも
インフルエンザの発症を防ぐ効果があります。また、予防接種も重要です。

・予防接種は発症する可能性を減らし、もし発症しても重い症状になるのを防ぎます。

・ただしワクチンの効果が持続する期間は、一般的には5か月ほどです。

・また、流行するウイルスの型も変わるので、毎年、定期的に接種することが望まれます。

比較的急速に38℃以上の発熱があり、せきやのどの痛み、全身の倦怠感を伴う場合は
インフルエンザに感染している可能性があります。こういった症状がある場合は早めに
医療機関を受診しましょう。

風邪の場合…鼻水やのどの痛みなどの局所症状。

インフルエンザの場合…38℃以上の発熱やせき、のどの痛み、全身の倦怠感や関節の痛みなどの全身症状。

下記に厚生労働省のホームページを載せておりますので閲覧してみてください。

厚生労働省 インフルエンザ

images.jpg

なるべく予防をしてインフルエンザにかからないように冬を乗り越えましょう!!

それではまた!
キッシンジャー雅人でした。
スポンサーサイト

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kaigoyuzuriha.blog44.fc2.com/tb.php/1736-29e1f9be
    この記事へのトラックバック


    最新記事