株式会社タイカと、アビリティーズケアネット株式会社にお願いして、ポジショニングの基礎について実習していただきました。

2014年10月30日 00:22

株式会社タイカと、アビリティーズケアネット株式会社にお願いして、ポジショニングの基礎について実習していただきました。


介護保険事業者は、各々に専門性が求められ、ケアマネージャーを組織の頂点にして各事業所が分業することが多いです。

“ゆずりは”も、居宅支援事業所、訪問介護、通所介護、福祉用具貸与・販売、住宅改修、医療機器・用具販売など、各種専門性の高い分業制度で営業しています。
そこで、他部門との壁を低くし互いの事業を理解するために、“ゆずりは”では定期的に研修会を展開しています。

10月度の第2回目の社内研修は、株式会社タイカと、アビリティーズケアネット株式会社にお願いして、ポジショニングの基礎について実習していただきました。

座学にて、背臥位での体重支持傾向を踏まえた体圧分散の基礎知識と、筋緊張および変形の場合の対処について説明を聞きました。
実習は、ベッドに体圧センサーを敷いて、アルファプラウェルピーを用いて体圧分散効果を視覚的に確認しながら実習しました。
アルファプラウェルピーを用いることで、体重の支持面積が広げられ除圧効果を得ることができると、センサーの値をモニター画面で確認しながら実習できたことは大変有意義であったと思います。
ポジショニングや、シーティングについては今後も継続して研修を重ね、技術と理論を共に身に着けていきたいと思います。

aDSC_0628.jpg

aDSC_0626.jpg

aDSC_0623.jpg

スポンサーサイト

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kaigoyuzuriha.blog44.fc2.com/tb.php/1729-f0079afa
    この記事へのトラックバック


    最新記事