ショップ通信VoL184

2014年10月14日 00:00

先日、取引先の大手販売店の展示会に行ってきました。
新商品や人気商品のPRを兼ねた各メーカーのプレゼンで、すでに、過日東京ビッグサイトで
披露された大阪凝縮バージョンでした。
限られた時間内に関連品をピンポイントで濃厚に回ってきました。
ほぼ毎年参じますが、どうしても営業目線で見てしまい気になる所が満載でした。
熱心なプレゼンをされる営業マンの商品はやはり、こちら側としてもお客様には
お薦めしたくなります。
弊社の様な、販売店は各メーカーの新商品や良い商品を全て把握して
お客様から「こんなん無いか?」と言われた際引き出しから出してきてご提案しなければ
ならず、どうしてもインパクトのある商品や自分で納得した商品から
出してきます。

今回の展示会でも、本当に自商品を愛して提供したいんだと思ってる方と
マニュアル通りの喋りは、一瞬で見抜きます。
営業マンに、“大阪では、この柄は売れないね”と何気に言ってみました。
・そうですか~東京では、良く出るんですよ~
・東京展示会では、問い合わせが多いんです。うちの自信作ですから。
・大阪では、どんなんが人気ですか?と小笑いしながら片耳を傾けただけ。 
・意見を聞かせて下さいと、メモを取る。
こんなパターンで返答がありました。
正解、不正解は無いですが、介護商品の販売店として、他社との差別化をはかり
頂点を目指す専門店の販売員として今回もとても良い勉強をさせてもらいました。

スポンサーサイト

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kaigoyuzuriha.blog44.fc2.com/tb.php/1719-589876ea
    この記事へのトラックバック


    最新記事