社内研修会~認知症サポーター養成講座

2014年04月28日 00:05

介護保険事業者は、各々に専門性が求められ、ケアマネージャーを組織の頂点にして各事業所が分業することが多いです。
“ゆずりは”も、居宅支援事業所、訪問介護、通所介護、福祉用具貸与・販売、住宅改修、医療機器・用具販売など、各種専門性の高い分業制度で営業しています。
そこで、他部門との壁を低くし互いの事業を理解するために、“ゆずりは”では定期的に研修会を展開しています。

4月度の社内研修は、認知症サポーター養成講座でした。
伊丹市より、保険師さんを3名お招きし、研修会をしていただきました。

P1180568_convert_20140427113448.jpg


初めに、認知症とはどのようなものか?介護保険に従事している私達は当然抑えておかなければいけない
事項ですが、再確認の意味も込めて説明してくださいました。
そして、ビデオ鑑賞。どのような対応が間違っていて、どのような対応が良いのか3パターン程見ました。

P1180571_convert_20140427113727.jpg


それから、このビデオに対してもった感想、これまでの対応の振り返りなどグループに分かれ、
ディスカッションし、各班ごとに発表しました。

P1180573_convert_20140427113906.jpg


地域で認知症の方がいることを把握したり、そのような場面の時に、地域の方々誰しもが
自然と手を差しのべられるということをこれから目指していくべきところなのかなと感じました。

そうしていくには、やはり認知症について世間がもっと関心を持っていかなければならないですし
もっと勉強していくことが大切です。
業界では当たりまえのことでも、世間では当たり前ではないということですね。

我々事業所が「認知症」に対する知識をもっと深いところまっで勉強しておかなければならないと感じました。
スポンサーサイト

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kaigoyuzuriha.blog44.fc2.com/tb.php/1596-f77e2e78
    この記事へのトラックバック


    最新記事