ショップ通信VOL157

2014年04月08日 00:00

言葉の重みに、今悩んでおります。

弊社では、 本年度の年度計画の一つに“5S”の強化が含まれました。
整理、整頓、清潔、清掃、しつけ、です。
全て、普通の事柄です。しかし、年代の違いや、性格の違い、生きてきた人生でそれぞれに
大きな違いが出る事は間違いないです。
見えているだけのゴミを拾う。自分の周囲だけをきれいにする。
これだけでは決して無い。とYuZは、思います。
しかし、それぞれが感じる事は違うんだと社内で飛び交う言葉を聞いていたり
喋っていたりすると痛感します。
ここを掃除しなさいと指示を受けたから掃除をするんだ。これは言葉上間違いでは
ありませんし、きちんと掃除をしていれば誰からも文句を言われる筋合いはないです。
しかし、何か違和感を感じます。そんなYUZがおかしいんでしょうか・・・
上司から、“しつけ”も部下を指示するだけでは無いと言われました。
簡単な言葉ですが、難しいです。
例えば、お客様に、「申し訳ございません」の言葉でも、言い方によっては、お客様に
不快感を与えてしまい、よけい反発をくらうこともあります。
何気に、電話中お待たせしても次に出てくる言葉が本来お詫びであるはずなのに、
「お待たせしております」は、チト違う気がいつもします。

“言霊”重い言葉です。何が正解なのかも分からなくなっています。
本年度も、はじめの一歩から壁に突き当たっています。そして、頭痛が治りません。
春爛漫なのに、ただ今、暗中模索中です。
スポンサーサイト

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kaigoyuzuriha.blog44.fc2.com/tb.php/1582-102843a4
    この記事へのトラックバック


    最新記事