第2回 ウェルネスシンポジウム その3

2014年04月07日 00:05

こんにちは!
キッシンジャー雅人です。

ウェルネスシンポジウム最終回です。

東日本大震災復旧支援活動報告として

(株)近畿ミネラルウォーターサービス 取締役 心援隊びわこ 事務局長 隊長 浅野 裕史 氏

IMG_4910_convert_20140404193027.jpg

以下、パンフレットより抜粋

2011年3月11日は、あまりに非現実な出来事に只、あ然としていました。
 ミネラルウォーターの製造が本業ということから、国から支援要請を受けましたが、一向に輸送指令は来ませんでした。
 3月14日に、知り合いの「てんつくマン」が数人で福島入りをし、大量のお水と支援物資を持ってきてほしいと連絡がありました。放射能の影響や、余震の2次災害の危険もあるので少し悩みましたが、「行く」と決心してからは、猛スピードで物事が進みました。「物資募集」の情報が瞬く間に拡散され、日本はおろか、海外からも、様々な所から支援物資が集まりました。
当時は3月25日までは現地に行ってはいけないと報道されていたからです。
 届いた物資は、会社や、倉庫に収まりきらず、春休みの間に中学校の教室までお借りするぐらいまで集まりました。この物資、一つ一つに心を寄せた張り紙がしてありました。

「必ず届けなければならない」
そして、
「何で運ぶ?どこから?通れる道は?」
そんな風に、始めた震災活動は、今年で3年を迎えました。

避難所では
家があるのに食事だけ食べにくる人
下水道が流れない
長期になるとストレスが溜まる
避難している最中にドロボーに入られる  などなど
リアルな現状を当時の映像から現在に至るまでの映像を言葉を交えながら講演してくださいました。

望海在宅介護支援センター センター長 兵庫県介護支援専門協会 明石支部 支部長 
看護師・社会福祉士 主任介護支援専門員 永坂 美晴 氏

IMG_2398+(1)_convert_20140404192919.jpg

以下、パンフレットより抜粋

 平成6年10月に、現職に勤務。
 3か月後に阪神・淡路大震災にあい、約2年間仮設住宅の支援に奔走する。この活動が原点となり、在宅医療への関わりと、地域の高齢者の相談の窓口となっている。
 そして、地域福祉に着目し、まちかど健康教室、多世代交流、地域劇等を行いながら、住民と保健医療福祉のつなぎ役として奮闘している。
 東日本大震災の被災地には震災直後から訪れ、ケアマネジャーの団体として仮設住宅への訪問、宮城県被災者支援従事者研修等を行っている。

また、最後は
現場の最前線で復興支援を行っている方々を交え、本当の復旧復興支援とは何なのか、意見交換を行いました。
パネリストは、講演をされた先生方。コーディネーターは柳本有二教授。

シンポジウム終了後は、おなじみの懇親会。
柳本教授が主催されるイベントには必ず終了後、懇親会が開催されます。
これは、真剣な話、先生は繋がりを大切にされており、いろんな方の方々の考えや意見交換の場にと開催されている………
と思います(笑)決して飲み会ではございません!…多分(笑)

IMG_3104_convert_20140404192856.jpg

ここでも、一人ずつシンポジウムに参加しての感想を述べました。

私は、阪神・淡路大震災を9歳の頃に体験しました。
当時のことは、今でも覚えています。
しかし、現在の若者たち、弊社に入社してくる新入社員も大震災の事は、ほぼ覚えていないか、知らないのです。
やはり、このような場に行ったり、自ら学ばなければわからないのです。今できることは、実際に体験したことのある方の話を聞いたり、防災に対する勉強の場をたくさん作ることなど、まだまだたくさんあると思いますが。実際に、「地震なんかおこらへんわ。」とか「おこったらしゃあないわ。」と投げやりな意見を持っている若者は多いと聞きます。災害自体に興味がなかったり。私が生きている間だけでも、2回もの大震災が起きていて、亡くなられた方や被災者の方々も多くおられます。
その時の経験がマスコミで報道されたり、本に書かれていたり、講演会を開かれたり、様々な方法で世間に情報が拡散されているこの世の中でやるべきことは、たくさんあると思います。
平時よりの準備、心構えなど意識していくことで災害に備えたいと思います。

3回に渡り、ご紹介させていただきました、ウェルネスシンポジウム。様々なことを考えさせられましたし、勉強になりました。
弊社でも活かしてまいりたいと思います。

それではまた!
キッシンジャー雅人でした。
スポンサーサイト

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kaigoyuzuriha.blog44.fc2.com/tb.php/1581-493af40b
    この記事へのトラックバック


    最新記事