ショップ通信VOL140

2013年11月26日 00:00

毎日の様にテレビで頭を下げるおじさん達を見ていたのも、少し落ち着きましたね。
“偽装?!”“誤表示?!”問題・・・。
おかげで何気に食べていた海老の名前を覚えました。
でも“おふくろの味”を売り文句にしていたお店が実は、40代の男性が作っていました。
という偽装?・・不謹慎ですが、笑いました。
ここまで来ると、良くある<シェフのきまぐれサラダ>も残り物やたくさん仕入れたが
あまり出なかった余り物が入っているサラダ違うん?<残り物・余り物必死で作ったサラダ>
にしないと偽装?・・・。てな事になるんですかね~"^_^"
もしかしたら今年の福袋も、名前が変わるかも~??

我々のような介護、医療に関係する仕事には、決して偽装、誤表示は有りません。
介護用品は絶対ですが、お客様対応も心からご提案しなければ時に命に関わる
事例が起きます。
ですので、お客様がこれが欲しいと言われても、それがその方にとって危険と
スタッフが選定すれば、何故危険であるかを納得して頂くまで説明します。
例えば、使うだけでひざの痛みが治るとうたっているサポーターひとつでも、緩和はしますと
付け加えますし、夜ははずしてくださいももちろん言います。
研修会でも、使用されるご本人の希望が一番の基本と勉強しましたが、真剣に
本当に合っているか、必ずモニタリングがついてきます。
お客様とのご相談には、心から対応しますし、工事が伴うものは大事なお家に穴を開けたり
少なからず手を加えるわけですので都度、真剣勝負です。
5本打たなければいけない釘を4本にしたら、とたんに命の危険がある可能性がいっきに
大きくなります。命に関わる仕事の醍醐味ですし誇りです。
スポンサーサイト

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kaigoyuzuriha.blog44.fc2.com/tb.php/1508-ee8b3241
    この記事へのトラックバック


    最新記事