ケアステーションゆずりは(訪問介護事業所)定例ミーティング報告

2013年10月23日 00:11

ケアステーションゆずりは(訪問介護事業所)定例ミーティング報告

10月20日(日)
弊社の、訪問介護事業所が定例ミーティングを行いました。

持ち上げない介助を提唱する弊社ですが、
それは、介助員が修得するべき身体介護の基本をおろそかにすることとは同じではありません。
狭小な日本の住宅事情からも、ボディメカニズムの仕組みを考え、身体力学を応用した介護技術の習得は必須であります。
そのためにも、より上手に、介護する側も、される側も互いに身体に負担の無い体位変換テクニックを身につけなければならないと思います。

“古武術を応用した負担を軽くする介護“をDVDで観賞した後
実際に参加者が互いに介助側と非介助側にモデルとなってワークショップを行いました。
腕を返す事などで、介助する人、される人、どちらも負担が少ない事を体験しました
実際のサービスに生かせるよう、それぞれのお客様の状態など、意見交換しながら 楽しく学びました。

__ 4

__ 23

__ 11

スポンサーサイト

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kaigoyuzuriha.blog44.fc2.com/tb.php/1492-528b1162
    この記事へのトラックバック


    最新記事