ショップ通信VOL123

2013年07月23日 00:00

心、ここにあらず。指示されているときに目が泳いでいる。ハイハイと理解していないにも関わらず
生返事を繰り返しその場を早く逃れたい思いが如実に出ていて端から見えてしまう・・・
社会人としてこの上なく信頼できない者の代表です。
しかも、同じ失敗を必ず繰り返すのもこのパターンの方に多いようです。
人間ですから、失敗も有りますし、ついうっかりの事もあります。
しかし、人間ですから一度注意された失敗を2度と繰り返さない事も出来ます。

弊社も、新卒、中途採用者が数名いますが、彼らが先輩から注意を受けている場面では
YUZは、必ず注意をされている側の顔を見ます。
各人歴然と違いがあります。顔つきが明らかに違います。
おのずと、何回も同じ様に同じ事を注意されている方は、決まってきますね。
一生懸命覚えようとしている健気な姿は、教えている方にも伝わります。
注意を受けている1点の事柄では無く、大きな問題は、本人が、何故叱られているのか
全く分かっていない事に大きな問題があるのにまず気付かせなければなりません。。
情けないのは、後輩に意見しなければならない立場の人間が上司から注意を受け無ければ
ならない場面。この上ない屈辱です。
それが自分の意図するところでは無いことであれば精神的に立ち上がれません。

少し前になりますが、トラキチのYUZが大好きだった上司になって欲しい1位になった
●野監督の指導の仕方が大好きで憧れていました。
所謂アメとムチの使い分けが的確でどの選手にも平等にチャンスを与えてあげる。
勝負の世界ですから成果を褒めてあげる時は、男同士でも抱きしめあい、叱るときは
大の大人の選手がビビルくらい怒りたおす。
でもそこには、不平等さが皆無で愛が溢れていました。

次元は違いますが、YUZもやっと良い後輩が出来たので一緒に勉強しつつ
共に成長を遂げたいと思っております。
生涯学習です!!
スポンサーサイト

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kaigoyuzuriha.blog44.fc2.com/tb.php/1435-fd472a9c
    この記事へのトラックバック


    最新記事