スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

ショップ通信VOL121

2013年07月09日 00:00

現在ショップ従業員総勢17人(内1名アルバイト)です。
約3分の2が、主にお客様宅、営業先へ出かけての仕事をしています。
勤続年数も3ケ月から10年越え、年齢も20代から50代まで、人生経験、常識の有り方も
当然バラバラです。
アダルトチームのYUZは、知っててあたりまえと何気に話しててもヤングチームはチンプンカンプン。
彼らが話しているのを聞いて、それは無いやろ!違うやろ!
などと片耳で聞いていて一人突っ込みを思わずしてしまいます。
しかし言葉使い、態度、礼儀、仕事に対する意気込みは年代を超えて共通するものだと思います。
先日も朝礼で上司から電話での話し方について注意がありました。
皆お金を貰って仕事をしているのです。17人の内何人の心に届いたでしょうか・・・。
仕事柄高齢者からのお電話が多いので、時としてカチカチの敬語では、何だか味気ない
時も有ります。
後輩が、上司、先輩と話す時も同じです。たとえ親しくなっても一線は引かなくてはなりません。

歳を重ねると見えなくても良いもの、聞かなくて良い事全てが自分に入ってきます。
しかし、後輩たちにどこまで注意をしてもいいのか、うまく分かってもらうには、
どう説明すればいいのか・・・
ここは言わない方が、彼らに嫌な思いをさせずにすむのか。
そりゃあ小言を言わない方が彼らに嫌われずにすみ、それこそ和気あいあいと同じ空間を
楽しめます。
それに、笑っている方が色んな神経を使う事無く上下関係も良好です。

例えば、ある事で一人の先輩が、後輩に注意をしたとしましょう。当然優しい先輩に
“今日こんな事を言われた”と泣きつくでしょう。
そこで“よしよし気にするな”と言われるだけで注意した方の先輩が怖い悪者になってしまうのです。
こんな事って気がつかないだけで良く有ります。
怖い、厳しい先輩が自分の将来の為にプラスになる事を知るのは恐らく何十年も先の事に
なるのでしょう。
YUZ自身も、新入社員の頃、厳しく口うるさい先輩が大嫌いでしたが、今その方の様に
うまく注意できない自分に歯がゆい思いをしています。
もちろん、諸先輩たちも全て同じ所に“??”や“<`ヘ´>”を感じる訳では有りません。
注意したことが、正しいとも言えません。
先輩の端くれとして今、YUZは思い悩んでいます。
スポンサーサイト

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kaigoyuzuriha.blog44.fc2.com/tb.php/1422-404d4235
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。