スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

「ノーリフトポリシーを取り上げた番組を観た感想」YUZUおやじ日記

2013年02月27日 00:05

「ノーリフトポリシーを取り上げた番組を観た感想」YUZUおやじ日記

NHK BS1で放映されている地球アゴラ with You」を視ました。
今回は、介護福祉士を目指す若者たちをスタジオに集めて、彼らが将来の仕事に対して抱いている不安や疑問をもとに、オーストラリアとデンマークで実際に介護の現場で働いている日本人からのコメントも交えながら、「腰痛にならないようにするためにはどうすべきか?」「高齢者とコミュニケーションを取る時に必要なものは?」など、現実にさまざまな場面で起こる問題点について、オーストラリアやデンマークで介護の仕事をしている人々がどのように対応しているのかを尋ねながら、介護に求められるものとは何かを考える構成でした。
(再放送予定:3月2日(土)11:00~)

「介護の仕事を長く続けていきたいが、腰痛と言う職業病が怖い。」と学生が言うと、それをうけて、司会者が、よく介護現場で見る移乗の方法を披露する。
「確かにこれは大変ですね。」と司会者が感想を述べると、今は、こんなに便利な機械があるのですよと、キャスターが移乗用リフトを紹介します。
そこに畳み掛けるように、外国の介護施設では、患者を介護者の身体を使って持ち上げることは規則で禁じられています。と、海外の介護施設で働く介護員が言う。
ここまでは予定調和。ありがちな番組の進行ですが、ここで突然、司会の男性があからさまに違和感を醸し出しはじめます。
「機械を使うと時間がかかるでしょう?」「外国では緊急時でも絶対に持ち上げないのですか?」などと尋ね出す。多分、テレビを見ている一般の視聴者の感覚を代弁しているのだと感じました。
しかし番組は予定調和を守り淡々と進行していく。
「時間よりも、安心できる介護体制は、介護される側にも有益です。」
「決まりですから、担ぎ上げることはしません。」

司会の男性が言う。
「介護の世界って深いですね、ただ手助けすればいいというものでもないのですね」
「これで(機械を使えば)介護の仕事は長く続けられそうですね。」
「介護をする側とされる側には線引きが必要ですね」と何度も繰り返す。
 (あたしには、この言葉たちが、痛烈な風刺に聞こえて胸が痛かったです)

これによって、明確に提示はありませんが、「介護は職業」というメッセージが統一され、暗黙の了解になりました。

この司会者が改めて持ち出した一般の人が所有している介護に対する認識と、スタジオで語られ見せつけられたプロの介助者が抱く介護感のギャップには、介護という行為に内包されている「ジョブ(職業)」と「ミッション(使命)」の割合の違いが感じられました。
職業として介護を生業にする人に、その労務上の安全を保障してあげることは疑うことのないとても大切なことです。しかし、介護はもともと無償で家族やそれに近い者が年齢順に担ってきた役割であるという感覚が一般の感覚だということも事実でありましょう。
私は、日本で介護が職業として認められにくいのは、日本人が遺伝子レベルで保有している、「手当の心」のせいだと考えています。「手当の心」とは、文字通り直に自分の手を患者に当てることを意味しています。その手を機械に置き換える感覚は、介護される方を、まるで荷物のように扱う感じがあって、彼は少々抵抗を感じたのではないでしょうか。

しばしば現場では、「介護」と言うジョブと、「お世話」と言うミッションが、同じ目線で語られます。そういう意味では確かに線を引く必要があると感じさせられる内容でした。

YUZUおやじは、基本的に、介助者を優先に擁護したいと思っています。
今どき、安い給金で、他人の世話まで焼こうという酔狂な人が大好きだから、大切に扱いたいのです。長く仕事を務めてほしいから、心身共に健康であってほしいと願います。
そういう意味でも「絶対ダメ」(Noリフト)よりも、「臨機応変」(Lowリフト)ぐらいが中道で良いんじゃないかなとも思っています。
スポンサーサイト

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kaigoyuzuriha.blog44.fc2.com/tb.php/1359-89af1e40
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。