スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

「無事これ名馬」YUZUおやじ日記

2013年01月31日 09:51

「無事これ名馬」YUZUおやじ日記

インフルエンザにノロウイルスと、肝を冷やす病の流行に、事業所は張りつめた緊張感の冬を迎えています。実際、風邪や、下痢といった症状で、感染病まがいに体調を崩す者が後を絶たない状態です。
今までも店を切り盛りしていると、こういった状況は何度も経験してきました。その度にシフトを入れ替え、パートタイマーに頭を下げ無理をお願いしてきました。
そんな時、いつも頭をよぎる言葉は、「無事これ名馬」という格言です。
「飛び抜けた成績よりも、息長く、第一線に身を置くことが競走馬として大切な条件である。」という意味だと理解しています。
文藝春秋社を創設した小説家で実業家でもある菊池寛氏の造語らしいのですが、私はそのあたりのいきさつには詳しくないのでよくわかりませんが、この言葉だけは、耳にタコができるぐらい、父に聞かされたので、よく覚えている言葉です。
私は、仕事も遊びも、気が入れば寝食を忘れて没頭してしまうので、気が付けば立ち上がれなくなるほど疲れて周囲に迷惑をかけてしまうことがありました。そんな私を案じた父が事あるごとに私をたしなめるために用いた言葉です。
今では私が頑張り屋さんの後進に使うことになりました。
介護の業界に身を置いて12年以上になりますが、年々厳しい勤務状況に、現場を支える労働力は悲鳴をあげています。
頑張り屋さんしか続かない職場で、それを強いているのは、他ならぬ私自身だとは自覚しておりますが、矛盾を承知で申し上げれば、私は、この会社を皆が定年まで健やかに勤めあげられる会社にしたいと願っております。そのためには、まだまだ長い上り坂を一歩一歩踏みしめて登らねばなりません。怠けろというのではありませんが、何事もほどほどに、長い旅路をリタイヤしないように、歩みを加減して進んでいってほしいと思います。
スポンサーサイト

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kaigoyuzuriha.blog44.fc2.com/tb.php/1346-ae85bc71
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。