スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

ショップ通信VOL74

2012年07月24日 00:00

子供達には待ちにまった、お母さん達には一寸手間な夏休みがとうとう始まってしまいました・・・。
急な飛び出し等増えてまいります。いつもより余計にお車の運転にはお気をつけくださいませ!

近隣の先日の不幸な事故の裁判で当事者が喋る部分で、弁護士が書いた文言を棒読みしたらしいですね。
詳しいことは分からないのですが、当事者が未成年であることから弁護士もその手段をとった
のでしょうが、どうなんでしょう?この記事を読んでYUZは怒りながらそして思いました。
当然、事の重大さ、人としてこれから背負っていかなければならない思い等諭しておられたとは
思いますが、はたして本人は分かっているのでしょうか?相手は未成年、子供です・・・。

一般社会でも、事故や予期せぬ出来事は、いつ誰に起きても不思議ではありません。
しかし、その後の言動が問題なのです。
えらい事をしてしまった申し訳ないの気持ちが大ならきっと相手には、通じるはず。
対処の仕方は専門家に教えてもらってでも謝罪の気持ちは当事者の心次第です。
「すみません」「申し訳ないです」心から言ってるかどうか、分かります。
簡単に、発せられると逆に腹立たしさが大きくなります。
事の大小では無く本当の自分が出ます。それは歳には全く関係がありません。

<感謝>と<謝罪>簡単で一番難しいです。でも大事にしなくては、いけません。
目に見えないから、ごまかせません。その場しのぎで収まったとしても、きっと誰かが気づいてます。

スポンサーサイト

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kaigoyuzuriha.blog44.fc2.com/tb.php/1238-6f8afcc6
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。