YUZUおやじのたゆたふ日記「STOP!マーキングウオークについて」

2012年02月03日 00:05

YUZUおやじのたゆたふ日記

「STOP!マーキングウオークについて」

ペットブームが加速している一方で、買主のマナーを問う活動も進められています。
動物を家族同然にかわいがり、癒されている方はたくさんおられますが、どうも動物は苦手なのだという方も決して少なくはないと思います。
このたび、NPO法人兵庫介助犬協会のスタッフと介助犬でラブラドルレトリバーのオリザ(雌4歳)が商店街を歩いて清掃しながら、犬のマーキング防止を呼びかける運動「STOP!マーキングウオーク」を実施したそうです。

inu003.jpg

マーキングとは、動物が自分の縄張りを主張するためにおしっこを用いてにおい付けをする行為の事で、特に犬に限定される行為ではないが、「電柱におしっこ」というイメージから、もっぱら犬の代表的行動とされています。
こちらの団体は肢体不自由者の生活を補助する介助犬の育成をする団体で、犬と共存できる社会を目指して普段からゴミ拾い等を実施しているそうです。今回スタッフらは、60本以上の電柱について、犬の放尿跡を水とブラシで洗い流し、さらに木酢液で消臭まで施したとのこと。さらに買い物客らに啓発チラシを配って散歩前にトイレを済ませることなどを呼びかけていたそうです。
スタッフは新聞の取材に対して「犬のマーキングがなくなれば町がきれいになり、犬を『くさい』『汚い』と考える人も少なくなり、介助犬の理解にもつながるのではないかと思う。また、介助犬にとっても、マーキングによってつく他の犬のにおいが仕事の妨げになることがあるので、飼い主の方に意識を高めてもらいたい」と話していたそうです。

20120123_1118552.jpg

犬は電柱におしっこをかけるものだという認識はもはや通用しないほど、我々を取り巻くマナー感は高まっているのだと思いました。そのうち、犬の匂いを嫌う人がいるので、散歩の前にはシャンプーをしましょう。なんて運動が起こるのではないでしょうか?
しかしながら、ペットに癒されたり支えられたりすることでささやかに生きている人たちが、自分の生活を守るために襟を正してペットの飼育について理解を求めている傍らで、天下の往来において平気で立小便をしたり、唾を吐いたり、たばこを吸ったりポイ捨てしたり、身ぎれいにせず体臭を振りまく人間たちをどうにかできないものかとYUZUおやじは思います。
スポンサーサイト

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ


コメント

  1. のびハザ | URL | -

    Re:YUZUおやじのたゆたふ日記「STOP!マーキングウオークについて」

    太字の文太字の文太字の文色付きの文字打ち消しの文v-78確かにマーキンングって困るよねー

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaigoyuzuriha.blog44.fc2.com/tb.php/1122-f48c92e8
この記事へのトラックバック


最新記事