ご当地キティちゃん

2017年09月22日 05:09

9月21日(木) 朝のひとコマ

朝出勤していつもの通り机に座ってパソコンとにらめっこをしていると
デイサービススタッフが膨らんだレジ袋をもって嬉しそうに話しかけてきました。

『これ見て~!』

IMG_6380[1]_convert_20170922071935


机の上に中身を出してみるとそこには
いろんな装飾をしたキティちゃん、いわゆる旅行先でのお土産屋さんや
高速のサービスエリアによくある【ご当地キティちゃん】のストラップ等が沢山出てきました。

阿波踊りをしているキティちゃん、手羽先を持ったキティちゃん、
スカイツリー(東京タワー)を抱えたキティちゃん、紅葉を被ったキティちゃん・・・・


IMG_6382[1]_convert_20170922072122


本人が旅行先でまた旅行に行った方から頂いた物だそうで
見てるだけで楽しめます。

でこれをどうするのかな?  と尋ねたところ
デイサービスでのレクリエーションで使用したいと思っているそうで

 ご当地キティちゃん を見ながら県名を当てていき
残念ながら全国制覇はできてないので無い都道府県を答えて頂いたり、
そこから話しを広げて各地の名産品を挙げて、
その名産品にまつわる思い出をゲストさんに語って頂いたり・・・・

と本人の中では色んなイメージが頭に膨らんでいるそうです。

きっと仕事以外の時でも無意識にデイサービスの事を考えているから
普段何気ないこと、物でもこういう風に仕事に結びつけれるんだろうなぁ

朝から感心してしまいました

ちなみにこれは一部でまだまだ家にあるそうです。

IMG_6392[1]_convert_20170922072020



スポンサーサイト

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

ケアステーション ゆずりは 定例ミーティング

2017年09月17日 14:33

平成29年9月17日 (日)

今日は毎月第3日曜日に行われるケアステーションの定例ミーティングの日です。
今日ミーティングを開くかどうかは悩むに悩みました。
と言うのもこの3連休台風18号が日本列島を襲い
予定であれば今日の午後から近畿圏内暴風雨となる恐れがあったからです。

何時もより早めに出社し天気予報と外の様子をうかがいながら
『よし、予定通り行おう!』
と決断に至ったわけです。
きっと、運動会で当日の天候が怪しい時は先生達は
こんな決断を迫られるんでしょうね・・・。

本日のテーマは 『認知症及び認知症ケアについて』

日本では認知症高齢者は現在 約462万人(予備軍を含めると 862万人 )
で65歳以上の7人に1人(85歳以上では2人に1人)が認知症です。

      img03_convert_20170917143343.png
     *認知症の原因となる主な病気【アルツハイマー認知症】【レビー小体型認知症】【血管性認知症】


私自身、認知症の方は自覚症状がないと思っていたのですが
今回の研修をするうえで認知症について調べると

(いつもの自分とは違う)・・・・ 違和感
(思い出せない・不安感)・・・・歯がゆさ・不安感
(どうもうまくいかない、自分では解決できない)・・・・不全感 
・・・・・・

の感情があり自分自身の変化に実はまわりの方よりも一番気づいている事を知りました。
だからこそ自身喪失、あきらめと同時に「何とかしよう」という気持ちも芽生え
それが心の葛藤になっているんだと感じました。

2_201709171430388c6.jpg


私的な話ですが、私が小学校低学年の頃

「花いちもんめ」

という映画を鑑賞した事があり、その映画は確か大学教授だったおじいちゃんが
 《呆け》(*当時は「認知症」の呼び名はなかったので) てしまう話だったと記憶してますが
公衆の場で失禁を平然としたり
夜中に冷蔵庫の中身を食いあらさったり
家族にむけて包丁を振り回したり・・・と
当時の私にはその映像がリアルで子供ながらに恐怖を感じたのを憶えています。

あの時から呼び名も変わり現在は「認知症」という一つの病気として社会全体として
通過点に過ぎないかもしれませんがある程度理解されているとは思います。
現在に辿り着くまでは単純な言葉ですが大変だったんだろうなと思います。

これからも本人だけではなく家族、かかわる周りの方々も
サポートしていけるように地域レベルで「認知症」に向き合わないといけないなと感じました。
              


3_20170917143039dbd.jpg


ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

大盛況!!    キッズケア伊丹 

2017年09月03日 06:34

長い間の充電期間(?) 夏季休暇(?) ただのさぼり(???)
を経てまた今回からブログを更新してまいります。

8月も終わり朝、晩 少し涼しく感じる今日この頃
皆さん如何お過ごしですか?

今回は夏休みの終盤 8月20日(日) 27日(日)イオン伊丹、伊丹昆陽で開催された
『キッズケアいたみ』 についてご報告させて頂きます。

IMG_6172_convert_20170903045204.jpg  8月20日(日) イオン伊丹

このイベント、伊丹市介護人材確保検討委員会の事業の一環として
初めて催され当然ながら前例がありませんので未知数で
企画の段階から携わらさせて頂いてましたが
正直なところ「本当に子供たちが来てくれるかな?」と不安がありました。

けど、そんな不安は開店と同時にかき消され
子供たちがどんどん集まって来てくれてどのブースも直ぐに賑わいはじめました。

IMG_6239_convert_20170903045142.jpg  8月27日(日) イオン伊丹昆陽

この 『キッズケアいたみ』  は
【車いす体験】 【歩行介助体験】 【看護師体験】 【介護士体験】 【介護ロボット体験】
の5つのブースで構成され、子供達の介護の体験を通して保護者の方々家族様も含めて
『介護、福祉』を身近に感じてもらおうとの趣旨でスタートしましたが
弊社スタッフは【車いす体験】ブースを担当で子供たちが大きなぬいぐるみを、
時にはお父さんお母さんを乗せて車いすを押し、また自分自身が車いすに乗って押してもらいながら
段差や坂道のあるコースを進んでいくのをお手伝いさせて頂きました。

IMG_6167_(3)_convert_20170903045105.jpg

IMG_6168_convert_20170903063306.jpg


中には車いすよりもはるかに小さなお子さんもいて
正面から見ると大きなぬいぐるみで隠れて車いすだけが勝手に動いてるように見え
その光景が微笑ましく、忙しく動いていた中でもほっこりする時がありました。

保護者の方、家族様と楽しそうに体験している子供達を見て
私達が小さい頃親とキャッチボールやボールの蹴り合いして
野球選手やサッカー選手に憧れた様に、
大人を通じて介護・福祉の仕事を体験する機会がたくさんあれば
将来的に子供たちが興味をもって憧れの仕事の選択肢の一つに加えてもらえるのではないか ・・・・ 
と、そう感じた2日間でした。

IMG_6155_convert_20170903063328.jpg
             * 弊社スタッフと・・・・?*

IMG_6242_convert_20170903045313.jpg
           * 27日(日)無事終了しました*


ちなみに二日間で合計811名(保護者の方を含む)の方に参加頂き
子供達に「一番楽しかったブース」をアンケートした集計の結果

① 介護士・・・・ 119名(28.4%)

② 看護師・・・・ 88名(21.0%)

③ 車いす・・・ 83名(19..8%)

④ 介護ロボット・・・・69名(16..5%)

⑤ 歩行介助・・・・60名(14.3%)

でした。

IMG_6190[1]_convert_20170903064709   
            * 反省会にて*

IMG_6195_convert_20170903044819.jpg
            *キッズケアいたみ 限定仕様*



ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ


最新記事