ショップ通信VOL207

2015年03月31日 00:00

3月が、とうとう行ってしまいました。
今YUZは、花粉症で、グズグズがピークです。
お猿さん達にも花粉症の症状が見られるんですってね。.

弊社社員達は、集まって研修をすることには、とても貪欲です。積極的に質問も
ありますし、全員で無くても興味の有る者は、集まれ~と招集をかけると
ほぼ全員集まります。(たまにキズは、必ず集合時間に遅れる・・)
先日、若輩者達だけを集めて吸入・吸引器の説明をしようと、計画したらナント
ほぼ全員が参加してくれました。
予想外で、何気にド緊張してしまいました。(社長も専務も参加してくれました。それで
緊張の度合いが大きく・・・・。)
メカに弱いYUZが唯一分かる吸入・吸引器ですが、教えるにあたって改めて
勉強しました。
今まで、顧客に説明しなかった部分も発覚し今後に役にたちました。
人の前に立って喋る機会が少ないので、そう言う意味でも自分にも
場慣れするチャンスだと思います。
こういう機会が、過去、社内外含めると数回あり、毎回、終わったあと、すっとします。
ちなみに、マイクを持つと何故か落ち着くんですが・・♪(^^ゞ

メカに関しては「説明書を見たら分かること」ですが、YUZ自身の実経験を交えて
話した方が聞きやすいかと思い、“此処に気をつけて”や、“半パニックになっている顧客に
こう言ってあげて”も伝授したつもりです。

今回、本当に、聞こう、勉強しようとする聞き手側の“目”が違う事に気付くことが
出来ました。
口で、上手いことごまかせても、やはり人間同士、分かってしまいます。
«目は、口ほどにモノを言う»この歳になって、初めて、実感してしまいました。

0319DSC_1053.jpg

0319DSC_1048.jpg
スポンサーサイト

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

H270310デイサービス定例ミーティング

2015年03月29日 00:05


毎月1回デイサービスでは、スタッフの共通認識、知識・介護技術の向上を
目的にミーティングを行っております。

30IMG_0689.jpg

30IMG_0691.jpg



今回は、デイサービスで日々行っている、移動・移乗について改めて勉強会を行ないました。
普段、実践している方法がその方にとって本当に正しいのかどうか?
介助者側、解除される側がお互いにもっと楽な方法はないか?など、様々な視点から模索し、実践を中心に勉強しました。

30IMG_0707.jpg


30IMG_0704 (1)30IMG_0697.jpg

皆様、お一人お一人顔が違うように、身体状況もそれぞれ違うので、その方の状態に合わせた、移動・移乗方法、お声掛けを心がけていきいます。

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

社内研修、吸引吸入器についての理解

2015年03月27日 06:54

社内研修、吸引吸入器についての理解

平成27年3月19日(木)
不定期ですが、メーカーや、専門分野の方をお招きするのではなく、自社の社員があるテーマについて研究や学習した内容を講師となって、普段共に働いている同僚に伝えていくミニ勉強会を開催しています。この度は、前回の紙おむつに続いて、医療機器や福祉用具の販売を主に担当する部署を統括する福田課長が、喀痰吸引についての理解として、吸引機の構造と仕組み、トラブルについての対処方法などを講義してくれました。
弊社では、今のところ訪問や通所に関わらず介助員に喀痰吸引を許可していないので普段あまり目にすることのない吸引機の構造や仕組みに興味津々でした。また、使用する際のちょっとしたコツなども交えて話されたので、経験の浅い現場相談員は、とても勉強になったと思います。
こうして、次屋の従業者が進んで研鑚しインプットしたものをアウトプットすることで、話す者も聞く者も双方が理解を深めていくことは素晴らしい取り組みだと思います。ずっと続けていただけるように期待しています。

0319DSC_1048.jpg

0319DSC_1052.jpg

0319DSC_1053.jpg


奥山まさふみ

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

社内研修、株式会社ユウキトレーディング・シーティング勉強会

2015年03月26日 00:06

社内研修、シーティング勉強会

平成27年3月16日(月)株式会社ユウキトレーディング様のご協力で、車いすのシーティング勉強会を開催いたしました。
介護保険事業者は、各々に専門性が求められ、ケアマネジャーを組織の頂点にして各事業所が分業することが多いです。“ゆずりは” も、居宅、訪問介護、通所介護、福祉用具貸与・販売、住宅改修、医療機器・用具販売など、各種専門性の高い分業制度で営業しています。そこで、他部門との壁を無くし互いの部門を深く理解するために定期的にメーカーや、専門分野の方をお招きして研修会を開いています。
今回の内容は、基本を大切にした立ちかえり講座と云う事で、1年生にも解かるシーティングの基礎を教えていただきました。
後半は、弊社にもファンが多いバリライトのクッション群を試し座りしました。
エアの調整方法も改めて確認しました。
今回も、レンタル、住改、ヘルパー、デイサービス、居宅とすべての事業所が参加して賑やかに研修しました。

0317DSC_1007.jpg

0317DSC_1015.jpg

0317DSC_1012.jpg

0317DSC_1016.jpg

奥山まさふみ

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

福祉用具プランナー研究ネットワークの地区会で琵琶湖に行ってきたよ

2015年03月25日 07:41

福祉用具プランナー研究ネットワークの地区会で琵琶湖に行ってきたよ

平成27年3月17日(火)滋賀県立長寿社会福祉センターにて、全国組織である、プラネット(福祉用具プランナー研究ネットワーク)の滋賀県地区の勉強会を、管理指導者講習の2期生で同窓だった伊吹女子が中心になって開催しました。
東京から国際医療福祉大学院の東畠准教授を招き、「2015年度介護保険改定と福祉用具」というテーマで講義をしていただきました。
地元の熱い志を持つ方々に加えて、兵庫県姫路市、三重県津市からも2期生、3期生が応援に駆けつけ、思っていたより盛大な研修会になりました。
私も伊吹女子に地元滋賀湖北のサンクフルハートの山岡社長を引き合わせて今回の研修会を企て伊吹女史の背中を押した言い出しっぺの一人として、精一杯お手伝いしてまいりました。

0317DSC_1044.jpg

0317FB_IMG_1426628873584.jpg

「せっかく滋賀県まで行ったのだから」と、少し寄り道して湖畔に寄りました。
湖岸をはさんで見える山(蓬莱山?)の頂にはまだ雪が積もっておりました。
インターバル30分という、弾丸トラベラーで、馬の尻を蹴っ飛ばすスケジュールでしたが、湖を見て長閑な時間を感じて(ホントに感じただけですが)少し心が洗われた気がしました。次会は、また美味しい名物料理でもいただきたいと思います。

0317DSC_1034.jpg

奥山まさふみ


ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

“ケアステーションゆずりは”より

2015年03月24日 12:37

こんにちは。3月もあっという間に過ぎ去って行き
”新たな1年”が手を伸ばせば届きそうなところまで来ています。
(弊社は3月が年度初めですが。)

みなさんいかがお過ごしですか?

最近では私自身がヘルパーとしてお客様の所へ出向く事が度々あり、
自転車で移動中に暖かくなってきたなと感じる次第です。

ショップで働いていた時と違うのはお客様の所へ向かうのに
車を利用していたのが自転車での移動に変わった事。
同じ場所を通るのでもまた違った“雰囲気”を感じる事が出来ます。

  今ですと、公園や畑、道端に咲き始めた“春の花”
 路肩に停まって荷物を出し入れしている引っ越し業者の車
        薄着ではしゃいで遊んでいる子供達
車では通りすぎるだけだった“街の風景”が季節や雰囲気や匂い
        を感じながら移動する事が出来ます。

    私自身は、訪問介護事業に携わって間もないですし
 現場に出る時も通院介助や食事の配膳の準備等の内容が
     ほとんどですが、もちろんヘルパーさん達は
  それだけではなくて時には仕事が辛く感じる事も多々あると思います。

 お客様の生活、生き方に添ったサービス(排泄、入浴、掃除介助)を提供する事が時にはうまくいかなかったり、
       時には自分の時間、身を削ってサービスを提供してるヘルパーさん達 
                      頭が下がります。   
   
    
      そんな仕事の合間でも“街の風景”で
  少しでも”癒し”て頂ければと願う今日この頃です。

IMG_2436[1]_convert_20150327010833
IMG_2438[1]_convert_20150327010921
IMG_2439[1]_convert_20150327010557

♪春風 木漏れ日 桜舞い散る道 いくつもの出会いと別れ握りしめて歩こう♪  
                                         『春の歌』 by ウカスカジー

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

ショップ通信VOL206

2015年03月24日 00:00

YUZの所属する、ショップ内で今、入社1年から3年生の教育強化をしています。
年齢もバラバラですので、それぞれに見合う内容で先輩社員が個々に
その時その時に注意し教育を進めています。
ライセンスを持っているもの、全くの業界素人等、様々です。
しかし、お客様は、新人であろうが、素人であろうが“何でも知っている”と認識され
一歩外へ出ると、プロです。
しかも、ごまかしは、きかない大変重要な仕事です。
自分が、お客様だったらと絶えず置き換える。自分がされたり言われたりすると
どうだろう・・をコンセプトに進めています。
自分がもし・・・・、
社員としてこの会社に入社しようと思う魅力はあるのか?
この店頭の展示や、品揃えで、用品、用具を購入しようと思うか?
介護用品や、医療品で分からない事があるので、応対した社員に聞いたが
納得出来たか?
顧客の立場に立って、話を聞いてくれるか?押し付けはしていないか?
等など、数えきれないほど有ります。

お喋りがへたでも、勉強不足でもお客様のお話を、まず聞いてみる。そこには
何か、ヒントが有ります。
先日、ある病院でリハビリを受けながら、患者山が、担当の理学療法士に
“倒れる前まで通っていた陶芸教室に行きたいんや・・”とポツリ。
患者さんの言葉を決して聞き逃さなかった理学療法士の先生は
自宅に、その方の作品の陶芸品を一つ離れた部屋に並べるようにご家族に
お願いしたそうです。
その日から、がんばりが増したそうです。

来月、新入社員が1名入社します。
初日に、“ゆずりは”の組織、雰囲気等を伝える様に上司から、か・る・く・指示が
有りました。
『解ってるやろな・・・』と言われているようで、この任務に今、頭が痛いです。。

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

“ケアステーションゆずりは”より

2015年03月19日 19:27

こんにちは。 『???』です。(名前はまだ無い)

最初から飛ばしすぎると後でガス欠(ネタ切れ状態)になるので
1週間に1回ペースでブログを更新するつもりでしたが・・・
調子に乗って更新しました。

今回は“ケアステーションゆずりは”の簡単な紹介をさせて頂きます。

事務所はショップの2階にあり一つのフロアに
居宅介護支援事業所(ケアマネージャーさんの事務所)と併設しています。

ショップ紹介①
募集③  
           『朝の事務所内の風景』

弊社のヘルパーさんは
常勤が2名   
パートさんが3名 →【週2回程度事務所に常駐】   
登録ヘルパーさんが15名 →【基本、自宅からお客様の所へ直行直帰】
合計20名で日々走り回っています。

ヘルパーさんは現場に出てることが多いので皆がそろって顔を揃えることは少ないのですが
いざ顔を揃えるとやはり女性同士の会話は凄まじく!!!
それはもちろん仕事の事から、それ以外の事まで・・・話題が豊富で、
今は『♪女の中で男が1人♪』状態の私なので
会話に入るのも億劫になってしまいがちですが、
ただ聞いているだけでも十二分に楽しい雰囲気で日々過ごしております!

移動になって3ヶ月近く経ちますが、
まだヘルパーさん一人一人の事を充分に理解は出来ていませんが
唯一つ感じているのは
   『みんなほんとに仲が良い!』
という事です。

月1回のミーティング時には登録さんも含め
一つのテーマを設けて研修を行い
その後は座談会をして情報交換に努めてます。

そんな和気あいあいと仕事をしているのですが
実はまだまだヘルパーさんの数が足りなく
募集を募っている最中であります。

もしよろしければ一緒に働きませんか!

興味のある方はまずは御連絡をお願いします。

『ケアステーション ゆずりは』

≪資格≫ 初任者研修(ヘルパー2級)以上
       介護福祉士優遇 (未経験でもOKです!!)

≪時給≫ 身体介護*1,500円~
       生活援助*1,210円~ *他、手当てあり

≪時間≫ 1日2~3時間から
       週1回でも可 *ご相談に応じます

≪お問い合わせ≫ (072)780-0525  担当 尾崎
       



募集① 


ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

「2015協働講座」に参加してまいりました。

2015年03月19日 06:24

「2015協働講座」に参加してまいりました。

先日、伊丹市まちづくり推進課と伊丹市立市民まちづくりプラザが催した、市民活動団体と行政がそれぞれの特徴(強み)を生かして力を合わせ、公共的な課題を解決しようとする取り組みを拡散するための取り組みである「2015協働講座」に参加してまいりました。
協働の背景として、伊丹市の指針に書かれている内容は以下の通りです。
「かつては「公共的な活動は行政が担うもの」という考えが一般的でしたが、近年ではこれまで行政が支えてきた教育や子育て、防犯や防災、医療や福祉などの公共サービスに、地域の NPO法人や市民が積極的に参加できるようにして、社会全体として支援する「新しい公共」という価値観が生まれてきました。
 近年、公共サービスの領域が拡大するとともに、個人の価値観が多様化、複雑化している中、急速に高齢化が進行しつつあり、行政が市民のありとあらゆるニーズに対応することは難しくなってきています。このような状況を踏まえ、これまで行政が提供してきた公共サービスに多様な市民が参画、協働することにより、将来に向けて質の高い公共サービスを展開できる仕組みを築くことが必要となっています。」

私流に読み解くと、「市民が何でもかんでも好き勝手に訴えて行政に対応を迫るけど、すべてに応えるだけのマンパワーもお金もないから、手を貸してくれるという志を持つ市民、または訴えてきた団体に、日当は出ないけれども活動資金だけは提供するから助けてもらおう。」と言ったところでしょうか。
いつもの、「行政的効率向上のために市民力を借りる」という構図を想定しておりましたが、この口座に参加して感じたのは、「公共に役立つと信じて活動している市民団体に対して、本当に役立つかどうかを査定して、行政が認めたら活動資金の一部を助成します。」という色合いでした。

私自身いくつかの団体に参加したり主催したりしてきた経験上、多くの市民は、そのような団体を認知しておらず、同じ市民から発信された働きかけなのか行政指導による働きかけなのかも区別できないのが現実です。
しかしながら、奉仕的な団体は数多く存在しています。ただ、当日参加していた団体の方もおっしゃっていましたが、「行政と足並みをそろえて活動しようとは思わない」団体も数多くあります。
逆に、「我々の活動は公共に役立つ活動なのだから、行政は金銭面で協力するべきだ。」と主張する団体もあり。十人十色で興味深いです。

発表をされた団体については、大変興味深い内容がありましたので、後日ご紹介いたしたいと思います。

FB_IMG_1425803708149.jpg

FB_IMG_1425803728013.jpg

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

ショップ通信VOL205

2015年03月17日 00:00

弊社のブロガーが増えました(^^)v
YUZは、ブログに営業販売として、宣伝や告知をしなさいと上司に命令され、書き続けハヤ4年
最近は、怒りやびっくりした事などばかりで、お恥ずかしい限りでございます・・・

仕事柄、施設や病院等に出入りする機会が多いのですが、スタッフの何気ない言動で
第一印象が決まってしまいます。
弊社も、数部門有りますが、どこかの部門でほんの少しのつまずきが有ると全部門に
飛び火しやがて大怪我に至ります。
町の医院でも、ドクターは良くても、ナースさんが怖いねん・・とお客様からチョクチョク聞きます。
恐らく一人のナースさんが、たまたま、その時だけキツイ口調になった為に、全ナースが
怖い感じになってしまったのでしょう。

街の印象も、飲み屋の街や高級住宅街もそうです。
そんな方ばかりでは無いのに、レッテルを貼られると自ら剥がそうとしても
難しいです。

それが、一般企業だと致命的になる危険性が有ります。
社用車で少しスピードが早いだけで、あそこの車は運転が荒い。
言葉使いが上手でない若手社員が、ほんの少し言い方を間違うだけで、横柄な社員ばかりに
なってしまいます。
不思議ですが、良いことはあまり広がりません。
弊社の若手社員が、お客様応対をしている様子を垣間見るのですが、ヒヤヒヤ
することが多々有ります。
お客様が帰られた後、指摘しますが、本当に理解してくれているかどうかとても不安です。
若くてもプロで有ることには変わりは無いのだから立ち居振る舞いには特に
気を付けて欲しいものです。
一度貼られたレッテルをいくら剥がしても糊は残ります。
時代遅れのYUZが、今イラッっとした彼らの言葉使いは、もしかしたら
普通なのかと、怒りを沈める事もしばしば。
上司に、相談したら、発破をかけられます。(それが原動力にもなっているんですが)
最近、YUZが若手社員に近寄ると、身構えられます(-_-;)

やはり、年齢のギャップの大きいのは否めません。
皆さん“にぬき”って知ってますか?

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

訪問介護事業所“ケアステーションゆずりは”定例ミーティング

2015年03月16日 12:59

平成27年1月-3月期訪問介護事業所“ケアステーションゆずりは″定例ミーティング実施報告

1月18日(日)AM10:00~11:00
『新年のご挨拶及びレンタル用ベッド「楽匠Z」体験研修』
新年のご挨拶及び1階ショップにてレンタル用ベッドパラマウントベッド社の「楽匠Z」
試乗体験研修を実施しました。

今までのベッドとは違いベッド本体自体が傾斜することで腹部の圧迫感が少なく
骨盤、胸部、頭部の位置関係(バランス)が良い快適な寝心地のベッドです。

実際に皆に体験していただき
 「寝心地がいい」「傾斜するときに体の負担が無い」「画期的やね!」
とまずまずの評判でした。



2月15日(日)AM10:00~AM11:00
『入浴介助(車椅子などの入浴方法』 
事例を基に入浴介助の研修を行いました。

半身マヒのある方の入浴
軽介護の方で入浴までの誘導の仕方
重度の方でシャワーキャリーに移乗させるまでの介助の仕方
バスリフトを利用した入浴方法・・・etc
を実技を交えて検討しました。

軽度の方でも浴室が狭かったり浴槽が深い等住環境の状態によっては
介助するにも一苦労だったり、重度の方だとヘルパー自身、動き方次第で
腰を痛めたりされるので皆慎重に試行錯誤しながらサービスされてるなと実感しましたマナー
入浴までの間身体が冷えないようにタオルをかけてます。

マナー②
容易に見える介助でも住環境によっては一苦労。皆さんよく考えて動いてます。



3月15日(日)AM10:00~11:00
『介護保険制度(介護報酬)改正の説明・サービスに必要な心得』

4月からの介護報酬の改正により私達に関わることで
介護報酬について説明を受けました。

今回の改正により私達の取り巻く環境は厳しくなる一方ですが
だからこそ、今一度自分たちのサービスの見直しが必要ではないかと
再確認した次第です。
逕サ蜒・001_convert_20150318085104
逕サ蜒・002_convert_20150318085205
 5分前行動、言動・行動、身だしなみ、情報の共有・・・etc。 もう一度原点に戻って再確認しました。

以上、今回は3ヶ月まとめてでしたが
次回からは毎月随時報告しますので今後とも宜しくお願いします。

 

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

“ケアステーションゆずりは” より

2015年03月15日 17:52

こんにちは。このたび1月から11年間勤めてきたショップを離れヘルパーステーションに移動になりました
『???』です。(まだ名前が決まって無いです。)

今までは現場に出ることが多い自分でしたので
事務所での仕事がこんなにも大変だとはわからず
改めてどの部署も大変なんだなと実感している毎日です。

とはいえ今までショップの視点から会社を見てきて、
また違ったアングルから会社を覗く事が出来
貴重な体験をさせて頂いている最中ですので
不器用な自分ですが何卒よろしくお願い申し上げます。

さて、これから『ゆずりはブログ仲間』に参加させて頂くわけですが
YUZUおやじさんまでの豊富な教養も無く、
キッシンジャーさんや健さん程若くも無く
毎週欠かさずブログを200回以上書き続けてるYUZさんの根気強さも乏しい自分が
いざブログを書くとなると『ネタ探し』の壁にブチ当たる訳で・・・・。

『仕事の事? 会社の事? 自分の趣味?(サッカー、映画、音楽鑑賞)』
うーん・・!迷うところです・・・。

『いっそのこと全部ひっくるめてネタ作りに励むことにしよう!』

というわけで多少仕事とは脱線した内容もあるかもしれませんが
これからも宜しくお願いします。               

                   平成27年3月16日(月)   “ケアステーションゆずりは”より



ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

ショップ通信VOL204

2015年03月10日 00:00

弊社は、2月決算で、つい先日締めきりました。
1年間の結果が出ます。。。。

昨日の定例朝礼で、厳しい環境にあるけれど、売上はもちろんですが、
今期は経費を削減していくことも大事ですと通達がありました。
弊社は、トップである社長が、ホントに太っ腹で細かい事をグチグチ言う人では
無いので、確かに経費の事に関しては社員は無頓着なんです。
しかし、全社員が引き締めなければ、絶対に削減は不可能です。
先日も、当ブログに記しましたが、年かさのYUZが言わなければ、誰が言う?と
口うるさい奴に徹する事にしました。
1円から削っていかないとダメです。
電気代も値上げです。会社には欠かせない電話も一人1日1回減らすことが
できたら成果は大きいです。
みんな、分かってるかなぁ~(-_-;)

つい最近、近所にスーパーがグランドオープンし、覗いてみました。
いつもの癖で、社員さんやパートさんの言動が、どうしても気になって見てしまうんです。
オープンしたてなので、皆さん一生懸命でした。
しかし、慣れていない店員さんは、客であるYUZの前を会釈もなく通り過ぎ、
店員同士の会話を笑いながらしている・・などなど
始めが肝心で、一度悪いレッテルを貼られると取り返すまで何倍もの時間を費やします。
弊社も同じ事で、日々一生懸命なのですが、小さな黒点があればそれはすぐ広がって
その黒点を元の真っ白にすることは、限りなく不可能に近いのです。

先月頭に、風邪を引き久しぶりに行くことになった医院のドクターから、
・しっかり寝て、少しの運動をし腹7分目でストレスを溜めない生活が、自立神経の為には
一番です。  と言われました。
それが、出来ひんから病院に来てるんやし・・と心の中で叫んでいました。

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

 最近聞いた耳を疑う話。「介護の仕事に向いていない人」

2015年03月05日 00:33

<長文> 最近聞いた耳を疑う話。「介護の仕事に向いていない人」

ある利用者様宅での話です。
その利用者様が、腰痛を悪化され、従来使っていたベッドでは床板面の高さが低すぎ、補助手すりも設置されていていないため、ベッドの端に腰掛けてからの立ちあがりが難しく、床板面の高さが変えられる電動の介護ベッドと取り換えることになったそうです。
相談を受けた企業は急いで交換に2名の専門相談員を派遣しました。現場に向かったのは、2人の専門相談員AとB。どちらも初老で経験年数10年以上のベテランです。Bはかつては現場職でしたが最近もっぱら事務仕事ばかりで月に1回程度しか出動しません、現場に出てもサポートで荷物運びに徹しています。

「こんにちわ」と声をかけて二人が部屋に入ると、奥では従来から使用している折りたたみの簡易ベッドに腰掛けている、ご利用者さんとケアマネさんの姿がありました。専門相談員Aは、いつも通り作業のリーダーとして利用者様と作業内容を簡単に打合せしはじめました。一通り話を済ませると、「では早速ですがベッドの入れ替えをはじめます。まず古いベッドを搬出しますので、ご利用者様は、ちょっと部屋の隅にでも避難しておいてください」と言って、利用者を立たせ、部屋の隅に促しながら作業を始めました。
利用者様が立ち上がるや否や、相談員A の作業が始まったので、利用者様は急かされていると感じたのでしょう、急いで痛い腰をかばいながらよちよちと部屋の隅を目指して避難していました。すると専門相談員Aはそんな利用者様の背中に向かって「この敷いてある布団はどこに移動させればいいですか?」と尋ねました。利用者は歩きながら首だけ振り向いて隣の部屋にお願いしますと答えました。足元もおぼつかないのに、複数の動作を求められた利用者は少し気分を損ねたようで、声にもその不愉快さが少し混じりました。
何を思ったか、利用者の態度が気に入らなかったのか専門相談員Aは『ふう。。』とため息をついたのち、布団をたたんで隣の部屋へ運び出したが、その扱いが荒っぽい。床に降ろすというよりは放り投げているような感じ。。。そうこうしてやっと納品が始まったのですが、これがまた運び込み方も組立も何もかも荒っぽく。柱や壁にガンガン当て、床に乱暴にドンと置くなど。絶えずガシャンガシャン、ドタンバタンと騒音が鳴り続けます。ベッドの組み立てが上手くいかず『チッ』と舌打ち。そして溜息。。舌打ちとため息を繰り返しながら作業は続きました。
無駄な動きが多いからか、額からは玉のような汗。ハンカチもタオルも持っていないから、袖口で拭うのだけど当然賄いきれないから商品の上にポタポタ落ちる。何のために消毒したのやら。。と相談員Bは思いました。
もちろん専門相談員Bはそれまでも黙って見ていた訳ではなく、都度々々手を停めて注意を促したそうです。「ため息は止めなさい」「舌打ちしてはいけません」「商品はもっと丁寧に扱いなさい」「ご利用者様のお家に傷がついては取り返しがつかないのでもっと注意を払ってください」専門相談員Aはその度に「はい、どうもすみません」と言うものの表情は明らかに不快感にあふれ、また溜息と舌打ちを重ねる始末でした。
さすがに専門相談員Bは我慢の限界が過ぎて、「私中心で作業を進めますから、君はアシスタントに廻ってください」と命令するに至りました。
そのあと専門相談員Bは専門相談員Aに対して厳しく指導したそうです。

さて、以上の話を整理すると、このAという専門相談員は、自分が介護の仕事に就いている自覚がないと思います。
配達員か?営業職か?定かではありませんが、社会的弱者の役に立とうという気持ちはあまり見受けられません。
腰痛を和らげるために介護ベッドを納めに言っているのに、立てだの、座れだの、あっちへ行ってろ、だのこっちへ来いだの、挙句の果てにはため息舌打ち。。挙句の果てには、床に正座させて説明を利かせるという始末。。
自分本位で仕事を進めるにもほどがあると思います。相手の痛みに想いを馳せることが出来ないこのような人は、この仕事に向いてないと思います。
一体何が目的で介護の世界に足を踏み入れたのやら、憂鬱な気分になりました。。

後日談ですが、この相談員Aは、この会社を退職するつもりだったとの事。
そりゃ、仕事に身が入らないわなぁ。。
利用者様の命を左右する可能性のある仕事です、この相談員のために亡くなる人がいなかった偶然と、この先の危険が払われたことを喜びましょう。
でも、この相談員Aにも固定客はついていたんだそうです。
余計なことかもしれませんが、
相談員Aが、この先どんな仕事に就くのかは知らないけれど、
誇りがあり、且つ人に喜ばれる仕事についてほしいと思います。

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

ショップ通信VOL203

2015年03月03日 00:00

先日、2回めの手話教室に行って来ました。
冬は、寒いから手を震わす、秋は、涼しい風が吹くように前から手を後ろに流す・・
などと、教えて頂いた時点では、納得し覚えた感が有るのですが、すぐ忘れてしまいます。
どうしても覚えたいので、毎日少しずつ完璧に覚えるまで身体に染み付かせる事にしました。
随分時間が掛かりそうです(-_-;)

所で、他人の口癖でイラつく第一位は「は!?」だそうですね。
新人社員を指導してた際に、この『は?』を言われました。
本人は、悪気は無かったのですが、きつく注意しました。悪気が無いだけに、うっかりお客様に
言ってしまうと、取り返しのつかない事になります。

YUZの3大イラつくです↓
『要するに・・、要は』を連発→全然まとまっていない。だらだら喋るつなぎにしか聞こえず気になって
何が要点なのか、全く理解できない。→何回言ったか数えてしまう・・
『逆に~』を連発→何の逆?と突っ込みたくなる。
『嘘ぉ~』を連発→そんな嘘つきに思われてる?と思ってしまう。
それと美容室での『お湯加減はどうですか?』 『かゆい所は無いですか?』これっていりますかね。
熱かったり、冷たかったりしたら我慢できないし、かゆい所があれば言うし。
毎回、めんどくさいと思います。

仕事でも、お客様が欲している情報を、お伝えするだけで良いと思います。
法的に言わなければならない事柄でも、お客様の様子を見て判断しご提供するべき
だとYUZは、思います。
書類などは、きちんと揃えてお渡ししますし、印鑑など必ず頂かないとダメなものも
頂いています。
きちんと型に、はまった仕事が、大前提ですが、その場面場面で応用を利かせる
事もサービスのいっかんでは、無いかと考えます。
もちろん基本が一番ですが、お客様の不安と疑問を取ってさしあげる事が重要なのです。
ご高齢者とご病気を患っておられる方が、大半ですから。

先日、数人の社員に経費節約のため、付箋をちびれ!と言いました。
きっと彼らに、イラつかれてるでしょうね。

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ


最新記事