今年も、無事仕事納めを迎えることが出来ました。

2013年12月29日 16:30

今年も、無事仕事納めを迎えることが出来ました。
弊社にとって今年は何かとトラブル続きの1年でしたが、
何とか無事乗り切ることが出来ました。
これは、お客様はもとより、従業員の皆様のお力によるものと、
心より感謝いたしております。

弊社は今年、思いもよらないことで、大きな岐路に立たされました。
しかしまさに、「災い転じて福と為す」と申しますか、これを好機に替えるべく、
積年の問題を解決する良い機会ととらえ、働く人たちみんなに協力を仰ぎ
全員参加の会社を目指して新しい一歩を踏み出しました。
これによって、今まで萎縮や遠慮をしていた者も気持ちよく働ける雰囲気となり、
従業員間の風通しがよくなってチームワークも向上しました。
何よりも働く皆さんの表情が明るくなりました。
お客様からも、働く人が活き活きしてきたと大変うれしいお言葉を頂戴しております。
恒例の納会も今年はぐっと参加人数が増えて、心から喜びを感じております。

また来年、弊社は創立15周年を迎えます。
年明け早々消費増税や介護保険法改正の波が訪れ、また波乱万丈な年になる予感ですが、
従業員一同より高いサービス提供を目指して一致団結して向上を目指す所存であります。
宜しく、ご厚情を賜りたく存じます。

nokai01.jpg

nokai02.jpg

nokai03.jpg

納会参加の人数が増え、皆さんの楽しそうな顔を見ると、心から幸せをを感じます。
スポンサーサイト

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

猛烈なピッチでカレンダーの発送をしております。

2013年12月27日 00:01

猛烈なピッチでカレンダーの発送をしております。

今年のご愛好に感謝して、例年通り、カレンダーを配布いたしております。
従業員が、1件1件お客様宅を訪ねて赴き、手渡すことが基本なのですが
なかなか、留守がちで、お逢いできない現実があります。
去年までは、お留守のお宅にはポストへの投函で対応いたしておりましたが、
誰かに抜き取られたり、破かれたり、雨などでぬれたりなどの理由で、
お手元に届かないという事例が見受けられたため、
今年は、すべての留守宅には、郵送でお届けさせていただくことにしました。
本日、ほとんどの発送を終わらせましたので、間もなくお手元に届くと思います。
もう少しだけお待ちくださいませ。


DSC_0135.jpg

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

万引きが刑法犯のほぼ1割を占める うち高齢は者が3割超

2013年12月26日 00:40

今年もまた、去年以上に、高齢者の万引きが増加しているとの新聞記事を読みました。
犯行に至った理由の中には、「社会的孤立」を挙げる人がいたといいます。
ステレオタイプ的に“貧しさが盗みの理由“と考える事はもはや時代遅れなのだそうです。
確かにテレビなどで頻繁に放映されている”万引きGメン“なる職業の若者がスーパーなどの店の依頼で万引きを捕獲する番組では、頻繁に高齢者が補導されるシーンを放映しています。犯罪を犯した高齢者に万引きに至った理由を尋ねても、特に生活に困っているような背景は見えてきません。「生きがいが無い」「近所に相談に乗ってくれる人がいない」「妻を亡くし寂しい」「嫁に対するイライラ」など、様々なストレスを抱えて生活するうちに、「ふと出来心で」とか、「ストレス発散のために」犯罪を犯してしまうこともあるようです。今では、「大人は判ってくれないから孤独だ」と非行に走る若者の数が大幅に減少し、犯罪摘発率は高齢者が上回ることになりました。
今年8月『出産したらお辞めなさい』という特別稿を週刊現代に寄せて話題になった作家の曾野綾子さんは「老いの才覚」という著書の中で、”若者の模範となる年寄りが少なくなった“”確かに金銭的貧困者は減ったが、知識の欠如、精神的自立の足りなさから、精神的貧困な高齢者が増えた。“などという旨の事柄を書かれていたが、まさに当てはまっているケースも少なくないのだろうと想像できます。
話は戻りますが、万引きを摘発して懲らしめるテレビ番組では、自分の孫ほどの歳の万引きGメンに、痛い処をいっぱい突かれて意気消沈する高齢者の姿が放送されます。確かに、迷惑な行為だし、店の損害も甚だしく声を荒げるGメンもいい気持ちのする仕事ではないと想像するのですが、高齢者の心情を察するといたたまれない気持ちになります。。。という本。今の年寄りは、病苦や貧困からはかなり解放されたが、一方で、世間づきあいがヘタで、ろくに本も読まない、精神的貧民が増えた云々の辛口エッセイでした。
「老いの才覚」を持ち合わせない老人が、息子みたいな年下の警察官に「人の道」を説かれるミジメさ。助言や相談で立ち直れるのだろうか。

 万引きが刑法犯のほぼ1割を占める うち高齢は者が3割超


20130L.jpg

 今年1~11月の殺人や詐欺など刑法犯全体のうち、万引きの占める割合が9.6%だったことが12日までの警察庁のまとめで分かった。万引きの摘発者の中で、65歳以上の高齢者は3割を超えており、同庁は「小売店や地域などと連携し、高齢者の万引き防止策を検討する必要がある」としている。
 同庁によると、全国の警察が認知した刑法犯の件数は2002年の約285万件をピークに減り続けており、12年は約138万件。今年1~11月は約121万件だった。
 一方、02年の万引き犯は約14万件で、刑法犯全体の4.9%だった。その後、14万~15万件程度で推移したため、刑法犯が減り続ける中で、相対的に万引き犯の占める割合が高まった。10年に初めて9.4%と9%を突破し、今年1~11月も9.6%だった。
 12年の万引きの摘発者のうち、高齢者は30.8%で、総人口に占める割合24.1%を上回っている。
 万引きした品の平均額は、少年が5800円、成人(20~64歳)が1万4300円、高齢者が2600円。高齢者の場合、100円程度のおにぎりやパン、総菜などを万引きしたケースが目立ち、67.8%(12年)が食料品だった。
 警視庁の調査で高齢者の万引き犯の3割以上が一人暮らしだったことが判明。警察の調べなどに「生きがいがない」「相談相手がいない」などと話した人もいたという。
 警察庁の担当者は「社会とのきずなが少ないことも万引きに走る原因の一つ」と指摘。認知症も万引きの要因になり得るとの研究結果もあり、「今後、分析が必要」と話している。<2013/12/12 日本経済新聞>

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

防火訓練を実施しました。

2013年12月25日 00:54

防火訓練を実施しました

師走と言えば、夜の街角では「火の用心」の声が聞こえてくる季節です。
弊社では、冬場に増加する火災に対しての防火意識を高めるため、年末に必ず、
隣のマンションと合同で防火訓練を実施しております。
今年度は、普段の訓練には参加できない、現場のヘルパーらにも参加してもらい、
実際の火災を想定して、担架や車いすを用いて訓練しました。
実際に担架を担いで階段を1階まで降りる訓練では、
移動の際に、上手くチームの息が合わなければ危険であるとか、
階段を降りる際は下の方が過重がかかるとか、上の人は腰をかがめて移動するなど、
身長や性別によって担う場所を事前に決める必要があるなど様々な意見が出ていました。
岸本相談員からは、
「普段から有事の際のスタッフの配置や、自分の担う役割などを
普段から意識して考える癖をつけましょう。」と指導がありました。

DSC_0109.jpg

DSC_0115.jpg

DSC_0116.jpg

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

ショップ通信VOL144

2013年12月24日 00:00

☆メリークリスマス~☆
今日、明日が終われば・・・さあ~♪♪もういくつ寝るとお正月~♪♪です。
何があっても、時は過ぎていきます。
皆さん今年はどんな年でしたか?
この年の瀬、お江戸の方では何やら大企業さんが、景気が良いみたいな噂を聞きます。
景気が回復してきた・・・雇用状況が快方へ向かっているとか・・・
我ら上方の方には、まだそんな風は吹いておりません。
関西の年末の一般企業の賞与も前年比、約マイナス6%だったらしいですね。
景気回復をアピールしているお役人様、東の高好企業さんばかりを見ないで、こちらの
中小企業のしかも小さい部品工業の事業所を訪問して真の景気回復かどうかを
きちんと見極めて欲しいとYUZは深く思います。

毎日行くスーパーでは、値段は据え置きでも食品のスモール化は急加速です。
値段が変わってないので危うくだまされそうになります。
そして、ヒタヒタと迫ってくる消費税アップ。あらゆる増税ゆえに当然目減りするお給金・・・
これらを決定されるお役人様たちは、105円で買えたものが108円になっても
体制に影響無しですもんね。
軽減税率制何だか難しい言葉ですが、日々働く原動力になる毎日の食品にはご勘弁願いたいですね。
ひと昔前、ある女性議員さんが、
「にんじんや大根に税金かけないで、宝石や、無くても生きていける贅沢品にかけりゃいいのよ!!」と、言われてました。全くその通りです。
寂しがり屋のお金たちは、やはりたくさん仲間がいるほうへ行ってしまうのでしょうか。

最近、大金を貸した借りた、覚えてないと、ごたごたしていますが、庶民はどんな小さなお金でも管理
出来ます。お金の感覚、価値観の違いは大きいです。

YUZブログ今年は、今日で店じまいです。1年間有難うございました。m(__)m
どーぞ来年もお付き合い下さいませ。
皆様、良いお年を!!(*^_^*)

今夜、YUZは靴下を枕元に置いて夢の7億円を手にしたら、どのカバンに入れるか考えながら
寝ようと思います。



ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

「健康のために1日1万歩歩きましょう」の根拠

2013年12月19日 18:53

「健康のために1日1万歩歩きましょう」の根拠

“ゆずりは”ブログではおなじみの、神戸常盤大学の柳本有二教授が主催するNPO法人「うぇるねす・コア21」が神戸市灘区役所の助成を得て、1日1万歩のウォーキングを推奨する「街歩(まちほ)サポーター」という事業を始めたそうです。

H251218-yy1man.jpg
クリックで大きくなります


1万歩と一口に言いますが、で10000歩の距離を歩幅80㎝で歩くと8キロメートルです。時速4キロメートルの少しゆっくりしたペースで歩くと約2時間かかります。
1日中机に向かっている事務職を除けば、成人の通常1日歩数は4000~6000歩ですから、差し引きして足りない分が6000歩なら1時間10分程度、4000歩なら40分程度をウォーキングに充てる必要があります。
歩行によるカロリーの消費は自分の体重を、どれだけのスピードで移動させるかによって変わってきます。これは、走るのと歩くのでは消費カロリーが違うと云う事なので容易に納得できますが、移動速度を一定に保ち計測するのは一般には難しいので、目安として、体重(㎏)×移動距離(km)を用います。これもたくさん運動する方がカロリー消費が激しいのは理解できます。アバウトですが、およそ1時間をウォーキングに時間を費やせば、おおよそ1万歩を確保できると考えればよいのではないでしょうか?
では、なぜ1万歩を目指すように提唱されるのかについてはさまざまな説があるのですが、柳本教授は、バッフェンバーガー教授が1960年代から18年にわたって調査した「運動習慣のある人はない人よりも長生きする」という学説を支持されています。
バッフェンバーガー教授は研究の結果、通常の生活でほとんど運動をしない人と、1日300Kcalの運動をする人とでは高齢者においては死亡率が約半分になるという結果が出たと報告しています。その分岐点となる1日300Kalを歩行という軽負荷な運動で消費するならば1日1万歩の歩行が必要ということになるわけです。
本当に300Kcalの消化に1万歩が必要なのかどうかは、先の公式で各々の身体サイズ等を当てはめて計算してみてくださいませ。ちなみに、人の歩幅はおよそ身長の45%と言われています。平均の歩行速度は時速4.5㎞程度だそうです。
しかし、長生きをするための条件が、“よく食べてよく眠る”ことから、“食を控えて運動すること”に代わってきたのは、やはり暮らしが豊かになってきたからなのでしょうかねぇ。

H251218-yy2man.jpg
移動距離を明確に示したポスター

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

ネアンデルタール人も高齢者介護をしていた??

2013年12月18日 00:22

旧人と新人。
ネアンデルタール人は進化の過程で滅び、我々ホモサピエンスの流れにあるクロマニヨン人は、進化して生き残った。
その分岐点は、生活の営みで得た経験を共有出来たかどうかにあると、神戸常盤大学の柳本教授は言う。ざっくりというと、クロマニヨン人には、高齢者をいたわる文化がありいわゆる長老として崇め、その経験の享受を受け取っていたために、毎年繰り返しやって来る自然界のリスクを経験的知恵を持って対処し回避することが出来たのではないかと、また、高齢者にはそれらが担う役割を設け、いわば、保育施設のような場を作り、若者が働きやすい環境を作ったのではないかと訴えておられます。つまり、村社会の中で「おばあちゃん的な存在」があったと云う事です。
しかしながら、ネアンデルタール人も高齢者介護をおこなった形跡が、墓地跡の調査で発見されたという記事が発表されました。ただし、そううかがわせる発見は、まだこの1件だけらしいのですが。もしかしたら、同じ時代に存在した2種が互いに文化を影響し合っており、埋葬風習についてもそれが見られるという研究もありますが、「介護」についても新しい研究がなされていくのかもしれません。
<以下記事より>

2013年12月17日 16:55 発信地:ワシントンD.C./米国

歯が抜け落ち、歩くこともままならなかった高齢のネアンデルタール人が、仲間から介護され、死後は手厚く埋葬されたとする研究論文が16日、発表された。
 今回の発見は、フランス中部の発掘現場における13年間の調査に基づいたもので、洞穴に住んでいた石器時代人は実はかなり洗練されていたのではないかとする議論に新たな証拠をもたらした。
 仏ラ・シャペル・オ・サン(La Chapelle-aux-Saints)の墓穴が最初に発見されたのは1908 年。墓にあったのは身体に障害がある高齢のネアンデルタール人の遺骨で、ここからネアンデルタール人は知能が低く、猫背で足を引きずっていたという「定説」が生まれた。
 しかし長い年月をかけてこの墓穴をさらに綿密に分析し、また欧州各地で他にも墓穴が発見された結果、ネアンデルタール人はそれまで考えられていたよりも他者に敬意を払い、思いやりがあった可能性が示された。
 米科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences、PNAS)に掲載された論文によると、研究チームは現在、洞穴の床が自然に形成された可能性を排除し、人が掘ったものだと主張している。
 研究を率いたウィリアム・ランドゥ(William Rendu)氏によると、約5万年前に埋葬された老人の墓穴の付近では、他に子供2人と成人1人の遺骨が発見されているが、この3人が近親者だったかどうかや、同時期の人々であるかどうかは明らかになっていない。

 老人の遺骨があった穴は、柔らかい石灰岩と粘土でできていた。自然界でみられるこうした岩石層は水平だが、遺骨の下の部分はほぼ垂直になっていた。ランドゥ氏は「この穴には自然にできたものが全くなく、いかなる自然現象にも一致しない。唯一残された説明は、人間が作ったものだということだ」と述べている。
  この墓穴の最近の発掘作業は1999年に始まり、フランス国立科学研究センター(CNRS)、ボルドー第1大学(Université Bordeaux 1)パセア研究所(PACEA)、民間の研究機関アルケオスフェール(Archeosphere)の専門家が参加した。

 この老人の正体は謎のままだが、少なくとも老人が属していたネアンデルタール人の集団にとっては、重要な人物だったに違いないと研究チームは考えている。
 ランドゥ氏によると、老人は健康な歯を失っていたため、仲間が噛み砕いた食べ物を老人に与えていた可能性が高い。また右の臀部(でんぶ)に障害があり、椎骨が数本折れたり癒着したりしていたことから、自分1人で動き回ることはできなかった可能性があるという。「老人の仲間は死後に遺体を埋葬しただけでなく、老人が生きている間も世話をしていた。老人は集団内の仲間に助けられて長い間、生きることができていた」と研究チームはみている。
 トナカイやバイソンの骨も墓穴の付近で発見されているが、こうした動物の骨は老人の遺骨よりも損傷が激しいことから、老人の遺骨は入念に保護されていたことがうかがえる。ランドゥ氏は「もしもネアンデルタール人たちが単に老人の遺体を処分したいだけだったとすれば、野外に放置するだけで、すぐに肉食動物が食い尽くしていただろう。彼らはそうするのではなく、石や木や骨のかけらなど自分たちが持っていた道具を使って1メートル以上もの深さの穴を掘った」と指摘する。
 遺骨の保存状態が良いことから、老人は死後まもなく埋葬された可能性が高い。発掘では、墓を覆っていた堆積物を掘り起こすのに時間がかかったことから、地面を掘り、遺体を土で覆うために、老人が属していた集団はかなりの労力を要したと思われる。「全てこのネアンデルタール人の集団が、自分たちが生き残るために必須なことではなく、この老人の遺体をただ保護するために多くの時間を費やしたことを示している。他者に対するこの集団の意識が高いことを示している」とランドゥ氏はいう。
 この老人の怪我の原因は、長年にわたり議論されている。埋葬が本当に意図的だったのかどうかを疑問視する専門家もいる。ランドゥ氏によれば、もしこの障害のある老人が人々に敬われていたのだとすれば、そうした人間は他にもいたはずだ。しかし発見されてにるのは「今のところ、この老人だけのようだ」という。

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

ショップ通信VOL143

2013年12月17日 00:00

今日は、わが“ゆずりは”へのお誘いです!
居宅(ケアプラン作成)、ヘルパー派遣、福祉用具レンタル、購入、在宅医療に関わる医療用品販売等々
介護、医療一貫したサービスをご提供します。

中でも、デイサービス。もちろんショート、ロングがあります。規模は大きくないので、その分思いやりは
端から端まで行き届きます。
軽体操に重きを置いて、もっと元気になって頂く為にスタッフ一丸となって日々スタッフ同士が
切磋琢磨しながら進めております。
同じ職員でありながら、すばらしいと手前味噌ではありますが言わせて頂きます。

スタッフ年齢は、老若男女様々です。
中でも、統括責任をしておりますスタッフの一人。ブログにも登場しております(最近はご無沙汰・・)
20代後半ですが、実力者です。持ち前の明るさで他のスタッフからの信頼も厚く、
何を言っても嫌味には聞こえません。
じいちゃん、ばあちゃんにも大変人気が有ります。
身体は、決して大きい方では無いですが、筋肉でカチカチです。
スポーツが専門で、デイの軽体操の指導者です。いつも大きな声でご利用者様を引率しています。
大切な、おじいちゃん、おばあちゃんを本当に安心して、任せていただけます。
YUZの目から見ても、人徳があると言う言葉は彼の為にあるなぁ~と感心しています。
“イケメン”かどうかは、ご想像におまかせ。
そんな愉快なデイサービスを一度覗いてみませんか・・・!
迷っておられる、お父様、お母様が居られましたら、ぜひ弊社ユニークなデイサービスを
ぜひ、ご体験くださいませ。

ちなみに、YUZは、この彼を時々からかいます。(^_-)-☆



ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

歳末、大お餅つき大会

2013年12月13日 18:31

恒例、お餅つきでした

デイサービス。“げんき塾”と“はつらつ空間”合同で
毎年恒例の、餅つき大会が開催されました。
文字通り、皆さん昔取った杵柄で、餅つき奉行だらけです。
杵をふるう若者に、厳しい指導が飛びます。
和気あいあいと、いい時間を過ごしました。


DSC_0141.jpg

DSC_0126.jpg

DSC_0145.jpg

DSC_0150.jpg

DSC_0154.jpg

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

毎度おなじみのヒートショック

2013年12月12日 00:07

この季節になると再三お話しするのですが、懲りずにお付き合いください。毎度毎度のヒートショックのお話です。
アタシ自身が、寒さが苦手なため寒風に負けないように、少々カッコ悪くても冬は着ぶくれております。家の中では、あまり上着を着たくないので、ジャージぐらいで快適に過ごせるよう暖房が家じゅうに届くようにしています。
冬は気温が低下し、寒冷刺激により交感神経(自律神経の1つ)が緊張しやすくなります。
交感神経は、身体に緊張を促す神経です。心臓の鼓動は早くなり、血圧が上がります。相手をよく見るために瞳孔は散大し、呼吸は激しくなります。さらに、血液は固まりやすくなり、血栓ができやすくなります。そうして心筋梗塞や脳卒中を引き起こしやすい状況が整ってくることになります。
そのような状態で、急に体温を上下させると、血圧が乱高下し、身体に大きなストレスが加わります。冬場の入浴時など、脱衣所や浴室の寒さで急激に血圧が上昇し、引き続き浴槽で身体が温まった時に全身の血管が広がって急激に血圧が低下します。この血圧の急激な上昇と下降が血管に過度のストレスを与え、プラーク(動脈硬化の本体)が破綻し血栓(血の塊)が形成されることで脳卒中や急性心筋梗塞を起こします。
寒い日の入浴時には、廊下や脱衣所はもちろん、浴室も暖かくするよう工夫を設けてください。ちなみに、夜中にトイレに行く場合も同じです。気を付けて下さいね。

ヒートショック

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

年末年始休業のお知らせ

2013年12月10日 19:40

平成25~26年、年末年始、休業のお知らせ

yasumi25matu.jpg

29日(日)は午後2時までの早じまいとなります。

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

ショップ通信VOL142

2013年12月10日 00:00

年内実動労働日が、あと14日です。せわし無いです。
1年早く感じるかそうでないか、人それぞれです。自分のおかれている立場で違うのは
当然ですよね。
お客様の中には、昔の様にお店も全て閉まって1週間ほど食料も保存しなければならない
環境でも無いし、年が新たまっても今日が明日になるだけ。
病院が休みに入るのだけが不安だとおっしゃる方がいます。
確かに、そうです。かかりつけのドクターが不在となると心細いですね。

政治が、なんだかんだとドタバタされている様ですね。内部分裂、強行決定、貸した借りたなど。
難しいことは分からないのですが、それぞれの意見がバラバラですよね。
政治に限らず、多数派の意見が正しく、何故か少数派の意見が悪者扱いされる風潮
ってありますよね。
それをひっくり返す事は容易ではありません。根本からやり変えないと無理です。
遂行するには、相当な時間と労力が不可欠です。
万が一それが出来たとしてもパズルを置く様にきっちりとは、はまりません。

いずれにしても、年末はやってきます・・・・。


ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

改善は気づくことから始まる。知らないことは怖い事かもしれません。

2013年12月04日 12:20

改善は気づくことから始まる。知らないことは怖い事かもしれません。

高カロリーで高塩分、砂糖多量に含んだ食べもの、例えば、ハンバーガーや、スナック菓子に代表されるジャンクフードは癖になる美味しさがあります。
私も、大好きでよく食べますが、毎日これを食べ続けているとやっぱり身体に悪いよなぁ… って思います。
私と同じように、ファーストフード好きな人のほとんどの方が同じように思ってらっしゃると思います。

タバコだってお酒だって習慣になってしまうとなかなかやめられないものですが、飲み過ぎ、吸い過ぎは身体に良くない… ってたいていの人は理解していると思います。
でも中には、そんなことを全く意識せずに毎日摂り続けている人もいるようです。

今スグに止められなくても、「身体に害がある」ということが解っていれば習慣を変えられる可能性は、まだ残っているとは思うのですが、「体に害がある」という意識すらないとしたら改善の余地はほとんどありません。

無知でいたり、麻痺していたりして、無意識的にマズイ行動を継続してしまうことほど
恐ろしいことはないのかもしれません。

毎日繰返しているとマズイことは、ジャンクフードやお酒、タバコ以外にもけっこう たくさんあるような気がします。

もちろん仕事でも、そのような例をよく見かけます。
毎日当たり前のように顔を合わせている人…
毎日当たり前のように耳にするコトバ…
毎日当たり前のように接している情報…
毎日当たり前のようにしている行為…
毎日当たり前のように話している内容…
毎日当たり前のように浪費しているコスト…

もし、こういうものが、経営や営業に良くなくて、他の働いている人達にとって迷惑を及ぼすものだったとしたら…
そして、それがマズイことだと解っているならまだしも無意識に続けているのだとしたら
それは、やっぱり恐ろしいことだと思うのです。
毎日当たり前のように繰返していることを、改めて見直す機会をとってみた方がイイかも…
知らない間に、同士の足を引っ張ったり、傷つけたりしないように。
習慣改善のきっかけになるかもしれません。

<リブログに加筆>

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

ショップ通信VOL141

2013年12月03日 00:00

今、落ち込んでいます・・・。

ある事で、頼まれもしていないのに勝手に良かれと思い全力でかばいバックアップして
きた事が実は、周りにとってありがた迷惑だったのかと感じたのです。
未熟者では有りますが、それなりの人生経験をしてきました。
人の裏表や嘘もうっすらですが、分かる様にはなってきたつもりです。
「正直者はバカを見る」は、許せないと思っているしその為にただ一生懸命に微力ながら
盾になってきました。
しかし、ある一言で、全て悟ってしまいました。
YUZは「でしゃばりおよね」でも「世話好き」でも有りません。
以前、上司が、叱る側は叱られる側より倍、労力がいる。と言ってました。
YUZも疲れました。
盾になっているんだと言うYUZ自身のきっと驕りだったのですね。
目の前に、石があるから気をつけて!と周りに言ってあげることは、ここら辺でやめます。
当該当者には見えなくて、けつまずいてひっくり返る事も一つの経験なんですね。
ひっくり返らないと見えない景色も確かに有ります。
歳を重ねてきた今、良い経験をさせてもらったと大ネガティブYUZは思う様にしました。
今日、昼食を買おうと立ち寄ったパン屋さんで、陳列してあるパンに“はえ”がとまった
全部廃棄してと大声で怒鳴っている女性がいました。
実は、正しいことを言っているのに、周囲のお客さんたちはしかめっ面でした。
同じ事?!と思いつつ店を出ました。

ところで、弊社のイルミ見てもらえました?きれいでしょ!!この辺りでは一番にキラキラさせました。
メガサンタも店頭で皆様や、道行く方々を応援しています。
ショップにある、ディスプレイ熊さんたちもサンタ帽でお出迎えです。

12月最初のブログが何だか暗い・・・m(__)m





ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ


最新記事