ショップ通信VOL112

2013年04月30日 00:00

♪♪ゴールデンウイーク真っ只中♪♪
会社の様に休みが定められていてリフレッシュが出来ると言うことの幸せと感謝を
改めて実感する期間でもあります。
自宅介護をされていらっしゃる方は、つかの間の休息も無いまま、かえって連休などは
TVで放映される楽しげな風景にそれこそ、うとましく感じていらっしゃる方も少なく無いと思います。
お察し申し上げます。どうか利用できる色んなアイテムをうまく活用しリフレッシュの時間を
たくさん取られて下さい!
一昨年、昨年と立て続けに近い身内を亡くしたYUZは今年法事が連休中複数あります。
普段、宗教とは無縁ですが、お寺さんのお説教?と言うんでしょうか、お話を聞くのが
とても楽しみなんです。
YUZは、随分歳を重ねては来ましたが、性格も丸くなりませんし物事の偏見、
好奇心も人の倍あります。もちろん大の「あまのじゃく」。
しかし早くに母親を亡くしていますので昔からのしきたりや、言い伝えなどあまり
物事を知らないので、お寺さんのお話はとても為になります。
訳あつて人生2度目の就職をして随分長い事になり、この間がむしゃらに、家でも会社でも
120%の力で走り続けてきて(今もカナ・・)お寺さん話にフッと力が抜けたり我に返ったり
出来る瞬間です。でも、性格上洗脳はされません(笑)。聞きながらお給料いくら貰って
はるんやろ?って思ったりもしますもの。
でも、1つだけ得たものは、周りの人に「頑張らなくてもいいよ」と言えますし、一生懸命やっての
失敗は「OK」サインを出してあげられる様になった事。
得なくても良いのに、つい見てしまう様になった事は、他人の裏側、うそをどんなに巧妙に隠しても
見破ってしまうし、探してしまう事。・・・・嫌なやつです・・・・・

幼い頃、食卓に肘をついてお茶碗を持ったら、その肘を思いっきり叩いた父の1周忌が連休中
行われます。


来週5/7のブログはお休みします。




スポンサーサイト

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

宝塚市介護保険事業者協会、広報委員会定例会議

2013年04月25日 18:42

宝塚市介護保険事業者協会、広報委員会定例会議

本日は、宝塚宝塚市小浜4丁目の
「宝塚市保健福祉サービス公社」2階レクルームにて
宝塚市介護保険事業者協会、広報委員会定例会議が開かれました。
主たる議題は、毎年、事業者協会と宝塚市の共催で執り行う
「介護を考える市民フォーラムin宝塚」についてです。
今年度は、11月14日(木)に、ソリオホールでの開催が決定いたしております。
新年度の第1回目の会議らしく、各部会を代表して各1人は揃い顔合わせとなりました。

1366873150905.jpg

1366873200416.jpg


ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

「君が寝ている間も地球は回り続けている」 YUZUおやじ日記

2013年04月24日 00:46

「君が寝ている間も地球は回り続けている」 YUZUおやじ日記

「知らないということは、時に罪である。」と思います。
昔、お客様への納期が定められている大事な取引において注文を出し忘れてしまい、
締め切りを超えて注文をしたにもかかわらず、店着納期の遅滞を許さず取引先に強要したことがあります。
しかし、注文を受けた取引先は何事もなかったかのようにこちらの望みをかなえてくれました。
私は心中ではもちろん感謝していたのですが、口をついて出た言葉は
「ご苦労さん、やればできるじゃないか。これからは納品のリードタイムを1日縮めても良いかな?」でした。
これを聞いていた当時の上司が、私に向かって
「君が夜に寝ている間にも地球は回り続けているということを常に意識していなさい」と言いました。
そうして、取引先には「部下のミスをフォローしてくれてありがとう」と頭を下げられました。
後に私は事務所に呼ばれ、諭すように言われました。
「他人の気持ちや苦労、親切を慮ってそれに応えようとするのが我々の仕事です。君が注文を出し遅れた結果、
その何時間かを取り戻すために、取引先がどれほど余計な努力をさせられたかを想像できないのであれば、
君にはサービス業につく素質はない。」と言われ、猛反省したことを思い出しました。

私は面接で従業員を雇用する際に常に申し上げる言葉があります。
「高齢者の寿命を延ばすのも縮めるのも我々次第です。我々の仕事は命を担っているのです。」という趣旨の事です。
それは、“どうしたら高齢者が在宅で1日でも長く健やかに暮らすことができるかを、
自分なりでいいから想像をめぐらせて真剣に考えてほしい”という希望を言葉にしております。
皆さん、一様に頷くものの、私は、「多分、実感として捉えられていないのだろうなぁ」と感じることがほとんどです。
という私でさえ、もっと修羅場を経験してきた先輩方から見れば、
まだまだ全くの初心者で、心構えが出来ていないと叱られるばかりです。

介護の現場では、他の会社に所属する多職種の方と連携してサービスを提供する機会が多くあります。
職場や職種が違うということは、規則もやり方もがそれぞれの正義に沿って行われています。
しかし目的は皆同じで“高齢者の健やかな延命”だと思います。
各々が相乗効果と効率を求めることで、高齢者の心身への負担を軽減しようと努めます。
そのためには他の人が行う仕事(作業)を理解して協力しなければなりません。
それには、“今まで自分が現場で経験して得た知識だけでは足らない“と私は感じています。
自分の目に映るものしか理解しようとしない人がいますが、
それではめぐり合う機会を得ないことはいつまでも知らないままです。
「君が夜に寝ている間にも地球は回り続けているということを常に意識していなさい」
あなたの目に映るもの、考えられる範疇がすべてではないのです。
知らないところでも必死に努力されている人は沢山いるのです。
自分の価値基準だけで物事を判断することはとても危険です。
もしかしたら、自分でも気づかないうちに高齢者を殺しかけていることがあるかもしれません。

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

ショップ通信VOL111

2013年04月23日 00:00

今の仕事に進歩が無いとか、結果、成果が見えない。
そう思っている方はいませんか?
アリと鳥の目を持って一度自分を見てみませんか。
毎日が平坦で、アリの様にちょこちょこと這いずり回り繰り返し同じ事しかしていないと
思っていても鳥の様に上から見てみると、峠越えし極端な、がけをうまく避け、
大きな運河をも泳ぎきっています。
そして、この坂を越えると、ようやく大きな楽園に出るんだ。という事が分かります。
砂利道を迂回してこけても、ケガをしながらでも、ちゃんと、それは確実に前進しています。
かさかさと動いているアリは目の前の大きな落とし穴にはまってしまっても又這い上がって
くるでしょう。しかしアリにとってはそれすらも毎日の仕事で、越えなければ前に進めない事は
本能で察しているのです。
到達した大きな海では、思いっきり楽しみましょう!そして又次の楽園を目指しましょう。
毎日変化が無い、「いったい自分は何をしてるんやろ・・」と思ったら鳥サンの目になり
大空から自分を探してみませんか?きっと楽になるはず。
悩むと言う事自体が大きな進歩です。

仕事に対して情熱が無い進歩が無い人は、「自分は何をしているんや?」すら感じません。
そして日々、時間から時間まで与えられた仕事だけで終える。
本当に進歩が無い方は、?が自分から出て来ない。スランプの時期が無い。
仕事中に仕事以外の話をして笑える事が出来る。
こんな人では無いかとYUZは、思うんですが・・・・・(*_*)

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

「“バリアフリー2013“特別講演、基調講演に参加いたしました」 YUZUおやじ日記

2013年04月19日 14:57

「“バリアフリー2013“特別講演、基調講演に参加いたしました」

4月18日(木)よりインテックス大阪で始まった、”バリアフリー2013”において、
毎年恒例の厚生労働省による介護保険の現状及び次期動向を報告する基調講演に参加しました。今年度はそれに加えて、25年度からの運用が計画されている「福祉用具専門相談員の研修ポイント制度」についてのシンポジュウムにも参加しました。

1366252035598_20130419145448.jpg

1366257713826.jpg



「福祉用具専門相談員の研修ポイント制度」は、これまでOJTによってスキルを積むことがほとんどであった業界の傾向に、Off-JTを交えて総合的な能力向上を目指すためのものらしいです。特別な制度委員会が承認した研修に参加することで個人ポイントを蓄積し、それを一般に公開し可視化することで、経験年数、取得資格等が白日に晒され能力の高い専門相談員が誰であるのか、また能力の高い相談員を雇用している事業所も判明し、事業所を選択するためのツールの一つにもなりうるというものらしいです。
人柄、心根、接遇技術、理想、目的、信念、ルックスなどなど、事業所の良い悪いを判断する基準にはデータ化できない要素もたくさんありますが、顧客に選んでもらうためのプレゼンテーション内容が豊富になるという点では、歓迎できるのではないでしょうか

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

「頭でわかっているだけではダメなんです」ということはよくわかっているんです。が。。。。。

2013年04月18日 18:22

「頭でわかっているだけではダメなんです」ということはよくわかっているんです。が。。。。。
例えば、「規則正しい生活を心がけ、心身ともにメンテナンスを欠かさず常に点検し健やかな生活を営む。もし変調の兆しがあり、リズムを保てない恐れがある場合は、普段通りではなく充分に注意を払って慎重に行動する。」と、子供の頃から繰り返し教えられたのは私だけではないと思います。
50年も生きてくると、生きていくうえで必要な事とか、あるべき大人の姿とかは、たいがいは理解しているものだとおもいます。
ただ、知っているが出来ないことは沢山あります、又、意図的にやらないこともたくさんあります。
道徳は国民性をありありと映し出した生活文化をつかさどるもので倫理などと大上段に構えなくても、理性と知性を持った生物として、また日本人として善とされる行為をいかに行うかということだと思います。
以下は中学校での道徳教育の内容です。
読めば当たり前の事ばかりで,ほとんどの人が正しい行為だと感じられると思われるでしょう。
さて、皆さんはどのくらい自然に行えていますか?私は読んでいて、とても恥ずかしい気持ちになりました。


◇「道徳の内容」中学校〔24項目〕

1 主として自分自身に関すること
(1)望ましい生活習慣,健康, 節度
・健康や安全に気を付け、物や金銭を大切にし、身の回りを整え、わがままをしないで、規則正しい生活をする。
・望ましい生活習慣を身に付け、心身の健康の増進を図り、節度を守り節制に心掛け調和のある生活をする。
(2)希望,勇気,強い意志
・自分がやらなければならない勉強や仕事は、しっかりと行う。
・自分でやろうと決めたことは、粘り強くやり遂げる。
・より高い目標を立て、希望と勇気をもってくじけないで努力する。
(3)自主・自律,誠実,責任
・自律の精神を重んじ、自主的に考え、誠実に実行してその結果に責任をもつ。
(4)真理愛,理想の実現
・真理を大切にし、進んで新しいものを求め、工夫して生活をよりよくする。
・真理を愛し、真実を求め、理想の実現を目指して自己の人生を切り拓いていく。
(5)向上心,個性の伸長,充 実した生き方
・自分の特徴を知って、悪い所を改めよい所を積極的に伸ばす。
・自己を見つめ、自己の向上を図るとともに、個性を伸ばして充実した生き方を追求する。

2 主として他の人とのかかわりに関すること
(1)礼儀
・気持ちのよいあいさつ、言葉遣い、動作などに心掛けて、明るく接する。
・礼儀の大切さを知り、だれに対しても真心をもって接する。
・時と場をわきまえて、礼儀正しく真心をもって接する。
・礼儀の意義を理解し、時と場に応じた適切な言動をとる。
(2)人間愛,思いやり
・幼い人や高齢者など身近にいる人はもちろん、だれに対しても思いやりの心をもち、相手の立場に立って温かい心で接し、進んで親切にする。
(3)信頼・友情
・友達と仲よく互いに理解し、信頼し、励まし合い、助け合い、高め合う。
(4)男女の敬愛
・男女は、互いに異性についての正しい理解を深め、相手の人格を尊重する。
(5)自他の尊重,謙虚,寛容の心
・それぞれの個性や立場を尊重し、いろいろなものの見方や考え方があることを理解して、寛容の心をもち謙虚に他に学ぶ。
(6)感謝
・日ごろ世話になっている人々に感謝する。
・生活を支えている人々や高齢者に、尊敬と感謝の気持ちをもって接する。
・日々の生活が人々の支え合いや助け合いで成り立っていることに感謝し、それにこたえる。
・多くの人々の善意や支えにより、日々の生活や現在の自分があることに感謝し、それにこたえる。

3 主として自然や崇高なものとのかかわりに関すること
(1)生命尊重
・生きることを喜び、生命の尊さを感じ取り、自他に関わらず生命のあるものを大切にする。
(2)自然愛,畏敬の念
・身近な自然に親しみ、自然のすばらしさや不思議さに感動し、自然や動植物に優しい心で接し大切にする。
・美しいものに感動する心や人間の力を超えたものに対する畏敬の念をもつ。
(3)人間の弱さの克服,人間の気高さ,生きる喜び
・人間には弱さや醜さを克服する強さや気高さがあることを信じて、人間として生きることに喜びを見いだすように努める。

4 主として集団や社会とのかかわりに関すること
(1)法やきまりの遵守,権利と義務,社会の秩序と規律
・約束や社会のきまりを守り、みんなが使うものを大切にする公徳心をもつ。
・法やきまりの意義を理解し、遵守するとともに、自他の権利を重んじ義務を確実に果たして、社会の秩序と規律を高めるように努める。
(2)公徳心,社会連帯,よりよい社会の実現
・公徳心及び社会連帯の自覚を高め、よりよい社会の実現に努める。
(3)正義,公正・公平,差別や偏見のない社会の実現
・正義を重んじ、だれに対しても公正、公平にし、差別や偏見のない社会の実現に努める。
(4)集団生活の向上,役割と責任
・自己が属する様々な集団の意義についての理解を深め、役割と責任を自覚し集団生活の向上に努める。
(5)勤労の尊さ,奉仕,公共の福祉
・働くことの意義を理解し、奉仕の精神をもって、進んで公共のために役に立つ働きをする。
(6)家族愛
・父母、祖父母に敬愛の念を深め、家族の一員としての自覚をもって充実した家庭生活を築く。
(7)愛校心
・学級や学校の一員としての自覚をもち、教師や学校の人々に敬愛の念を深め、協力してよりよい校風を樹立する。
(8)郷土愛
・郷土や我が国の伝統や文化を大切にし、先人の努力を知り、郷土や国を愛する心をもつ。
(9)日本人としての自覚,文化の継承と創造
・地域社会の一員としての自覚をもって国を愛し、国家の発展に努めるとともに、優れた伝統の継承と新しい文化の創造に貢献する。
・我が国の伝統と文化に親しみ、国を愛する心をもつとともに、外国の人々や文化に関心をもつ。
・日本人としての自覚をもって国を愛し、国家の発展に努めるとともに、優れた伝統の継承と新しい文化の創造に貢献する。
(10)国際理解,人類愛
・外国の人々や文化を大切にする心をもち、日本人としての自覚をもって世界の人々と親善に努める。
・世界の中の日本人としての自覚をもち、国際的視野に立って、世界の平和と人類の幸福に貢献する。


ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

「また痛ましい事件が起こってしまった。」YUZUおやじ日記

2013年04月17日 00:15

「また痛ましい事件が起こってしまった。」 YUZUおやじ日記

2013年4月16日 朝刊より
「ストレスで」高齢者住宅のベッドに放火 容疑の介護士逮捕 

 勤務先の高齢者施設のベッドに火を付けようとしたとして、兵庫県警は14日、現住建造物等放火未遂容疑で、女性介護士(20)を逮捕した。同署によると、「しんどい仕事ばかりまわってきて、ストレスがたまっていた」という趣旨の供述をし、容疑を認めている。女性には恨みはなかったという。
逮捕容疑は、2月24日午後6時過ぎ、介護サービス付き高齢者住宅で、入所者の女性(95)の部屋で、布団にライターで火を付けたとしている。すぐに火災報知機が作動し、他の職員らが消し止めた。布団は燃えたが、建物に燃え移ることはなかったという。出火当時、女性は別の部屋におり、けが人はなかった。
同署によると、施設の内部調査などでこの介護士の関与が浮上した。
施設の運営法人によると、入居者への暴力行為などは確認されていないという。

本日(16日)付けの朝刊にて報じられた記事を読みました。
2ch等のレスでは、
介護士の年齢から、彼女が受けてきた教育の危うさや、社会経験の短さからくる思慮不足ももちろん論じられていますが。どちらかというと、人不足による労働力の低下についての言及が多いようです。
また、高齢者介護という一種独特な職場環境で働く苦労をねぎらうような同情的コメントも目立ちます。
また、同業者による“しんどい介護あるある”風な座談会のネタにされているスレもたくさんありました。
総体的には、今回の事件は一部の不心得者の仕業であり、一事が万事論として語られる類のものではないと皆が理解していると感じられたので、少々安心しております。
介護の仕事に限らず、どんな仕事でも善悪で容易に判じられない背景が必ずあるものです。また、事実肉体的にも精神的にも多少の忍耐力は必要だと思います。
そして、たいがいのそれらは世俗の通例の範疇を大きく逸脱するものではないと思っています。容疑者の年齢は、去年入ったウチの新入社員の1っこ上です。通例の範疇を実感するには社会経験が短いのかもしれません。現実の社会は、不条理で不公平です。この女性介護士が、残りの人生を誠実に全うされることを祈りたいと思います。

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

ショップ通信VOL110

2013年04月16日 00:00

仕事の悪の連鎖として考えてみました。
ある一人が与えられた仕事が、満足に出来ない⇒いつまで待つ?⇒他社員の足並み乱す⇒
出来ている者が痺れをきらして指示⇒理解できない⇒再度の方向性示唆⇒自身の問題から目を
そらす⇒当件指示者のレベルダウン⇒社側から指示者の方向性問われる⇒変わらず当該者は
理解できないまま。
結局その仕事をやりたくないから身が入らない。逆に他者が待ちくたびれ壊れ始める。
その状況を理解できない、一番気づかなくてはいけない当本人が蚊帳の外。
行き着くところは、これに一番の問題があると思います。
自論ではありますが、全く出来ない者に進行のレベルを合わすと全体のレベルが今以上に
落ち込む様な気がしてYUZは恐怖感を覚えます。
 
制服になって1年以上たちましたが、単に着せられただけ決められたから着てるだけと
思っている社員は我社には居ないと信じてます。
1年前何故、会社は費用を投じてまで制服に踏みきったか。
皆同じのを着る事で、企業イメージアップ、社員の気持ちアップ、団結してきちんと
仕事をしますを周囲に告知。
YUZの考えが決して正解と言いませんがYUZはそう思っています。
だからこそ一人ひとりが満足に仕事をこなさなければいけないのです。
こんな時期にもし出来ない者がいたとしたら、そこに皆がつまづいて、へまをしている
場合では有りません。
その者に勇気を出して襟を正してあげる事が真のスーパーヒーローでは、無いでしょうか。

ちょっと違うかも知れませんが、現地の方以外の沖縄でのノーネクタイ○会議員様。
ネクタイ、スーツは制服では有りませんが、きちんとした事を決めなくてはいけない時の
“○りゆし”姿を見苦しくきちんと仕事をしていると思えない。と見えてしまうのは
偏見はなはだしいYUZだけでしょうか・・・・・


ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

ショップ通信VOL109

2013年04月09日 00:00

「今ここで、喋らないとアカンのやったら外へ出てくれへんか!」
「人に迷惑かけても良いほど、お金貰ってない」
「自分勝手なことするんやったら貸切にしてくれ」
以前の好きなアーティストのディナーショーでの、ひとこまでした。勇気ある言葉にYUZは
もっと好きになりました。
なかなか言える言葉では有りません。

友人の会社では、グループごとに動くので、一つの取り決めがあるのだそうです。
このチームは決して仲良しクラブでは無い。そしてキズの舐めあいはせずアカン事は
アカンと言ってあとに残さない。という事だそうです。
納得できないのであれば、とことん話し合いをする。
これも、なかなか実行は難しいです。しかし会社からの命令とあれば実行しなければ
いけません。おかげで退職者は減ったそうです。
同じ職場で人に意見をする、難しいです。言う方も言われる方もしんどいものです。
皆それぞれ自分が正しいと思っている訳ですから。
自分以外の複数の人がNOならば、それはNOでしか無いのです。
逆ギレをし皆の足並みを狂わせるなんてもってのほか。大人としてあるまじき行為です。
素直に聞き入れる。これが自分も、そして会社をも発展への道です。
言う側も、決して言いたくは無いのです。そして莫大なエネルギーをも使う事に
なるのです。

お座敷にあがる食事会で、遅れてでもみんなの靴を揃える女子が必ず一人は居ますが、
それは、自分を良く見せる為のパフォーマンスであって、さっとあがって遅れないで
着座する方が正解なのです。
靴は、店の方が揃えて下さいます。要らんことをしなくていいのです。
帰りしな出口付近で時間のかかるブーツを履きふさいでいる。これは話にもなりませんが
たまにみんなから見える角場所でブーツを履いている女子もいます。私は気づかいができるのよの
これもパフォーマンス。
本当に気づかいが出来るのは、その日はブーツを履いてこないのが正解。
前出の2例は仕事として実行できなくも無さそうですが、後の2例は
年を重ねているYUZでも、言いにくいわぁ~(ー_ー)!!

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

柳本有二の秘伝 一六九

2013年04月07日 00:05

毎週日曜日
100歳まで歩ける体力をつけるため、
また正しい姿勢で健康にすごすため
ゆずりはのゼネラルアドバイザーである、
神戸常盤大学柳本有二教授が提唱する
運動の数々を「柳本有二の秘伝」として
ご紹介いたします。
監修は、柳本先生の教え子であリ、
げんき塾の運動責任者のキッシンジャー雅人がお届けします。


第一六九回 「タオル体操 9」

第9回「タオル投げ~クロス~」


前回同様、2回丸結びにし、ボールを作ります。
利き手で持って、上に放り投げ、ボールが浮いている間に胸の前で手を交差し、落ちてきたボールを掴みます。
2回、3回と徐々に回数を増やしていきましょう。
同様に逆の手でも行います。
空間認知能力を高めることが出来ます。(乗り物に乗っている状態における自分の位置や移動している人や物などの動きを把握する力


それではどうぞ!




[高画質で再生]

9.投げて胸の前でクロス


ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

柳本教授ゆずりは来訪!

2013年04月06日 00:05

こんにちは!
キッシンジャー雅人です。

先日、ゆずりはのゼネラルアドバイザーであります、柳本有二教授が来訪されました。

蜀咏悄12_convert_20130406112710

先生の説明を真剣な眼差しで聞かれています。

蜀咏悄13_convert_20130406112747

さまざまな角度からの歩行状態と、ノルディックポールを使用した歩行状態の違いを確認しました。
撮影に協力してくださった方もこんなに姿勢が変わるんだというのを驚かれていました。

蜀咏悄11_convert_20130406112636

従来の姿勢確認装置は、印をつけたりとなかなかに手間や時間がかかっておりましたが
今回の先生が持ってこられた装置は、簡易的に姿勢を確認できるため
これがもっと身近なものになれば、生活の中で「姿勢」というものを意識することが出来
健康な方が増えていくと感じました。

ノルディックポールの左右の長さを変える事で姿勢矯正が出来ることにも驚きました。

協力してくださった皆様!
ありがとうございました!


これをもとに運動プログラムに取り入れていきたいと思います。

それではまた!
キッシンジャー雅人でした。

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

「中途採用面接に際して」YUZUおやじ日記

2013年04月04日 18:57

「中途採用面接に際して」YUZUおやじ日記

ハローワークに住環境整備担当者の求人募集を出しましたところ、
思いもよらず多数の応募をいただきました。
面接には魂を込めて丁寧に対応させていただいております。

私は、面接で応募された方に対して
「我々の仕事は高齢者の命にかかわる仕事です。
我々はの行為や判断によって、お客様の寿命を大きく縮めてしまう恐れがあります。」
と必ず言うようにしています。
しかしながら、大概の応募者は、一応は「はい」と答えるものの、
“それがどうしたの?“という感じで ぽかん とされます。
「人間がそんなに簡単に死ぬはずがない」と考える人はまだましな方で、
高齢者の生き死にが現実味を帯びて感じられない人がほとんどです。
高齢者が介護保険の認定を受け、被介護者となった時点で、
内臓を含めた身体のあちこちは勿論、精神(心の状態)に至っても相当のレベルでダメージがあります。
本人が卑下して“棺桶に片足を突っ込んだ状態”と比喩しますが、
あながち当たらずも遠からずといった人もたくさんおられます。
つまり“介護が必要な状態とは、いつ亡くなられてもおかしくない危険な状態の入り口”なのです。
そのように考えられない人は、介護と名のつく仕事に向いていないとYUZUおやじは考えています。

介護されることが必要な立場になって、老いを身近に感じるようになった、
不安な気持ちを抱いた高齢者の支えになれるよう、微力ながらも寄り添って、
最後に「ああ、いい人生だった。」と言っていただけるように努めたいという方がおられましたら、
ぜひ弊社の面接を受けてください。

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

「新年度を迎えて」YUZUおやじ日記

2013年04月03日 20:55

「新年度を迎えて」YUZUおやじ日記

4月を迎え、どの企業も新年度に湧いている(?)と存じます。
弊社においても、無事に新規学卒の新入社員を2名迎え、さらなるサービスの向上を図るべく、
心を新たに致しております。
余談ですが、YUZUおやじは、前職で、新卒就職のアシスタントをしていた時もそうだったのですが、
この時期採用担当を悩ませるのが、“ドタキャン”です。想定している人員を割ると、
現場担当者は補充人員を当てにしているので大変です。
人事担当者は無事に内定者が就職してくれるまでは胃が痛い日々を重ねているのです。
さて、新年度を迎えYUZUおやじは、今年もさらに企業努力を重ね、お客様に満足していただくべく
「より誠実に。より勤勉に。」をモットーに厳しく、口うるさく“おやじ”らしく努めてまいりたいと存じます。
今年度も、変わらぬご厚情と、ご指導ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

ショップ通信VOL108

2013年04月02日 00:00

♪≪さくら≫♪きれいですね~  普段気づかずに通り過ぎている道にもこの時期、
まるで存在を立証するかの様に咲き誇ってくれています。

我社にも、2回目の新卒社員が2名入社しました!!きっといっぱいの不安と少しの期待を
胸に抱えている事でしょう。
早いもので昨年入社の新人がもう先輩に・・・季節は巡りますねえ~
YUZも、うかうかしてられません。吸収の早い彼らにお尻に火をつけられてる感じです。
今期3月より、社内の体制も若干の移動が有りました。

今まで、このやり方でやって来たから、この手法、考え方でやって来たから、現状維持を
貫く。はたして正解なのかどうなのか。
時代、経済状況など諸事情をふまえ今まで動いてきたつもりでは有りますが・・・・
“頑張ります”“心機一転しっかりやります。ご指導願います”口で言うのは、たやすいです。
けれど、まるでマネキンの様な心が入って無い目は、誰にも信じてもらえません。
ただ声を発してるだけで、メッキはすぐはがれます。
そんなお客様対応をしない様に後輩たちに指導していくのも大事な仕事です。
それには、まず私たち先輩が襟を正さなくてはなりません。
新入社員たちの希望の輝く目を濁さない為にも。

でもね、私たち先輩も、決して自分のやり方が正しいとは決して思っていなくて
日々模索しながら事をすすめているんです。少なくてもYUZはね。

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ


最新記事