宝塚市介護保険事業者協会・サービス評価・苦情対応委員会主催の研修会に参加しました

2012年10月31日 00:05

平成24年10月18日(木) 宝塚市役所大会議室において、宝塚市介護保険事業者協会のサービス評価・苦情対応委員会主催の研修会が、「顧客満足と苦情対応」についてというテーマで、講師は株式会社インターリスク総研、上席コンサルタント砂川直樹氏を招いて催されました。
福祉の制度ビジネスでは、もともと高価に設定されたサービスを、助成金の力を借りて割安で提供している性格上、お客様という観念が薄く、「利用者」などという名称で呼んでいます。
ボランティア感に支配され、「施してやる」という上から目線で働く者が多く、弱者に対して精神的に優位に立つことで満足してしまい、正当に“サービス対価を頂く”とか、“売買差益による利益を頂く”という観念が支配しない奇妙な業界です。
私はこのような業界の構成員の精神が消費者に付け入られ、制度の支配者に舐められ、いつまでも虐げられた3K職業であり続ける要因になっていると感じます。
現場職員の末端までもが、「顧客満足」や「付加価値」について策を練るようになる教育が、もっと盛んに行われ、正当な利益が得られる素地が出来ればと望みます。

sem01.jpg
講師の砂川先生です
スポンサーサイト

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

ショップ通信VOL87

2012年10月30日 00:00

イテテテ・・・・
気温が下がると、持病のヘルニアの腰痛が出てきます。いつからだったかも忘れてしまうほど
長い事になります。重いものは、幸い男性社員が持ってくれますし手助けもしてくれます。
その男性社員君達に甘えてますので、ひそかに痛みには耐えていられる事が出来ましたが
最近上司に、ばれてしまいました・・ 病気知らずの鉄人YUZとしては恥ずかしい~。

腰痛と言えば、高齢者の方の”圧迫骨折”。仕事柄、目にする事も度々です。
痛くなると耐え難くなられる場面に遭遇するたび、こんなにも医療分野がすばらしく発展して
いるのにどうにかならんものかと思っていました。決してYUZだけでは無く当事者の方々なら
なおの事でしょう。
お客様の、あるドクターにそんな話をしていたら、なんと!痛みを軽減する事が出来る手術がすでに
存在するとの事!!!!!
YUZにも理解出来る様に、優しく教えて頂いたのですが
なにやら、セメントを注射器で直接注入し固めるらしいのです。
局所麻酔で、施術時間も30分くらいで患者への身体の負担も小さく済む。
今まで、普通に歩く事も立ち上がる事さえも大変だった方でも術後ほんの数日で、
しっかり歩いて退院して行かれるそうです。
もちろん、その方のお体の状態も有りますので全員がOkでは無いそうです。
しかし、施術している所は、保険適用では無い為まだ国内で数十件の病院だそうです。
でも、すごいですね♪ 広がれば良いですね♪
YUZは、知らなかったので、聞きかじりの情報ではありますが、介護と医療の弊社として、
あえて記させて頂きました。
すでに、ご存知の方には申し訳有りません。
痛みが消えることもさる事ながら、痛みが消えた時に迎える以前の様な笑顔です。
一緒にいる家族にとっても、この安堵は、大きいものです!

YUZは何か些細な事柄でも、気になって週末を迎えるのと、全て解決済みでのお休みでは
雲泥の差があります。
気持ち、心の持ち方で生活の仕方が変わります。良くも悪くも・・・・・・。

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

伊丹を歩こうワンデーウォーキング

2012年10月29日 00:05

こんにちは!
キッシンジャー雅人です。

去る10月27日(土)伊丹市にて、「伊丹を歩こうワンデーウォーキング」が開催されました。
私もボランティアスタッフとして参加してまいりました。
ポールの長さ調節と運動補助員として行ってまいりました。



受付から始まり、ワンデーウォーキングの説明・準備体操の後、

IMG_1990_convert_20121028192230_convert_20121028192259.jpg


ノルディックウォーキングの器具の貸出と
全日本ノルディック・ウォーク連盟公認指導員の
高野元男氏(㈱サンクフルハート所属)による『ウォーキング講座』が行われました。
高野氏は、ノルディック・ウォーキング用ポールの国内代表的メーカーの一つ、サンクフルハート社に所属し、
(社)日本ウォーキング協会、(社)全日本ノルディック・ウォーク連盟の公認指導員として
日本全国津々浦々までノルディックウォーキングの普及のために講習会を開催しておられます。

高野氏と2ショットで!

IMG_8782_convert_20121028192328.jpg


IMG_1997_convert_20121028192537.jpg

天候にも恵まれ、歩くにはちょうど良い気温でした。
これも参加され方々の日ごろの行いが良いからでしょうか(笑)

実際の様子は後日のキッシンジャーブログでお伝えさせていただきます。

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

柳本有二の秘伝 一五四

2012年10月28日 00:05

毎週日曜日
100歳まで歩ける体力をつけるため、
また正しい姿勢で健康にすごすため
ゆずりはのゼネラルアドバイザーである、
神戸常盤大学柳本有二教授が提唱する
運動の数々を「柳本有二の秘伝」として
ご紹介いたします。
監修は、柳本先生の教え子であリ、
げんき塾の運動責任者のキッシンジャー雅人がお届けします。

第一五四回 「ラダートレーニング4」

第4回「枠の外を歩く」



足をラダーから外に出し枠の外を歩くことで、転倒しそうになった時に自分を支える筋力を養うことにつながります。
実際にやっていただくと意外にきついですよ!
これは早く進む必要はありません。
一歩ずつ確実に前に進んでいきましょう。




R-04





ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

「伊丹を歩こうワンデーウォーキング2012」いよいよ明日です!

2012年10月26日 00:05

「伊丹を歩こうワンデーウォーキング2012」いよいよ明日です!

「美しい日本の歩きたくなるみち500選」に選ばれた「伊丹・水と緑とバラのみち」を巡り、伊丹の自然・歴史資源等を再発見し、秋の一日を楽しく元気にお過ごしいただく散策イベント「伊丹を歩こうワンデーウォーキング2012」がいよいよ明日に迫ってまいりました。
“介護ショップゆずりは“は、同時に開催される、「介護の日イベント・ノルディックウォーキング体験コーナー」を応援しています。
ノルディックウォーキングは2本の専用ストックを使う歩行方法です。通常のウォーキングに比べ、約30%も代謝が上がるので効率が良くダイエットやメタボリックシンドロームにも効果があります。また、腰痛・膝痛など整形外科的疾患のある方が、比較的安全にウォーキングを楽しめ、認知症の予防・改善にも効果があると言われています。
ウォーキングポールの貸し出しもありますので、ぜひこの機会にお試しください。

事前のお申し込みが必要です。
定員に達し次第受付を締め切りするそうなので、お早めに
お申込先は、伊丹市都市デザイン課(072-784-8068)です。


NW.jpg


伊丹市ホームページ
http://www.city.itami.lg.jp/home/KENKOFUKUSHI/KAIGO/_13855.html

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

「生活リハビリ」の名の下に、高齢者の憩いを奪うことなかれ!

2012年10月25日 00:05

YUZUおやじ日記

「生活リハビリ」の名の下に、高齢者の憩いを奪うことなかれ!

先日新聞で、高齢化の進展で介護予防の重要性が増している。厚生労働省は介護を受けずに自立して生活できる期間を示す「健康寿命」を伸ばすために、日常生活の中で積極的に体を動かし家事はもちろん運動や、庭の草むしりや農作業なども推奨し健康維持につなげるためのガイドライン作成に乗り出したとありました。
高齢化による身体機能の低下や、気分の憂鬱さからの緩慢な衰えが原因で、日常生活の自分で出来る部分までも家族や応援者に委ね、自ら身体機能をどんどん衰えさせてしまうことを防ぐために、「自分で出来る事は自分でしてもらう」という介助のカタチが主流になってきました。

sinnbu.jpg

そしてそれをもう一歩進めた、「自分で出来る事を少しでも増やす、または現状を維持するために積極的に生活の営みに参加していく。」という、いわゆる「生活リハビリ」という概念を私はずっと支持してきました。
しかしながら、それを推進する介護職や、医療職の方々の中には最近少々行きすぎの傾向を感じることがあります。
先日、ある作業療法士がソーシャルネットワーク上で次のような発言をされていました。
「この度立ち上げるデイサービスは生活リハをコンセプトにおいております。働くスタッフも最小限の介助で、ご利用者の潜在力が最大限発揮でき、このお風呂に入ることがリハビリになる仕組みを作っていく予定です!」
言葉だけを取って、その本意を伺うことは困難ですし、デイサービスでの行為を在宅と同視できないとも理解しています。よく見知った作業療法士なので、高い良識を持たれての発言であるとは信じていますが、あえて申し上げます。「あなたの発言は、同じ価値観を共有できないだろう人には、入浴をリハビリの場だと考えてよいと誤解させてしまいますよ。」
結論から申し上げて、私は生活中リハビリを行う日常作業の中に、「食事」と、「睡眠」と「入浴」と「排泄」は含むべきではないと考えています。その訳は、この4つは自身の癒しに作用することで他人に指図されることでその効用を逆転させ強いストレスを生じるからです。少なくとも、何でも「リハビリ」という言葉を用いずに、「お手伝い」とか『一緒に』という言葉を使ってほしいと思います。生活リハビリは、対象者の身体訓練よりも介助をする側の気持ちや、時間観念を対象者に寄り添うように置き換える事から始めるのが良いかと思います。
70歳を過ぎた人生の先輩が、「自分の事は自分でやります」と、日々前向きに頑張っておられるうえに、食事や、入浴という、一日の作業を終えて、やっとホッとできる時間までもを取り上げて『リハビリですよ』などという資格は我々には無いと思うのです。働き盛りの我々でさえも、仕事が終わって解放されれば羽を伸ばしてゆっくりするのに、高齢者には、24時間戦いを強要するなどということはいかがなものでしょう?それが、高齢者のためなどという理屈は絶対にないと思うのです。「自分でお風呂に入れるように頑張って練習しましょう、それもリハビリです。」などと言わず「今日は1日頑張ってきたのだから、出来ないところはお手伝いしますので、ゆっくりお湯につかって疲れを落としてぐっすり眠ってくださいね、。」と言ってあげるのが人間的な優しさだと思います。
しかしながら日中は、しっかり「リハビリ」に励んでいただき、生存力を養っていただきたいと思います。

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

大手福祉用品卸売業者主催のセミナーに参加しました

2012年10月24日 00:05

平成24年10月13日
大阪発足の大手福祉用品卸売の主催された
商品見本市と講習会に参加しました。
場所は空中展望台で有名な、梅田スカイビル36階
セミナーのお題は「社会保障制度改革と福祉用具サービス」
講師は、シルバー新聞社、堀田譲氏でした。

IMG_20121013_113247.jpg
空中庭園を見上げてみれば、とってもいい天気

「次世代に付けをまわさない」制度改革、
「赤字国債に頼らない持続可能な制度設計」のあおりで、
「給付と負担の考え方」に抜本的な改革が必要となれば
財源確保の為、介護保険の財政フレームの構成上、
国が負担する25%の約半分が赤字国債で賄われていることから
12.5%(約1/8)を削減するとすることが制度に適うとされています。
そのため、早ければ2016年に予定されている改正時期を待たず
制度の改革が行われるかもしれません。
小難しい話ですが、乱暴な言い方をすると。。。。
「今までは国や、都道府県、市町村で在宅介護の費用を担ってきましたが、
お金がないので、少し介護保険による給付取得条件の設定を高くします。
これ以上互助料金(介護保険料)を上げることは法律【第7条】で抑制されているので、
あぶれた人はご自分でサービスを買ってください。」と聞こえます。

もし間違ってたら、指摘してくださいね。

IMG_20121013_131753.jpg
セミナー会場から見た景色、地上約150メートル


ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

ショップ通信VOL86

2012年10月23日 00:00

季節が流れました。あんなに暑かった夏もちゃんと行き過ぎてくれましたね。
とたんにテレビ、ラジオでは♪クリスマス♪おせち♪が聞かれる様にもなりました。せわしな~

ところで、”ゆずりは”は、以前にも書きました様に住宅地にあります。しかもマンションの
1Fに”げんき塾”(デイサービス)があります。
当たり前の様に、車の出入り、業者トラックの荷物の積み下ろしをしています。
店の前が歩道になっていますので、最高の注意をはらって日々行っています。しかし皆様には
ご迷惑をおかけしています事が有るかと思います。
それと、社員用のバイク置き場が民間の駐車場になっています。ここは朝、夕バイクの出入りが
有ります。出来るだけ迅速な出し入れを心がけています。
近隣の皆様のご理解を頂けるように、その場所での大声での談笑も控えさせていただいて
います。しかし携帯電話での話し声など万が一お耳にさわる様な事があれば、この場を借りて
お詫び申しあげます。
仕事柄まず地域の方々に愛されなくてはいけないとYUZは、思っております。


最近、近くの市で妙な事件がありました。
全国的に同市が、取りざたされイメージがダウンしてしまうのは嫌だなと思います。
とても、良い街なんですよ。人は熱いし、活気があります。
商売の盛んな町ですし、物価も安い。かといって寺町の落ち着いた良い感じの場所もあります。
それにね、実は海も近いんです♪
決して高級住宅街とは言いません。しかし、下町の情の熱い人が多いんです!
しかし、前出の様に何か一つ大きな劣勢の事柄が起きると、全体のイメージダウンになります。
人間もそうです。人望があり、まじめな仕事熱心な、こころの大きい方でも小さいミスを
かすっただけでもそれは、アウトに繋がります。怖いです。


ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

「ノルディックウォーキング体験」開催のお知らせ

2012年10月19日 00:05

いよいよ、来週です!

「ノルディックウォーキング体験」開催のお知らせ

好評だったので、昨年に引き続き今年も!
平成24年10 月27 日(土)午前10時~午後4時頃の開催される
ワンデーウォーキングイベントの中で、「介護の日」関連イベントとして、
「ノルディックウォーキング体験」を同時開催します。


伊丹市ホームページ
http://www.city.itami.lg.jp/home/KENKOFUKUSHI/KAIGO/_13855.html

ウォーキングポールの貸し出しもありますので、ぜひこの機会にお試しください。
ノルディックウォーキングは2本の専用ストックを使う歩行方法です。
通常のウォーキングに比べ、約30%も代謝が上がるので効率が良く
ダイエットやメタボリックシンドロームにも効果があります。
また、腰痛・膝痛など整形外科的疾患のある方が、
比較的安全にウォーキングを楽しめ、
認知症の予防・改善にも効果があると言われています。

ワンデーウォーキングの説明・準備体操の後、
ノルディックウォーキングの器具の貸出と
全日本ノルディック・ウォーク連盟公認指導員の
高野元男氏(㈱サンクフルハート所属)による『ウォーキング講座』を行います。
高野氏は、ノルディック・ウォーキング用ポールの国内代表的メーカーの一つ、サンクフルハート社に所属し、
(社)日本ウォーキング協会、(社)全日本ノルディック・ウォーク連盟の公認指導員として
日本全国津々浦々までノルディックウォーキングの普及のために講習会を開催しておられます。

ノルディックウォーキング参加者でない方もご参加いただけます!

手軽なことから、若者から高齢の方まで人気上昇中のノルディックウォーキングをみなさんも一度体験して、家族みんなで楽しく介護予防を考えてみませんか??

takano.jpg
インストラクター:高野元男氏




ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

「平成24年度兵庫県介護保険サービス事業者等集団指導」に想うこと

2012年10月18日 00:05

10月15日(月) 西宮アミティホールにて
「平成24年度兵庫県介護保険サービス事業者等集団指導」が開催されました。

1350261705932.jpg


式次第は下記の通り
①、法令遵守・指導監査
②、介護労働者の労働条件の確保対策等
③、喀痰吸引の実施について
④、生活保護制度について
⑤、高齢者の自殺防止について
⑥、事業運営、報酬算定等における留意事項
小難しい単語が並んで、さぞかし眉間にしわの寄った集会だろうと思われるかもしれませんが、指導の内容は、超大雑把にいえば『ちゃんとしましょう!』の一言につきます。
法律を守りましょう。従業員を大切にしましょう。お客様をたぶらかしてはいけません。公費の不正請求はいけません。などなどです。

集団指導の進行は、参加者各人に数冊の資料(総ページ数約150)が配られたうえで、壇上に立った県の職員が、資料を端から端まで、ほぼ丸読みして説明していくというスタイルです。
一般に考えれば、「資料を渡して各自で読んでおけば済む」という趣のものですが、現実では聞き分けよく自主的に読む人が少ないため、このようなスタイルを取られるのでしょう。
毎回の事ですが、担当官1人が約30分程度、入れ替わりながら2時間半を、早口でまくし立てるさまを見るたびに、県職員の大変さがひしひしと伝わってくるとともに、資料を読まないどころか、初めから終わりまで居眠り続ける現場責任者に憤りを感じるとともに、とても情けない気持ちになります。

兵庫県では、耳新しいところで神戸市中央区の介護施設「神戸海岸特養ケアセンター」において、入所直後の高齢者2人が相次いで死亡したり、不正な介護保険請求と指摘されたりした事件がありました。
また、指導の行われた15日にも神戸市垂水区の特別養護老人ホーム「本多聞ケアホーム」で、女性介護職員4人が入所者の女性4人の髪の毛を引っ張るなどの虐待行為があったとして、神戸市は同ホームを介護保険法に基づき、6カ月間の新規受け入れ停止処分にし、11月から6カ月間は介護報酬を2割減額する処分を下しています。

このような事故、事件が相次いで起こる以上、行政としては、子供にするように読み聞かせして、それでもしでかしてしまう連中には「云うべきこと、説明すべきことは、ちゃんとしましたからね!」とぐらいは言ってやりたい気持ちでしょうね。

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

“知って肝炎プロジェクト”持田香織さんのコンサートに行ってきました。

2012年10月17日 00:05


先日、ひょんなことで、厚生労働省が推進する取り組み、“知って肝炎プロジェクト”の「肝炎対策特別大使」を務める持田香織さんのワンマンコンサートを見に行かせていただきました。

IMG_20121014_190012.jpg

「知って肝炎プロジェクト」は、厚生労働省の補助事業である肝炎対策普及啓発事業として、2012年7月18日に発足しました。

IMG_20121014_185937.jpg

このプロジェクトの目的は、一人でも多くの方に、正しい知識と予防意識を持って頂き肝炎に対する偏見や差別を無くし、さらに自発的に検査を受けてもらうことだそうです。
肝炎は、感染していても症状が出ず、無自覚なキャリアが多く、更に、感染症においては感染経路のカミングアウトというセンシティブな部分が多く含まれている為に日本において啓発が進みづらい病気です。
気づかないうちに肝硬変や肝がんに進行するおそれがあります。 「体がだるい」と気付くころには、かなりの重症になってしまっています。肝炎は「早期発見・早期治療」が重要です。この機会に、これまで肝炎ウイルス検査を受けたことがない方は、ぜひ検査を受けましょう。

IMG_20121015_082645.jpg


今回、厚生労働省(東京都千代田区)は、TOKYO FMとタッグを組んで厚生労働省が推進する取り組み、“知って肝炎プロジェクト”の新番組『知って肝炎プロジェクト “Letter Songs”』が放送開始するにあたり、パーソナリティを持田香織が務めるそうです。
関西圏では、日曜日の7:50分から、FM大阪で放送されます。

TOKYO FMと厚生労働省では、「この新番組『知って肝炎プロジェクト “Letter Songs”』を通して、少しでも多くの方に肝炎に対する正しい理解と知識をお伝えしていきたいと思っています。」とプレスリリースで発表されています。

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

ショップ通信VOL85

2012年10月16日 00:00

すごいです!!ノーベル賞!!

内容は、むずかしくて良く分かりませんが、すばらしいの一言です

そして、会見で喋られた内容もすばらしい!

堅苦しさが全く無く“感謝”の言葉が何回も出てきて

本当に色んな面で苦労をして来られた感がYUZにはひしひしと感じました

50歳という若さにもかかわらず、人間的にも、完全“リスペクト”です

何だか真逆の方の会見もありましたね

“ウソ”はいけません

でも彼はきっと“そうありたい。そうであって欲しい”の願望が強すぎたのでしょう

最初から“ウソ”をついてやろうと思って喋った訳では無いとYUZは思いたいのです

自分を、美化した結果“ウソ”を隠す為又“ウソ”で塗りつぶす

真っ黒から、白色にはしにくいです

最後には、綺麗に書いた自画像をも自ら塗りつぶしてしまったのです

失ったものが、あまりにも大きすぎます

信用という短い言葉が一瞬にして、彼のこれからの長い人生から音を立てて崩れてしまった今

まず何をすべきか・・・

その方向を決して間違わないで進んで行かれることが大事なんだと

でもね、YUZ自身、自分に“ウソ”をついての必死の若作り、厚化粧、体重維持は

もう少し“ウソ”をつき続けたいと思います。許してぇ~

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

防災訓練

2012年10月15日 00:05

こんにちは!
キッシンジャー雅人です。

先日、ゆずりはにて「防災訓練」が行われました。

ゆずりはの奥山統括本部長より説明が行われました
火事が起きた時の消防署に伝えるべきことや実際おこった時の各々の役割等

P1150567_convert_20121014130218.jpg

そして、実際に避難の時に使うタンカを使用して階段を降りました。
体重の軽い女性社員でも予想以上に重く感じました。
4人1組で持ち、向かい合わせではなく4人とも同じ前方方向に向き、いつでも自由がきくようにしておかなければなりません。

P1150574_convert_20121014130429.jpg

P1150573_convert_20121014130314.jpg

椅子と車椅子でも同様に階段を降りてみましたが、椅子だと下になった人が下敷きになったり、逃げ遅れたりする可能性があるようです。

P1150579_convert_20121014130507.jpg

P1150582_convert_20121014130636.jpg

そして、防災訓練を行い感じたことは
普段から火事が起こった時のことを考え
どのような経路でどのように避難するか
どのような行動を取るか
常に頭の中でイメージしておくことが重要だなと思いました。

継続して訓練を行っていきたいと思います。

それではまた!
キッシンジャー雅人でした。

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

柳本有二の秘伝 百五十三

2012年10月14日 00:05

毎週日曜日
100歳まで歩ける体力をつけるため、
また正しい姿勢で健康にすごすため
ゆずりはのゼネラルアドバイザーである、
神戸常盤大学柳本有二教授が提唱する
運動の数々を「柳本有二の秘伝」として
ご紹介いたします。
監修は、柳本先生の教え子であリ、
げんき塾の運動責任者のキッシンジャー雅人がお届けします。

第百五十三回 「ラダートレーニング3」

第3回「もも上げ」

太ももを高く上げることで、
太ももの表側の筋肉「大腿四頭筋」、
主に股関節を曲げる働きをする「腸腰筋」を強化することが出来ます。
大腿四頭筋は
人が歩く、走るという時に絶対欠かすことが出来ない
部分ですが、
使わないとすぐに衰えてしまう
ので、しっかりと鍛えておきましょう。
慣れてきたら、だんだん太ももを高く上げていきましょう。



R-03

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

ショップ通信VOL84

2012年10月09日 00:00

さわやかな季節になりましたね。春と秋、つかの間の冷暖房がいらない省エネの時期です。

内閣が変わったり、各党の代表が変わったり政治の世界も変動していますが、いけない事とは
思いつつ関心が有りません。
と言うよりも、どなたが何をやられても低迷景気は変わるはずも無く・・・
政治家様方だけの力では、どうしようも無いのは分かってはいるのですがね。
その度、テレビのコメンテーターの方のコメントの薄さに、いつも”大丈夫か?しっかり考えて喋って
いる?”と思ってしまいます。
言葉は何気に発していても、ご承知の様に時には鋭利な刃物より鋭利な場合が良くあります。
大人として、責任が持てる事を喋らなくてはいけない事は皆様重々承知のことだと思いますが。
最近、子供たちがその言葉の暴力で、自ら短い人生を終えてしまった悲しい出来事が重なりました。
指先を、切ってしまっても薬を塗るとやがて完治します。
でも、見えない”こころ”に傷をおってしまうと、致命傷になります。
塗り薬は有りません。
同時に、誰かが傷つけている事は間違い無いのです。
誰もが、その当該人になりうるのです。

営業の端くれのYUZは、いつも目の前のたった一つの数字に度々一喜一憂しています。
お客様から、ご依頼を受けご購入頂くと言うことが、すばらしい事でありがたい事だと
人一倍自覚しています。
営業の様に”こんなに良いこの商品買ってください”では無く、お客様の方から
”買います。”とわざわざ、お電話代まで使って言って来て下さったり足を使って来店して頂いたり。
感謝しなくてはいけません。”商人(あきんど)”としてこの上ない幸せです。

小さいたった一人が変革を起こそうとすると必ずそれは引きずり下ろされます。
もちろん、ホームランを一本打つだけでは試合に勝てません。
チームの守りが有ってこそです。バンドも犠牲フライも大事です。
でもね、たった一本のホームランがあったから勝利する試合があるのです!

《出る杭も5億売ったら打たれない》大阪商人書の本を読みました。同感です!!










ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

10月は、ピンクリボフェスティバル

2012年10月03日 13:19

ことしも、乳がんの早期発見を促す「ピンクリボン運動」が始まりました。
10月1日には、恒例のライトアップが行われ、
神戸ではハーバーランドが、大阪では通天閣がピンク色に彩られたそうです。
最近では、ピンクリボンの啓発のためのピンバッジなどを身につけた方も良く見受けられるようになりました。

統計によると16人に1人の女性が乳がんを患っているそうです。
私の知り合いも重度の乳がんを患い、左乳房からごっそり胸部の組織と、腋下のリンパを取り除きました。
深刻な状態でしたが何とか一命を取り留め、再発を危惧しつつ1年半を迎えました。

20121002-680843-1-L.jpg


彼女を連れて、ライトアップでも見に行こうと思うのですが、
彼女にとってはあまり思い出したり意識したりしたくない話題らしく今のところは拒否されています。
私には何もしてあげられることがないので、まあおまじないのつもりで、いつでも緊急出動できるように
禁酒いたしておりますが、ノンアルコールビールのほうがお酒よりも高くつくのであまり歓迎されておりません。

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

ショップ通信VOL83

2012年10月02日 00:00

本日より”衣替え”です。おまわりさんの紺の冬服に季節感を感じました。
我社では、誰も長袖になっていません。仕事柄どうしても汗をかいてしまうので
全員が揃うのは、もうちょっと先になりそうです。
社内も、少しずつ変わっていきます。もちろん発展的事情です。
事務処理もデジタル化が進んで行きます。超アナログ人間のYUZは、チト心配・・・・
でも一番後ろを必死についていきます!

先日、ゴールド免許保持者の友人が”駐車違反”を張られたらしく、怒り心頭で交番に駆け込んだ
ところ応対にあたった警察官が年配の方で話を聞いてくれて又、色んな話をしてくれ入った時と
正反対の気持ちで帰れたそうです。
そんな、テレビドラマの人情警官みたいな方が実際いるんだなとYUZは思いました。
決まりは決まり、いくら自分では正しいと自信があっても間違いは間違い以外の何者でも
無いのです。いわゆる世間の常識と言うやつです。
見つからなければ、違反をしても罰則は無し。友人の様に初めてしかも5分と駐車して無くても
見つかってしまうと、それは間違いなのです。
人間誰しも自分が正しいし自分中心に世界が動いている訳ですから、他人からダメだしを
食らう事は怒り心頭になってしまいます。
しかし、ここで他人から”ダメだし”を出されると言う事自体、前出の世間の常識と違うんだ
と認識をしなければならないとYUZは思います。
大変難しい事では有りますが、ここで認識するか、しないかで自分が発展するか否かの
分かれ道になる可能性が大です。

”緑”に見える信号も、常識では、”青”赤”黄”。それは”青”なのです。




ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ


最新記事