ノーリフトとマニュアルトランスファー

2009年07月31日 00:05

こんにちは!
キッシンジャー雅人です。

皆さんは、ノーリフトとマニュアルトランスファーって何か知っていますか?

7月28日(火)げんき塾ゆずりはにて、ノーリフト(持ち上げない介護)とマニュアルトランスファー(移動・移乗用具)の講習会が開かれました。
講師は、ゆずりはの福祉用具担当の宮本氏でした。

P1020059.jpg


はじめに、日本の看護・介護の現場の実情…腰痛などに悩まされる人が非常に多い。
北欧の看護・介護の現場の実情…持ち上げる「移動」、「移乗」の方法は原則として、行ってない。腰痛に悩まされる人は少ない。
今回は、北欧などで広く普及している「移動・移乗技術」についての紹介である。
この方法は利用者が自ら動くことを手助けし、介護者に負担をかけないように考案されている。

3つの基本原則として

①人間の自然な動きの活用
②荷重と摩擦の原理
 移動、移乗の際に発生する荷重摩擦の把握とその軽減。
③ボートの原理
 滑りやすい素材を身体の下に入れ体重を移動させる。


実際に介助を行う際、これら3つの基本原則を考えながら行うことが大切である。

P1020061.jpg

スライディングシートを使って移動してもらう。
P1020078.jpg
身体を動かすときの摩擦を軽減させることにより、かなり楽に動かすことが可能でした。

ベット上の移動
P1020074.jpg

P1020087.jpg

車イス上の座位姿勢の調整
P1020088.jpg

スライディングシートやスライディングボードを使うことで、摩擦が軽減でき、介護者の身体への負担を少なくすることが出来るという事がわかりました。

次回もあるそうなので乞うご期待です!!!

それではまた!
キッシンジャー雅人でした。
スポンサーサイト

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

元気高齢者のために、麻生太郎氏発言を考える

2009年07月30日 00:05

久々に。。。
YUZUおやじのたゆたふ日記

先日コメントを寄せていただいた、
YAMADA様のブログページを拝見させていただきましたところ
7月25日横浜市で開かれた日本青年会議所の会合における
麻生首相のあいさつについて書かれた記事がありましたので、
ちょっとお題を拝借いたします。

麻生首相の発言は確か。。。


「日本では65歳以上の元気高齢者が多い。
65歳以上の方は10人に2人の割合で、
そのうち介護を必要としないひとは8割以上である
この元気高齢者がもっと働ける仕組みを作れば
あまり遊びに興じない大変勤勉な世代なのだから
税金の受給者ではなく、自律した一個の納税者として
社会保障の問題の幾ばくかを解決出来うる存在になるかもしれない
暗く貧しい施されるばかりの存在から脱却し
活力のある明るい高齢者が支える社会。
尊厳ある高齢社会の創造を目指そうではないか。」


という内容であったと思います。
YUZUおやじ にはこの要旨が何故避難されるのかよく分かりません

ゆずりはが運営する、短時間デイサービス、
げんき塾のモットーは
まさにこの発言に類するものです


ゆずりはのゼネラルアドバイザーである
神戸常盤大学柳本有二教授は講義の中で、著書の中で


「65歳以上が高齢者と位置付けられる根拠としては、
100年以上前、1880年ごろのドイツにおいて
ビスマルクが、高齢者専用住宅を作り、その入居条件を
65歳以上に定めたのが始まりではないか」と仰っておられます。
その頃ドイツでは65歳以上の割合が7%を越えた頃だそうです
まだ、日本では自由民権運動に始まり、伊藤博文が初代総理大臣となり
大日本帝国憲法が発布された明治初期時代の話です
「男女共に長寿国家となった、現代の日本にそのような古の法則を、
当てはめること自体に無理がある」と主張されています
そして更に
「日本の高齢者年齢は80歳だと思います。
65歳から80歳までは、まだまだ社会で活躍できます。
それは社会と関わる活動という意味です。
そしてその間にしっかり子供を育てる環境作りをすれば
少子化問題解決の糸口もあるのではないでしょうか」
と書かれています。

65歳はまだまだ高齢者とはいえません
尊厳を持った高齢者社会を築き、
ずっと歴史の舞台で活躍できる国づくりを期待します
というか、「日本介護予防党」で打って出るか?

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

柳本先生 in 奈良

2009年07月29日 00:05

こんにちは!
キッシンジャー雅人です。


7月25日(土)奈良県にて、奈良ゾンタクラブ20周年記念事業「ゾンタ女性大学」の講師として、柳本有二教授がお招きされましたので、私も行ってまいりました。
題目は「100歳まで歩くことのできる自分を目指して」
残念ながら、鹿を見ることは出来ませんでしたが… (泣)

P1010969.jpg


奈良ゾンタクラブとは、1989年日本で23番目に設立され、世界で1267番目のクラブとして認証され、現在会員数38名で活動を行われているそうです。
国際ゾンタとしての世界レベルでの活動に加えて、地域社会への奉仕として様々な独自の活動を行われています。

(目的)
◆世界レベル、地域レベルで奉仕を提供すること。
◆女性の法律的、政治的、経済的、教育的、健康的、職業的地位を改善すること。
◆企業経営者や専門職の人たちの世界的な友好を通して理解、親善、平和を推進するために働くこと。
◆正義と万民の権利と基本的自由の尊重を推進すること。
◆世界的に団結し、高い倫理的基準を養い、奉仕事業を実施し、自分たちの地域社会、 国、全世界に奉仕する会員が互いに助け合い、友情を深めること。

(具体的な活動内容)
*留学生へ奨学金・図書カードの贈呈
*留学生をお茶会に招き文化交流・ホームステイのホスト
*いのちの電話へ支援金
*ナラノヤエザクラの保存運動…10周年記念事業
*福祉施設(ならやま会・ひかり園・かかしの家等)に支援
*福祉施設社会福祉法人長命荘(生駒)…福祉カー贈呈<15周年記念事業>
*市立奈良病院 小児科病棟へ…絵本と玩具を寄贈
*環境問題への取り組み…大和川クリーンキャンペーン
  アクリルたわしの普及(毎年3月8日のローズデー/イベント時配付)
*和歌山ゾンタクラブ設立・奈良万葉ゾンタクラブ設立
*モンゴルへの支援
 ・日本語スピーチコンテストの開催
 ・女性自立のための技術“さをり織り”指導
 ・孤児院への医薬品支援他
*韓国 慶州ゾンタクラブ設立
*ゾンタ財団に寄付
*ユニセフ、ユニフェムに寄付
*モンゴル火災、スマトラ沖地震、トルコ地震等に支援

等々、様々な現場で活躍されているクラブです。

今回の講演の司会、松本 眞理子さんP1010908.jpg

会長の泉谷 智恵子さん
P1010909.jpg

そして、柳本有二教授
P1010912.jpg

いつもながら、参加型の講演で参加者達も時には真剣に、時には笑いも交じりながら聞いておられました。

P1010955.jpg
P1010966.jpg


講演が終わった柳本先生が一言。
「あの圧倒的なパワーというか空気をはね返すのに必死でした!」
外から見ている私でもそのようなものを感じることが出来ました。
参加者の皆様の内側から出る氣を感じたのでしょうか?

最後は皆で記念撮影!
はい!ポーズ!
P1010973.jpg


お疲れ様でした!
P1010970.jpg


それではまた!
キッシンジャー雅人でした。

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

笑ってコラえて!見逃された方のために

2009年07月28日 00:05

結構宣伝が行き届いていたので、
見逃した方はおられないと思っておりましたが。。。。


では、どうぞ

笑ってこらえてH210722


ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

累犯障害者-獄の中の不条理- 山本譲司著 新潮文庫 2009/04

2009年07月27日 00:05

YUZUおやじの今週の1冊

累犯障害者-獄の中の不条理- 山本譲司著 新潮文庫 2009/04
002.jpg

ドキュメンタリー番組で最近放映されたものを偶然目にしたため
興味を持って調べて行き着いた書籍であります。
2006年9月にハードカバーで初版されていたものは、
たまたま在庫薄の次期だったのか入手できなかったのですが
待望の文庫版が出版されたとの報を聞き注文しました
手元に届くや否や一気に読みました
道路で轢かれた子猫を見たような、憂鬱な気分の残る内容でしたが
先にテレビで予備知識が入っていたためか随分緩和されていた気がします
累犯障害者という言葉は実在しません、
そのように定義される類の障害者も存在しません
累犯を犯すのは何も障害者に限ったことではないからです
ただ刑務所が緊急避難的施設の代わりに使われているのは
今に始まったことではありません
YUZUおやじが子供の頃過ごした低所得者を多く内包する環境では、
生活保護世帯とアルコール依存症や、薬物中毒、国籍問題などの
社会的リスク依存が複雑に絡み合って生きることに四苦八苦していました。
前に、「衣食足りて礼節を知る」という言葉について書いたことがありますが
まさに「貧すれば鈍する」であると思います
彼らを取り巻く背景は厳しく、健常者のそれとは比べようもないでしょうが
これは生物としての本能であり、起こるべく現象として捉えるべきではないでしょうか


参考までに発刊時の筆者コメントを、抜粋して掲載しておきます



私は、見てしまったのだ。彼ら「累犯障害者」の存在を知ってしまったのである。
日本の刑務所には、知的障害や身体障害など、社会的ハンディを抱えた受刑者が数多く収容されていたのだ。ところがその事実は、これまで一切伝えられてこなかった。新聞・テレビの大手メディアは、世間を騒がす事件であっても、犯人が障害者だと分かった途端、報道自体を自粛してしまうからである。
日本のマスコミは、努力する障害者については、美談として頻繁に取り上げる。もちろん、それも障害者の一つの姿であろう。だが一方で、健常者と同じように、罪を犯す障害者もいるのだ。
 障害者が起こした犯罪――。確かにこれは、マスコミにとって、センシティブな問題であるかもしれない。容疑者の障害を公表すれば、障害者は事件を起こしやすいという、あらぬ誤解と偏見を社会に与えてしまう恐れもあるだろう。しかし、障害者による犯行だからといって、その事実を社会から消し去ってしまっていいのか。結果、罪を犯した障害者は、この社会にはいない者として捉えられ、世の中から排除されているのだ。
毎日たくさんの障害者たちが、福祉とつながることもなく、ネットからこぼれ落ちてしまっている。そして、やっと司法という網に引っかかり、刑務所で保護されているのだ。これが、日本の刑務所の現実、いや、日本の福祉の現実だった。いまや、刑務所の一部が福祉の代替施設と化してしまっているのである。
「こんな人たちを刑務所に押し付けられても困るんだが……」
 刑務官たちも、障害者への処遇には苦慮していた。結局、獄中での障害者は、福祉的視点でケアされることはなく、ただ薬漬けにされているだけだった。周りの受刑者からもネグレクトされていた。それでも彼らは、出所後、またすぐに刑務所に戻ってくる。
 ある日、障害を抱えた受刑者の一人が真顔で語った。
「俺ね、ずっとここで暮らしてもいいと思っているんだ。これまでの人生で、刑務所の中が一番暮らしやすかったから」
 私は彼の言葉に、強いショックを受ける。
福祉の現場にいると、彼ら障害者にとって日本という国がいかに生きづらいかが、見えてくる。福祉から見放され、その挙げ句、ホームレスになる障害者やヤクザの鉄砲玉になる障害者、さらには売春婦になってしまう障害者などなど、一般社会の中で居場所を失った障害者たちと数多く出会ってきた。そんな彼らの最終的な行き場所が、刑務所となるのである。
 一方で私自身、加害者になる障害者よりも被害者になる障害者のほうが何十倍も多いということも分かっている。しかしこの本では、「触法障害者・虞犯障害者」と呼ばれ、福祉関係者から敬遠されている人たちのみを取り上げ、彼らが犯罪に至る経緯を追いかけてみた

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

柳本 有二の秘伝 二十三

2009年07月26日 00:05

毎週日曜日
100歳まで歩ける体力をつけるため、
また正しい姿勢で健康にすごすため
ゆずりはのゼネラルアドバイザーである、
神戸常盤大学柳本有二教授が提唱する
運動の数々を「柳本有二の秘伝」として
ご紹介いたします。
監修は、柳本先生の教え子であリ、
げんき塾の運動責任者のキッシンジャー雅人がお届けします。


第二十三回 「ラダートレーニング9」

第9回「シャッフルラン」



様々な動きを、考えながら身体を動かすことで、同時に脳もトレーニングすることが出来ます。
最近の研究では、身体を動かせば脳も活性化するということが徐々にわかってきました。
ラダーの線を踏まないように、気をつけながら足を運んでいきます。
最初は難しいですが、慣れてくれば速く出来るようになってきます。

それではどうぞ!



R-09


ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

経験

2009年07月25日 00:05

こんにちは!
キッシンジャー雅人です。


今回は「げんき塾」に来てくださってる利用者様のお話です。

その方(Nさん)87歳の男性の方で、非常にお話好きな方です。
いつも沢山お話をしてくださるのですが、今週は戦争時代の頃のお話でした。

Nさんはトラックの運転部隊だったそうで、外地を運転されていたそうです。
捕虜にされて殺されかけたこともあるそうです。
当時23歳だったといわれていたので、今のキッシンジャーと同じ世代です。
日常生活で殺されるなんて考えたことありません。
でも、その時の経験があるから今の自分があるんや、よく言われます。

学校に行って、教科書で習った時は、つい、何十年前にそんな事があったなんて、信じられませんでした。
実際に体験した方にお話を聞かせていただくと、恐ろしいぐらいリアルで、少しだけ信じられました。
なぜ少しだけかというと、やはり自分が経験しないと、本当の恐怖はわからないというのが本音です。
人の話を聞いて、その人の気持ちがわかるという人がいます。
それは、間違ってはいないと思いますが、全部を理解しているわけではないと思います。
(生意気なこと言ってすいません…)

しかし、このようなお話を実際に高齢者の方から、自分の耳で聞くことが出来るということ事態が非常に貴重なことだと思っています。

核家族が増えているこの時代、今の子供達は、高齢者と触れ合う機会が非常に少なくなってきています。
若者と高齢者が触れ合う機会がもっと増えることを願っております!
そうなればもっとよい世の中になることでしょう!!

それではまた!
キッシンジャー雅人でした。

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

松本看護師の娘さんがTV出演されました

2009年07月24日 00:05

7月22日(水)
ウェルネスコアインストラクター(WCI)養成講習会 講師である
松本容子さん(有限会社うみのほし 看護師)のご家族が
テレビ出演されました。

番組は日本テレビの1億人の大質問!?笑ってコラえて!
所ジョ-ジさん司会の人気番組です
出演は、青山由紀さん(26)、松本看護師の娘さんです
赤ちゃんの旅コーナーでタイトルは
「ガンと闘う父親に初孫を見せたい!驚きの分娩法で挑む初出産」です

<あらすじ>
青山祥平さん由紀さんは学生時代に知りあって結婚した
とても仲のいいご夫婦です。
そんな2人に待望の妊娠の報せがありました
由紀さんのご尊父は、それをとても祝福し喜びます
ご尊父は、自分が過去にバスの運転手だったことから
ミニチュアのバス模型を揃えて孫の出産を待ち望んでいました
しかし、初めて授かった命は、子宮外妊娠でありました
ご尊父は傷心の娘を慰め、励ましておられましたが
実は自分もガンに冒され苦しんでいたのでした
そして不幸にも、
ついに孫の顔を見ることなく他界されてしまいました
その後、由紀さんは子宮外妊娠を繰り返すことなく無事妊娠、
順調に進行してゆきます
ソフロロジー式という呼吸法に特徴のある
分娩法を取り入れて出産に挑みます
そのかいあって、超・超・超安産で出産を果たします
退院して真っ先にご尊父の霊前に報告に訪れ
「お父さんの生まれ変わりと思う。」と感謝を述べます
そして、ご尊父が用意されていた、バスの模型を手に持たせ
急いで母の松本看護師を呼んでその姿を見せます
松本看護師は微笑みながら
「これでバスに乗って届くでしょう」とおっしゃいます。

PDVD_016.jpg
こちらの愉快なご夫婦の物語です

PDVD_020.jpg
「あ~出た」って。。。分かりやすい表現!

PDVD_024.jpg
出たのはこの娘です。うまれたてです。生誕5秒

PDVD_031.jpg
こんにちわ!紗瑛で~~~す

PDVD_036.jpg
お父さんのご霊前にご報告

PDVD_056.jpg
嬉しそうな松本看護師



祥平さんと由紀さんから
娘の紗瑛さんにメッセージです

PDVD_061.jpg

紗瑛へ
私たち夫婦の所に
生まれてきてくれて、ありがとう
紗瑛が生まれるまでは
ドキドキしてましたけども
生まれてきて本当に
すごくうれしかったです
力強い、たくましい子に
育ってください!!
紗瑛という名前は
私(由紀)が決めました
紗瑛の紗は
きめ細やかにという意味と
瑛は元気に、おおらかにという
意味を込めて付けました
名前の通りに元気に
育ってくれたらなと思います!


PDVD_076.jpg
しっかりバスを握り締めています。将来は女運転手か?

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

宝塚市介護保険事業者協会 平成21年度 第1回運営委員会が開催されました

2009年07月23日 00:05

昨日、7月22日(水)
宝塚市市役所、3階研修室において
宝塚市介護保険事業者協会
平成21年度 第1回運営委員会が開催されました

運営委員会とは協会長及び副会長
介護保険事業者協会内にある各分科部会の部会長と
専門委員会会長、運営事務局
宝塚市介護保健課の約15人で組織されるもので
協会の運営方針や、年間行事の内容等を討議し決定する機関です
会合は2ヶ月に1回開催されます
YUZUおやじも、
福祉用具住宅改修部会の部会長を仰せつかっている関係上
運営委員会の末席に加えていただいております

前回は5月に予定されていたのですが、インフルエンザの騒動で延期され
事実上、今回が今年度第1回目の開催となります

今回の議題は、
協会内の緊急連絡体制について
報告討議は
介護を考える市民フォーラムについてでした

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

第12期WCI養成講習会

2009年07月22日 00:05

こんにちは!
キッシンジャー雅人です。


7月18日(土)、うみのほし大久保にて、第12期WCI(ウエルネスコア・インストラクター)養成講習会がありましたので、私もお手伝いに行ってまいりました。

私は、「うえるねす・コア21」事務局長の伊藤先生、「大阪体育大学」教授、林信恵先生、「いきいき工房つかしん」所長、日高先生の講習を受けさせていただきました。

まず、伊藤先生は体力測定の方法、注意点について実技を交えながらされました。

P1010621_convert_20090721184832.jpg
伊藤先生の貴重なショットです。

P1010607_convert_20090721184432.jpg
手伸ばしテスト(もうちょっと伸びるかな~?)

P1010612_convert_20090721184554.jpg
脚筋力テスト(頑張りすぎると腰が…汗)

伊藤先生は、体力測定をするうえで、最も大切なことは安全性だとおっしゃっていました。





次に、林信恵先生の授業です。
P1010628_convert_20090721185008.jpg
正座からスタートです。

P1010642_convert_20090721185118.jpg
しかし、授業が始まれば動く動く!!
終わった頃には皆さん汗だくでした。


特に印象に残ったことが、「自分の身体を通して他の人の身体を知る」ということです。
「以心伝心」は「以身伝心」だとおっしゃっていました。
身体を以って相手に伝えるということだそうです。





日高先生は認知症についてお話されました。
P1010652_convert_20090721190259.jpg

認知症は病気であるという認識をもつ大切さや、接し方等、熱心に講義して下さいました。




講習会が終わると懇親会でした。

P1010681_convert_20090721185303.jpg

準備中の松本看護師(左)とボランティアの長谷川さん(右)

この後、キッシンジャーの記憶がなくなったのは、言うまでもありませんね(笑)

それではまた!
キッシンジャー雅人でした。


ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

柳本先生から灘丸山公園にてノルディックウォーキングのレクチャーを受けました

2009年07月21日 00:05

先日ちょっと時間に隙間が出来たものですから
とても眺望すばらしき、灘丸山公園にて
“AJTA”でおなじみの片岡先生
“キッズ元気くらぶ“の鈴木先生 YUZUおやじ の3人が
柳本先生から、ノルディックウォーキングのレクチャーを受けました
ほんの20分程度で、超初級編といったものでした。
YUZUおやじは不器用なせいか、手足の連携が上手くいかず
ちぐはぐになってしまい、必要以上に腕の筋肉を使っている様子でした
上腕三頭筋(二の腕の裏側、続に振袖と呼ばれるたぷたぷした所)が痛かったです
本気でやれば、随分な運動量が得られることは間違いなしですね
新しい企画を興さねばなりませんね


CIMG2698-01.jpg
神戸が全て見渡せるすばらしき展望!

CIMG2701-01.jpg
まずは柳本先生がお手本を示します、さすが颯爽と風を切って行きます

CIMG2705-01.jpg
片岡先生も、颯爽と。。。。。。

CIMG2706-01.jpg
コケる!。。。。。。残念!!

CIMG2710-01.jpg

トレーニングの後、公園からほぼまっすぐ坂を下った
くだんのインドカレー店“DesiChai”にて
たらふく、呑んで喰っていたしました

CIMG2717-01.jpg

余談ですが
灘丸山公園の紹介はまた後日いたします、
それだけで記事が1本書けてしまいますので
出し惜しみしておきます

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

「THE MISSING PIECE MEETS THE BIG O」, Shel Silverstein (原著)

2009年07月20日 00:05

YUZUおやじの今週の1冊

「THE MISSING PIECE MEETS THE BIG O」, Shel Silverstein (原著)
BIG+0-1_convert_20090719155224.jpg

始めてこの作品に触れたのは中学生になったばかりの頃だったと思います、
どうしても周囲と上手く調和できなくて、いつも浮いた存在だった私は
一人で出来ることばかりを探していました
それは、時に音楽であったり、文学であったり、描画でありました
そんな頃、文章を投稿していた同人会で知合って、
私に文章の書き方の基礎を教えてくれた先輩の部屋でこの作品と出会いました。
あれから幾度となく読み返しておりますが
そのたびに、何かヒントを与えてくれる貴重な作品です

主人公ではいびつな形をした小さな欠片です。
角張った形をしているため自分では転がることが出来ません
いつか自分の形に合う隙間を持ったパートナーが現れて
自分をその隙間に収めてくれたら、くっついて、どこへでも連れて行ってもらえる
そんなことを夢見て、路傍の石として過ごしていました
出会いがあるたびにアピールをして、隙間を互いに補えないかと試してみるのですが
上手く収まることはありませんでした
ある日、欠けた部分のない“ビッグオー”という球体に出会います
“ビッグオー”は欠片に言います
「君と共に歩むことは出来ないけれど、君一人でならば、前に進めると思うよ」
欠片は驚いて言い返します
「僕は角張った形をしているから、自分では進めないんだ」
“ビッグオー”は
「君は、そう自分で思っているだけで、進めるかどうか試したことはないのだろう?」
「角はいつか取れて、丸くなっていくものさ、形は変るのさ」といって去ります
欠片は暫く考えた後、バタンバタンと不器用に動き始めます
ゆっくりゆっくり、そしていつの間にか、ころころと転がる角の取れた存在になります

「自分が変化していこうと努力すれば、自分を取り囲む環境もおのずと変化していく
周囲の環境を変えようとするのではなく、自分が周囲に合わせられるようにしよう
他人を当てにしても思うように事は運ばない、結局は自分力が肝心なのだ、」
とかなり強烈に意識させられた作品です
原著を自分なりに訳したメモが挟んであります。
今読むと、随分と誇張した表現の意訳が多くて、恥ずかしいです。

ちなみに、この作品の本意は、
ままにならない男女の仲をモチーフにしたものだそうです。
YUZUおやじは、少々鋭敏に読みすぎたのかもしれません
しかしながら、私が絵本を好んで読むのは
シンプルに煮詰められた文体や、絵の中から
自分なりの解釈が出来ることにあるからなのです
Howto本では得られないものがここにあります。


日本語訳された
「ビッグ・オーとの出会い―続ぼくを探しに 」倉橋 由美子 (翻訳)が、
講談社から出版されています。もし興味のある方はこちらをどうぞ。
またこの作品の前部にあたる「僕を探しに」という作品もあります
この作品は今現在の私に必用なエッセンスが含まれていると思っています
あわせてどうぞ、

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

柳本 有二の秘伝 二十二

2009年07月19日 00:05

毎週日曜日
100歳まで歩ける体力をつけるため、
また正しい姿勢で健康にすごすため
ゆずりはのゼネラルアドバイザーである、
神戸常盤大学柳本有二教授が提唱する
運動の数々を「柳本有二の秘伝」として
ご紹介いたします。
監修は、柳本先生の教え子であリ、
げんき塾の運動責任者のキッシンジャー雅人がお届けします。


第二十ニ回 「ラダートレーニング8」

第8回「開閉ジャンプ」



足を開いたり、閉じたりしながら進んでいきます。
両足ジャンプの開閉バージョンなのですが、やってみると結構しんどいですよ。
前回と同じで、少し激しい動きになりますので、膝の痛い方や腰痛のある方は決して無理をしないでくださいね
それでは、どうぞ!




R-08


ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

任侠ヘルパー

2009年07月18日 00:05

こんにちは!
二日続けてキッシンジャー雅人です。

今週でようやくうっとおしい梅雨も明け、晴れの日が続いていますね。
梅雨の時期、湿気でえらいことになっていた私の天然パーマも、少しはマシになることでしょう(笑)

さて、今回はドラマの話なのですが、皆さんは毎週木曜夜22:00~放送されている任侠ヘルパーというドラマをご存知ですか?

あの国民的アイドルSMAPのメンバーであります、草薙剛さんが主演を務めるドラマです。
先週、第一回目が放送され、「平均視聴率17.5%、瞬間最高21.1%」の好調スタートだそうです。


闕芽侭蜑媽convert_20090715183942




<あらすじ>

指定暴力団「隼会」の支部に所属する翼彦一(草剛)は、部下達と共に振り込め詐欺で生計をたてていた。
ある日、彦一を含む若い衆6人は、大幹部である鷹山源助(松平健)の命令で、敵対する鷲津組のシマのど真ん中にある老人介護施設「タイヨウ」で、次期幹部の座を賭け「介護ヘルパー」として働くことに。
最初は介護なんてと見下していた彦一たちであったが、悪戦苦闘するうち徐々に心境に変化が・・・。


という感じなのですが、これが結構面白いです。
普段あまりドラマを見ない私ですが、最後まで見てしまいました。
極道介護というあまりにも接点がないような部分に惹かれたのかもしれませんね。

もちろんドラマなので、実際の介護現場とは異なる部分もあるでしょうが、それでも、将来を見据えた「介護施設ドラマ」だと思います。
是非今回、若い人たちに関心が持たれ、ヘルパーを志す人が増えていくことになればいいですね。


それではまた!
キッシンジャー雅人でした。


ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

兵庫県介護福祉士会阪神ブロック研修会

2009年07月17日 00:05

こんにちは!
キッシンジャー雅人です。

7.12(日)、オアシス千歳にて兵庫県介護福祉士会阪神ブロック研修会があり、そのプログラムの中に、柳本有二教授の講演会がありましたので、キッシンジャーも勉強に行ってまいりました。
題目として、「介護予防~高齢者と運動のいい関係を作るコツ~」というものでした。

P1010523_convert_20090716183624.jpg


また、尼崎にある「いきいき工房つかしん」の所長であり、ウエルネスコアインストラクターでもあります、日高先生によるチューブやタオルなど身近な道具を使って行う、介護予防運動も行われました。

P1010561_convert_20090716183845.jpg

まず、柳本有二教授の100歳になっても元気で生きるために!!という内容の講演が行われました。
「介護予防とは何か?」ということから、「高齢者における運動の目的」、「認知症の本当の意味」等々、様々な角度からお話され、その中でも特に気になった話があります。
それは、高齢者の運動指導をするうえで、大切なことは具体的な目標を持っていただくこと。
まずは、小さな目標から。
少しずつ最終的な目標につなげていくことが大切だ
とおっしゃっていました。
やはり、明確な目標があれば、それに向けて運動を継続していくうえでの一つの動機付け
になるのではないでしょうか。

約二時間に渡り、講演され、聞きに来られていた方も真剣に耳を傾けておられました。

P1010542_convert_20090716183505.jpg

後ろにキッシンジャーが写っていますよ(笑)




ちなみにキッシンジャーは講演の中で、脳トレとして腕の入れ替え後出しジャンケン
をさせていただきました。
皆さん楽しそうにやってくれていたと思います。

次に、少し休憩した後、日高先生による、実技が行われました。
明日からすぐ現場で活かせる」運動をたくさん紹介していただきました。
まず、骨盤底筋(尿道や肛門を締めるときに働く筋群)を鍛える運動を紹介されました。
これで、尿失禁を防ぐことが出来ます。

チューブを使って行う運動も紹介されました。

P1010587_convert_20090716184001.jpg


チューブを使うとバーベルのような初動負荷(最初に負荷のピークがくること)がかかる運動と違って、終動負荷といって最後の方に負荷がかかるので、高齢者の方には非常に安全で効果的だそうです。
すなわち、一気にドーンとくるような負荷ではなく、じんわりと負荷をかけていくのがチューブ体操の良い所ですね。

効果があって面白い!運動継続にはとても大切なことですよね。
やはり楽しくないとなかなか続かないようです。
フィットネスクラブでも約半年程でかなりの方が辞められるそうです。
ある程度、目的意識を持って取り組まれる方は良いのですが、ただなんとなく、という方はなかなか難しいようです。

また、音楽による雰囲気作りも大切だとおっしゃっていました。
運動をしようという気にさせるような、アップテンポな音楽をかけることで、やる気をおこさせることが出来るそうです。
最後に椅子に座ったままでも、立ったままでも出来るダンスを教えてくださいました。

P1010606_convert_20090716184504.jpg


皆さん笑いながら、でも真剣に取り組まれておられました。
日高先生の指導はとてもわかりやすく、合間に笑いを入れながらされていて、本当に勉強させていただきました。

参加者(約40名程)の皆様も満足して帰られたと思います。
また、機会があれば是非ともしていただきたいです。

それでは、また!
キッシンジャー雅人でした。

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

第2回宝塚市民フォーラムの準備委員会がありました

2009年07月16日 00:05

昨日7月15日、宝塚サービス公社2Fレクレーションルームにて
「第2回介護を考える市民フォーラムIn宝塚」  の
準備委員会が開かれました。

今回の議題は
作品展への出展募集チラシと
当日の来場を促すチラシの素案を検討しました

今回の特別講演は、紆余曲折の結果
ゆずりはの ゼネラルアドバイザー である
神戸常盤大学柳本有二教授となりました
講演テーマは、
“介護予防、認知症予防”
「100歳まで歩ける老後のためにちょっといい話」
です

メイン会場は、
 「腕自慢、技自慢作品展」と題して
文化作品の展示を行います。 

作品の出展は、色紙大、または短冊であればで基本的に、何でも受け付けます
俳句・短歌は短冊をご使用ください
貼り絵・ちぎり絵・絵手紙・写真等は色紙に収まるサイズでお願いします
ただし内容は高齢者にまつわるテーマで、原則返却いたしません

詳しくは、8月中旬に配布のチラシをご覧下さい
宝塚市安倉西2-1-1
社会福祉法人 宝塚市社会福祉協議会
市民フォーラム係まで、ご応募くださいませ

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

柳本有二教授講演報告「第73期神戸市民大学講座」

2009年07月15日 00:05

7月7日(火)兵庫県庁前にある、兵庫県民会館にて
ゆずりはのゼネラルアドバイザー
柳本有二教授
「誰もが健康な老後を過ごす未来を作る」
というテーマで講演されました

内容は大変デラックスな構成で
1。 先生の講義
2。 3次元加速度センサーを用いた歩行時姿勢測定と矯正、
3。 うえるねすコアインストラクターによる脳トレ、健康体操の実習
4。 ポール形クッションを用いてのストレッチ指導と
てんこ盛りのとってもお得な内容でした


1.jpg
皆さん食い入るように真剣です。
講義内容に「おぉ!」「へェ~」と声があがります。


12.jpg
会場からモデルさんをお願いしての加速度測定です
矯正後は見違えるように改善していました


32.jpg

27.jpg
うえるねすコアインストラクターの片岡さんと鈴木さん
もの凄いパワー!ノリノリです!!


67.jpg
先生も輪に入ってストレッチ指導です

神戸市民大学講座とは1968年の創設され、
1984年に兵庫県教育委員会より
財団法人として認可された団体だそうです。
これまでに講演された方は、名だたる錚々足るメンバーです。
詳細はホームページでお確かめ下さいませ。
http://www.kobe-cc.or.jp/

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

平成21年度宝塚市老人クラブ連合会「山の家研修会」

2009年07月14日 00:05

うえるねすコア21の事務局長伊藤様より
柳本有二教授の講演に同行した報告がありましたので
伊藤様の情報を少し脚色して掲載いたします。

場所は、大阪府池田にある、川魚と山の幸料理の老舗温泉旅館「不死王閣」
主催は宝塚市老人クラブ連合会で136名のであったそうです。
宝塚市の老人クラブは108グループあり,総勢7000名を越える大組織です
今回は,各グループの会長・副会長が集まっての平成21年度研修会でした

開会の挨拶・祝辞紹介に続き先生の講演です
テーマは
“いきいき歩いて健康づくり「100歳になっても元気で生きるために!」”
006_convert_20090712141100.jpg

008_convert_20090712141320.jpg

講演の後、連合会が7つのブロックにわかれて情報交換が行われ
「老人クラブが行う健康づくり」というテーマで発表がなされました
柳本先生は講評をされていました

014_convert_20090712141356.jpg


少し休憩、天然温泉にゆっくり使ってリラックス。
残念ながら、入浴シーンの写真はありません
ファンの皆様ごめんなさい m( _ _ )m

そして、お待ちかねの懇親会です
すごいパワー!!
女性からは,何か御利益があるかのように握手と名刺を求められ写真撮影会へ・・・
男性からはお酌の嵐・・・
中には「グラスが空になるまで注がない」という荒手まで現れ,
まるで結婚披露宴でよく見る「いじられキャラの新郎」状態でした
柳本先生はカラオケ対決を挑まれ「天城越え」をまさに熱唱されました

017_convert_20090712141437.jpg

012_convert_20090712141553.jpg

良い仲間と、美味しい料理と、豊かな自然と温泉と、
とてもよい講演会でした。

講演時はメモを取られる熱心な方が多く,
何か掴んで帰ろうという意識の高さを感じました.
ちなみに先生の著書は完売いたしました!

不死王閣は,柳本先生が小学生の時に ご家族で来られ,
鮎釣りなど思い出の場所だそうです.
先生曰く
「親父は,まさか息子がここで講演することになるとは思ってもみなかっただろうなあ」
と感慨深げでした.

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

商いの原点 江戸商家の家訓に学ぶ 著:荒田弘司 すばる舎 06年8月

2009年07月13日 00:05

YUZUおやじの今週の1冊

商いの原点 江戸商家の家訓に学ぶ 著:荒田弘司 すばる舎 06年8月
akinai

表題にある、家訓は企業では、社訓であり、
企業理念や行動の規範に置き換えられるものです。
会社が何を求めて、どこへ向っていくのか
明確な羅針盤を分かりやすく明文化して示すことにより
意識の方向付けをなし、心のベクトルを同じ方向に向け
一致団結を促すことが出来やすくなるように思います。


ある伊丹の施設では、毎朝の朝礼で、
モットーとスローガンの唱和を義務付けたそうです。
YUZUおやじのような昭和テイストで体育会系な者にとっては
至極あたりまえの光景ですが、
福祉の世界に身を置く方たちにとっては
少なからずカルチャーショックだったのではないでしょうか?

しかしこの企業理念から発する方向性が希薄なために、戦術と戦略を履き違えたり
一時的な運営手段を経営目的だと勘違いしたりという間違いが多発してきます
これは、起業の、ムリ・ムダ・ムラに直結し、費用対効果を著しく損ないます
経営は、その起業独自の哲学がなくては機能しません
それは起業が向かい風を被り苦しいときにこそ実感します。
そして何とか難を乗り切ることが出来たときに、
その経験から構築するのが良いのではないかと感じます。


おかげ様で、ゆずりはも起業から満10年を経過いたしました。
ただただ、何も分からないまま、前へ前へと
がむしゃらに進んできた結果であります。
これもひとえにお客様のご理解と暖かい支えがあってこそと
心より感謝いたす次第でございます。
今後もより一掃のご厚情を賜りますよう、お願い奉ります。


老舗起業の家訓
アイディアは顧客満足のために使え―「越後屋」三井家の訓え
義を尽くしてこそ家は栄える―「大丸」下村家の訓え
本業から逸脱するな―「キッコーマン」茂木・高梨家の訓え
ビジネスの中に倫理を持て―住友家の訓え
自他の利益を図るべし―「高島屋」飯田家の訓え
事業の行き先に国家を見よ―「三菱」岩崎家の訓え
8割で暮らして2割は貯蓄―安田家の訓え
世代を超えた連携プレイ―「松坂屋」伊藤家の訓え
商いは社会との関わりを大切に―近江商人の訓え

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

柳本 有二の秘伝 二十一

2009年07月12日 00:05

毎週日曜日
100歳まで歩ける体力をつけるため、
また正しい姿勢で健康にすごすため
ゆずりはのゼネラルアドバイザーである、
神戸常盤大学柳本有二教授が提唱する
運動の数々を「柳本有二の秘伝」として
ご紹介いたします。
監修は、柳本先生の教え子であリ、
げんき塾の運動責任者のキッシンジャー雅人がお届けします。


第二十一回 「ラダートレーニング7」

第7回「両足ジャンプ」



今回から少し激しい動きになりますので、膝の痛い方や腰痛のある方は決して無理をしないで下さいね。
無理な動きをすると痛めている箇所をさらに痛めてしまう恐れがあります。
このような、ある一定の負荷をかけてあげることで、骨粗鬆症の予防にもつながります。




R-07




ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

眠りの不思議

2009年07月11日 00:05

こんにちは!
キッシンジャー雅人です。

日々過ごす中で、年々暑くなってきているなぁと感じる今日この頃ですけれども、皆様は、最近、夜眠れないと感じることはございませんでしょうか?

今回は眠りについて興味深い記事があったので、少し省略して、ご紹介させていただきたいと思います。

眠りに関して悩みを抱えている方は多いと思いますが、眠りの専門家によれば

・ 日中3回以上眠気を感じる。
・ 目覚ましより30分以上前に目が覚める。
・ 目をつぶって30分以内に眠れない。


というチェック項目の内、1つでも当てはまったら不眠の可能性があるそうです。
眠りの悩みの中で多いのが「起きられない」「眠りが浅い」「寝付けない」の3つ。
これについて専門家は「起きられない」→「朝起きたらすぐにカーテンを開け、日光を浴びる」
起きたときの血行を良くするグーパーエクササイズ等をオススメされています。

さて、皆さんは、一つでも当てはまったでしょうか?
ちなみに、キッシンジャーは1つ「目覚ましより30分以上前に目が覚める」が当てはまっています…(泣)

また、「寝だめ、食いだめはできない」というのが世の常識かと思いきや、「スリープクリニック調布」院長の遠藤拓郎氏は寝だめは出来ると述べている。

院長曰く、「慢性的に平日が睡眠不足だという人は、週末に睡眠のコアタイムである23時~朝7時を中心にして睡眠時間を延長し、睡眠時間を確保すると十分体力が回復される」とのことです。

さらに同院長は、「理想の睡眠時間」として「90分の倍数」を推奨し、「レム睡眠とノンレム睡眠の周期が90分のため、4時間半、6時間、7時間半がよい」とも述べています。

この記事を読んで驚きもあり、試してみようかなというチャレンジ精神も湧きました。

このキッシンジャー日記を読んでくださった方も、眠るときに少し意識してみてください。
あんまりこだわりすぎると、それはそれで問題が生じるかと思いますが…
ほどほどに…


それではまた!
キッシンジャー雅人でした。

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

柳本有二教授、第13回日本ウォーキング学会こぼれ話

2009年07月10日 00:05

先日6月30日の記事でお伝えいたしましたが
6月27日(土)、28日(日)
第13回日本ウォーキング学会大会
国立オリンピック記念青少年総合センターにて
開催されました。
そこで
ゆずりはのゼネラルアドバイザー
柳本有二神戸常盤大学教授が昨年発表した
「認知症高齢者の3分間歩行が
脳の活性化におよぼす効果について
ー歩行前後の脳波比較からー」
が、
第五回日本ウォーキング学術賞「江橋愼四郎賞」を
受賞,表彰されました。

その学会において懐かしい出会いがあったそうです。
日本中を股にかけて活躍される柳本先生ならではですね

諱ゥ蟶ォ縺ィ02_convert_20090709102230
東京学芸大学名誉教授の波多野義郎先生との2ショット
波多野先生は,日本で一日一万歩運動を奨励された第一人者で、
柳本先生の恩師にあたる方だそうです


髟キ驥弱・莉イ髢薙→_convert_20090709102311
野沢温泉の仲間で,長野県健康運動指導士の諏訪さんと富井聖さん
長野の仲間は,来年のウォーキング学会で大挙して来てもらえそうだと
柳本先生は喜んでらっしゃいました

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

ステアチェアSC-3(サンワ)のレンタルが可能になりました

2009年07月09日 00:05

7月6日(月)
アビリティーズケアネット株式会社兵庫営業所(神戸市東灘区)において
可搬型階段昇降機安全指導員・機種別講習(実技講習)が執り行われ
ゆずりはからも2名が参加いたしました。
講習機種は株式会社サンワステアチェアSC-3です。

繧ケ繝・い繝√ぉ繧「SC-3_convert_20090708125930


受講生は4人、朝9時から13時まで規定の4時間
みっちり教育していただきました。


0003.jpg

0002.jpg
操作者としてはもちろん、介助される立場も分かるようにと、
乗り手、動かし手を交代しながらの講習です



これによって、ゆずりはにおいては
ステアチェアSC-3についてはレンタルが可能になり
この機種に限定した可搬型階段昇降機安全指導員が
2名配備されたことになります


ステアチェアSC-3は、クローラ式階段昇降リフトに分類される
安全制を重視した操作者の技量のばらつきが少ない機種です。
ただし、クローラと呼ばれるゴムのキャタピラ形状の駆動で昇降するため
本体が大きく、階段幅や踊り場のサイズなど制限が強めです。
しかしながら、エレベーターのない直線階段仕様の集合住宅などでは、
相当便利で、且つ安全が確保されると実感しました。

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

柳本有二教授 健康文化講演会報告

2009年07月08日 00:05

7月4日(土)兵庫県立文化体育館にて
健康文化講演会
「100歳になっても歩ける体力をつけよう」

が執り行われました
本来は5月に開催される予定だったのですが
インフルエンザ事件で7月まで延期されたものです。

会場は120人定員満員で
皆さん真剣に耳を傾けていらっしゃいました。

P7040042_convert_20090707105910.jpg
皆様が真剣だと先生も全開です。
P7040074_convert_20090707110135.jpg
壇上から客席に降りて指導します
後ろに若松氏とキッシンジャー雅人の姿も見えます
P7040082_convert_20090707110337.jpg
後半はもう汗だくです

当日は、遠方からご友人の方も駆けつけられて、
先生も元気100倍!
その話は、後日また


ちなみに本日は兵庫県民会館にて
神戸市民大学講座にて講演があります
その模様は、来週水曜日にアップする予定です

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

AJTA(All Japan TAmaire)

2009年07月07日 00:05

こんにちは!
キッシンジャー雅人です。


先日、県立西宮総合体育館にて、うえるねす・コア21主催のAJTA講習会がありましたので行ってまいりました。

最初にウエルネスコアインストラクターであり、AJTAの女子日本記録も持っておられる片岡先生から紙芝居形式の説明がありました。

P1010250_convert_20090706192134.jpg


そもそもAJTAとは何なのか?
わかりやすく説明されておりました。

AJTA
(All Japan TAmaire)
オールジャパンタマイレ

AJTAとは、直径6mのアジャタコートといわれる、円の真ん中に4m12cmの高さのバスケットがあり、そこに100個のアジャタボール(お手玉のようなもの)を入れ、タイムを競う競技です。
ただし、100個の内1個だけアンカーボール(通常のボールよりも少し大きめのもの)があり、それを最後に入れます。
よって、通常のボールを99個入れた後にアンカーボールを入れるということになります。

ちなみに、何故ゴールの高さが4m12cmかというと、AJTAは北海道の和寒町ので考案され、そこの最低気温が-41.2℃だからだそうです。

やり方


スタート準備

1、アジャタボールをサークル内に置く。ボールのつみ方は自由。アンカーボールは最後に入れるので、アジャタバスケットの下に置く。
2、サークルの外で後ろ向きに立つ。


P1010241_convert_20090706193554.jpg


開始

1、合図の音が鳴ったら玉入れ開始。
2、道具を使わなければ投げ方は自由。
3、試合前には必ず作戦を立てる。


P1010242_convert_20090706193723.jpg


フィニッシュ

1、99個のボールが全部入ったら、アンカーボールを入れる。
2、アンカーボールがバスケットの中に落ちるまでの時間が記録。


説明が終わると、即練習、即試合でした。

うえるねすコア21事務局長の伊藤さんが言われるには、「少しの練習ですぐにゲームが出来るところがAJTAのいいところとおっしゃっていました。

チームは、西宮スポーツセンターチーム  対  キャプテン瀬町先生率いるうえるねすコア+ホッとチーム(吹田市)の2チームに別れて練習、試合を行いました。
通常ルールでは6人制なのですが、この日は特別にプレイ人数を増やして、プレイさせていただきました。

最初は、かなり(5分以上)かかっていたタイムも最終的には、西宮スポーツセンターチーム(2分20秒)うえるねす・コア+ホッとチーム(2分56秒)に縮ませることができました。(女子日本代表チームの最高タイムは27秒

うえるねすコア+ホッとチームの瀬町キャプテンに感想を頂いたところ、「気持ちの面では負けていませんが、若さに負けました(笑)」ということでした。

片岡先生は、今回好評につき、定期的に行なっていければいいなとおっしゃっておりました。

私はというと、汗でだくだく。まさかあんなに運動量があるとは、思いもよりませんでした。
子供から大人まで様々な年齢層の方々が楽しめて、しかしその分、奥が深いスポーツだなと思いました。
ルールはシンプルでも味わい深い、そんな感じです。


それではまた!
キッシンジャー雅人でした。


ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

上方落語、桂米朝コレクション 1 -四季折々- 著:桂 米朝 筑摩書房 02/09

2009年07月06日 00:05

YUZUおやじの今週の1冊

上方落語、桂米朝コレクション 1 -四季折々- 著:桂 米朝 筑摩書房 02/09

beityo_convert_20090705164948.jpg

YUZUおやじは結構話し下手です。
ですから色々な話し方講座に参加してまいりました。
おかげさまで、接遇としての通り一遍はこなせるようになりました
管理職になった頃、“船場の商い言葉を学ぶ会“に参加いたしました
かつて大阪船場の問屋街で交わされていた言葉で、
今の関西弁とは違う浪花言葉とでも云いましょうか
はんなりとした、上品な趣のある言葉です。
もう、上方の古典落語の中でぐらいしか耳にすることもないのではないでしょうか。

落語は、話芸として、鑑賞するもので、読むものではないと
お叱りを受けるかもしれませんが、
古典落語となると普段使わない単語もたくさん出て来ます
漢字を見て、なんとなく感じを掴むほうが判り良いこともしばしばです。
例えば、
 「年寄りつかまえて仁輪加の相手さすのは殺生じゃ。べべが汚れるがな、
お手を上げなされ。これこれ、どんならんなぁ……」
 

このような短いセンテンスのなかにも「仁輪加」「殺生」「べべ」「どんならん」など
ちらほら、今ではあまり使わなくなった言葉が顔を出します。
また言葉だけでない、 「言い回し」「調子」も、
趣をかもし出すためにはなくてはならないものです。
特に旦那言葉などは、語調の硬い柔らかいを使い分けつつも
言うべき事を言って聞かすのではなく分からせるように運ぶ
とても難しい独特のリズムが必用だと思います。
しかしやはり落語は、聴いて感じるものです。
もし興味をもたれたらぜひ聴いてみてください。
YUZUおやじは、この本に収録されている「百年目」という話が大好きです
くだりの、旦那が番頭を気遣いながらも諭す場面では
その内容と深さにしびれ、調子と言い回しの妙に泣きそうになってしまいます。
この話の旦那さんのようになりたいとずっと思って励んでおりますが
いやはや、なんとも、いささか。。。。。

落語については、一家言あるのですよ、こう見えて(^^)


ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

柳本 有二の秘伝 二十

2009年07月05日 00:05

毎週日曜日
100歳まで歩ける体力をつけるため、
また正しい姿勢で健康にすごすため
ゆずりはのゼネラルアドバイザーである、
神戸常盤大学柳本有二教授が提唱する
運動の数々を「柳本有二の秘伝」として
ご紹介いたします。
監修は、柳本先生の教え子であリ、
げんき塾の運動責任者のキッシンジャー雅人がお届けします。


第二十回 「ラダートレーニング6」

第6回「後ろ歩き」


 後ろ向きで歩くことで、お尻の筋肉「大臀筋」やふくらはぎの「ヒラメ筋」を鍛えることができ、歩行の際の重心移動に役立ちます。

後ろ歩きのトレーニングにより、指摘されてもなかなか改善しなかった歩き方の悪い癖が自然に矯正されていく効果もあります。

まず後ろに何もないことを確認してください。
次に、脚を後ろに引き、膝を伸ばして後ろ歩きします。
そして、つま先から着地し、母趾で地面を蹴って後ろに歩きます。
太もも、お尻に力が入っていることを意識して、ゆっくりと体重移動します。

後ろ向きで、最初は足を揃えて、慣れてくれば普通に歩いてみましょう。




R-06




ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

子供の現実

2009年07月04日 00:05

こんにちは!
キッシンジャー雅人です。


今週はようやく梅雨らしくなった気候とでもいいましょうか。
雨…雨…雨の毎日でしたね。そして、降ったりやんだり、降ったりやんだり。
どちらか一方にして欲しいものです(笑)

さて、今回は最近の子供のことについてお話させていただきます。

先日、とある公園の前を通った時、何か違和感を感じました。

公園に子供がいるのはいるのですが、手には携帯用ゲーム機(恐らくニンテンドーDS)…

友達どうしで横にいるのはいいのですが、ゲームに夢中で、全く会話なし…

延々とピコピコピコピコ…

「子供達よ!そんなんで楽しいのか!?」

最近こういう光景をよく目にする気がします。

「ゲーム機が友達か!?友達は目の前にいるやないか!」と言いたくなります。

もちろん、みんながみんなそうではないし、元気いっぱいに走りまわっている子
もいます。
ゲームをすることを全否定する気もさらさらありません。

しかし、小さい頃の友達との触れ合いの中で、様々な遊びをすることは、とても大切な事だと思います。

鬼ごっこでも、ドッヂボールでも何だっていいんです。

要は、遊びを通じて、体力を付けることも出来ますが、何よりコミュニケーション能力を養うことが出来るということです。

それではまた!
キッシンジャー雅人でした!!

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

勉強会(株式会社松永製作所)6/2

2009年07月03日 12:53

“ゆずりは”では、不定期ですが、月に数回
メーカーや、取次ぎの協力を得て
商品勉強会を開催いたしております。

今回は、7月2日(木)
車椅子メーカーの株式会社松永製作所
ご協力を賜り、社内研修を開催いたしました。
ティルト&フルリクライニングが可能な、“エリーゼ”や
自動ブレーキ装置“立ち止まり君”など紹介していただきました


01.jpg

02.jpg


機器の詳細は、企業のホームページにてご確認ください
http://www.matsunaga-w.co.jp/

勉強会への参加をご希望の方は
お電話か、直接営業の者にお申込下さい
ご案内は、ブログにて行います。

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

宝塚市介護保険事業者協会・平成21年度総会

2009年07月02日 00:05

6月25日(木)14:00より
宝塚市市役所大会議室において
宝塚市介護保険事業者協会・平成21年度総会
執り行われました。

011.jpg
挨拶のため壇上に立たれた、川勝陽一会長


宝塚市介護保険事業者協会とは、
宝塚市において介護保険法に基づく事業を実施する事業者が集まり、
市民のみなさんのニーズに合った良質なサービスを安定して提供できるよう、
サービスの質の向上や適切な情報の提供をめざして設立した団体で
以下の活動を行っています。

1、介護保険サービスを円滑に提供するため、情報収集を行い、
相互の情報交換や連携づくりを進める
2、介護保険の制度やサービスの利用、協会に加入している事業者の紹介など、
広く情報提供を行う。
3、サービスの自己評価や苦情への対応など、
安心できるサービス提供のための研究を進める。
4、サービスの質の向上を目指し、研修会や学集会を行う。
5、安定した制度運営や健全な事業経営をめざし、事業の安定化の研究、
介護保険制度の課題などについて検討、協議していく。


03.jpg


総会の後、記念講演として
ターミナルケア、ホスピスケアに造詣の深い
神戸市灘区にある関本クリニック院長
関本雅子先生
在宅ホスピスの現状と課題についてお話しくださいました。
実際の現場で起こる様々な出来事を交えて、
生々しく実況された現実は
これからの近未来における、ガン患者を取り巻く社会が
大変厳しいものであると予感せざるを得ない
内容であったように感じました。
また、在宅看取りを迎えるにあたっての心構えなども
説いていただき、大変勉強になりました。


021.jpg


YUZUおやじ は、今年度も
福祉用具・住宅改修部会の部会長を重任いたします。
どうぞ宜しくお願いいたします。



ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ


最新記事