ケアステーション ゆずりは 定例ミーティング

2017年07月25日 08:18

7月23日(日) 10:00~ 事務所2階 休憩室にて
ケアステーション ゆずりは 定例ミーティング が開かれました。

今回のテーマは 『 排泄ケアについて 』

8_20170723131416d02.jpg

先月6月24日に神戸で開かれた『排泄ケア』のセミナーをもとに
資料や実技を交えて行いました。

 「排泄」 「入浴」 「食事」  この3大介護の中でも

《排泄介護》は ⇒ ご本人の尊厳に関わる介護  介護者の心と体の負担が重い介護
                              
                 ご本人、介護者のQOLに最も影響する介護

と言われています。

神戸でのセミナー参加時にも感じたことで、排泄ケアを適正に行うかどうかで
その方の身体状況を左右する、そのことを皆に伝えるのに資料を作成しましたが
上手く伝えきれたかどうか・・・・・? です。

7.jpg

2_2017072313061422f.jpg
         

後半は実技でおむつの充て方を行いました

9_2017072508213330e.jpg

5_20170723131148edc.jpg


普段、毎日のように排泄ケアを行っていれば慣れた手つきで行えますが
しばらくオムツ介助のサービスが遠ざかっていたりすると
手順を忘れてしまっていたり四苦八苦します。

普段の反復練習が必要ですね。

最近では各種メーカーがオムツの充て方の動画やイラスト付きの資料で
ホームページ等で丁寧に紹介しています。


こういうアイテムを利用して技術を習得することも
時代に沿った勉強方法かもしれません。


4_20170723130617abf.jpg
* 8月から制服がリニューアルします。
   今着てる制服が拝見できるのもあとわずかです。



スポンサーサイト

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

【第6回 医療と介護連携を語る会】 に行ってきました。

2017年07月21日 05:47

平成29年7月20日(木) 午後6時~ 伊丹シティホテル 3階 『光琳の間』 にて

【第6回医療と介護連携を語る会】

が開催されました。

今回は3つの講演

1, 「地域包括ケアシステムの深化・推進について」
    ・自立支援に資する介護予防ケアマネジメント
    ・在宅医療・介護連携推進事業
                       伊丹市健康福祉部地域連携室
                        介護保険課  課長 田中 康之 氏

2, 「訪問看護ステーションの現状と役割」
                      伊丹市訪問看護ステーション 黒岩美奈子 氏

3, 「ロコモティブ症候群」
                       森口整形外科 院長 森口 和哉 先生

その後、懇親会が行われました。


IMG_5877[1]_convert_20170721051129

1, 「地域包括ケアシステムの深化・推進について」
      
介護保険の現状、今後取巻く状況、地域包括ケアシステムの構築、
在宅医療・介護連携の今後の展望等を行政側からの視点で説明して頂きました。


地域包括ケアシステム
介護予防ケアマネジメントの強化
在宅医療の推進
・・・

これらのワードは左脳の片隅に擦り込まれるくらい
介護セミナーに参加するたびに耳にします。

小さな力(地域)レベルで高齢者を支える

浸透するにはまだまだ時間がかかりそうですが、少しでも前進していきたいものです。

IMG_5878[1]_convert_20170721051054

2, 「訪問看護ステーションの現状と役割」

伊丹市訪問介護ステーションの仕事の流れを通して
訪問介護の必要性を説いて頂きました。

医療・介護

   生命・健康・寿命を延ばす
        ↓ ↑
     生活を支える
        ↓ ↑
     死に寄り添う


講演中のスライドをそのまま引用させて頂きましたが
現代は医学の進歩によって寿命も延び
その分家族の方が介護に携わる時間が長くなっています。
” 老老介護 ”この言葉が日常化してることがそれを象徴しているように思えますが
“ 在宅で介護をしていく不安 ”は家族の方には計り知れない
それを少しでも寄り添って不安を解いていく・・・
そういう役割も訪問看護師にはあるんだなと感じました。

それは、訪問介護にも同様な事が言える訳で・・・



3, 「ロコモティブ症候群」

ロコモティブ症候群とは・・・
骨・関節・筋肉など体を支えたり動かしたりする運動器の機能が低下し、要介護や寝たきりになる
危険が高い状態を言います。

人生の最後まで元気に自分の足で歩く事
・・・誰もがそうありたいと願うことだと思います。

その為にはやはり常日頃から運動をすること(運動習慣)を身に着けることが大事です。

以下にロコチェックを掲示します。
一つでも当てはまれば 『ロコモ』 の疑いがありますよ !!


4-1[1]



IMG_5879[1]_convert_20170721050951


ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

ケアステーション ゆずりは    『腰痛予防推進研修会』に行ってきました。

2017年07月08日 18:30

平成29年7月7日(金) 
神戸市にある総合リハビリテーションセンターにて開催された

『腰痛予防推進研修 ~管理監督職のための雇用管理改善策~』

に行ってきました。
 
IMG_5730_convert_20170708182653.jpg

講師は 森ノ宮医療大学 
保健医療学部 理学療法学科   教授 上田 喜敏 氏 

日本の腰痛ケアの現状から法令、指針、対策、腰を痛めない安全な作業の実技
まで幅広く講義をして頂きました。

IMG_5735_convert_20170708182934.jpg

・日本のケアの腰痛状況
  日本の介護労働状況は未だに 介助作業=きつい から脱却できず
  先進諸国の中で十分な対策が出来てなくむしろ遅れている状況です。
  介護士・看護師で70%の方が腰の痛み(腰痛)を訴える調査報告が有り
  現に腰痛による労災の申請が製造業や運送業に比べて保健衛生業が断トツで多い。
   
   何故か? ⇒ 介護業界では積極的な設備投資がなされていない事が一つして挙げられます。
     
     例えば物流業にしてもコンビニで後ろから持ち手を持って乳母車みたいに押す台車から
     背の高いかご台車を押す運送業者をを見かける事が多くなった気がしませんか?

     例えば生産ラインで立ったまま背筋が伸びた状態で作業を続ける従業員の映像をニュース等で
     見かけたりしませんか?

     他の産業は従業員の安全確保や作業効率向上のために設備投資は当たり前なのに対して介護労働の
     職種だけ積極的な設備投資がなされていないのが現状です。

・安全な介助のためのリスク評価
      介助者にとって腰や肩に係る身体的負担や急な動きや回旋によるぎっくり腰等のトラブル
      ⇒慢性的な疲労による精神的ゆとりの消失 
     
      ⇒介護の質の低下
  
   腰痛をはじめ体が不調なまま介助をすると余裕がなくなり質が低下し介護者にも負担をかける事になります。

     ベッド上の介助中に介護者を移動させるときに引きずったり、車椅子からベッドの移乗で
     ズボンを持って引き上げたりすると床ずれの悪化や発生を助長することになります
     これは介護の質の低下=虐待を意味するそうです。
     
IMG_5736_convert_20170708182841.jpg

  他にも盛りだくさんの内容で講義していただきましたが
  個人的な見解ですが先生が一貫して伝えておられたのが

   今までの人力での介助や介護技術にも問題があり
              ボディメカニクスで介助作業腰痛は妨げない


  だったように感じました。


  介助で使うエネルギーが人間自体の能力を超えており
  今後、介護労働需要が確実に増えない中で介助者を守ること
  手作業から機械化(福祉用具)を進めていき且つ適正な介護技術を習得することが
  重要だと感じました。

  福祉用具屋でありながらそれに配慮できていないのが恥ずかしい限りです。

   
 
 
  
    
  
     


ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

ケアステーション ゆずりは  告知です

2017年07月07日 00:31

平成29年7月6日 (木) 
天候がはっきりしない日が続きますが 皆さん体調は崩されていませんか?

今回は2つの告知があります。

伊丹市では昨年から福祉の人材不足の解消に取り組む為
介護保険課と事業所が一体となって
『 人材確保検討委員会 』 を立ち上げ定期的な会議を行ってきました。

私も微力ながら会議に参加させて頂いてますが
今回、初めての活動で8月20日(日)、27日(日)にイベントを行うことになりました。

タイトルは『キッズケアいたみ』

4_20170707023831e23.jpg

車いす体験 、 看護師体験 、 歩行介助体験 、介護ロボット体験 


子供たちに 介護の仕事を体験して頂き
子供たち、保護者の方たちに福祉、介護について興味を持って頂きたいそんなイベントです。

20日はイオンモール伊丹 、 27日はイオンモール伊丹昆陽 で開催します。

夏休みの終盤に差し掛かる時期ですが
子供達の勉強、自由研究の場として
お子様、お孫さんを連れて是非足を運んで見て下さい。


そして、もう一つ。

弊社がファミリーサポーターとして協賛している Jリーグ『ヴィッセル神戸』
大物外国人選手が入団してきました。

名前は ルーカス・ポドルスキ 

  E3839DE38389E383ABE382B9E382ADE38389E382A4E38384E4BBA3E8A1A8.jpg


ドイツ代表として歴代3位の130試合に出場し
ヨーローッパの強豪チーム バイエルンミュンヘン 、 アーセナル 、 インテル ・・・
でプレーしていた選手です。

恐らく今後、彼が出場するだけでスポーツニュースで取り上げられる、それほどの選手です。
サッカーに興味がなくてもポドルスキは目にする機会が増えることでしょう。
そして、開幕当初は上位にいましたが最近は負けが続いて
18チーム中11位に低迷しているヴィッセル神戸をきっと救ってくれると思います。

是非、皆さんこの選手に今後注目してください!

6_2017070702383470a.jpg 5_20170707023832d25.jpg
 【 頑張れヴィッセル! 頼むぞ ポルディ (ポドルスキの愛称) !】

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

ケアステーションゆずりは  『HOT!ジョブミーティング&相談・面接会』 に行ってきました。

2017年06月30日 00:20

ケアステーション ゆずりは  就職相談会
               平成29年6月27日(月)  10:00~  会場ハローワーク 伊丹



梅雨の合間の快晴の中 ハローワーク伊丹で
福祉の仕事 就職相談が開かれました。

今回は私達 「ケアステーション ゆずりは」、 「株式会社 ケアマインド」 、「社会福祉法人 ヘルプ教会」
の3事業所が参加しての相談会でしたが、
昨年、初めて参加させて頂いたときは
求職で参加された方10名程でしたが今回は倍近くの方が参加され、
それも5月からハローワーク伊丹で「福祉人材コーナー」を設置されたことで
潜在的に関心や興味のある方がご来場頂いたのかと勝手な見解をしております。


IMG_5690[1]_convert_20170630002050



IMG_5683[1]_convert_20170630001953                       
相談会の前に各事業所10分の持ち時間でプレゼンを行ったのですが
私の出番は1番最後で他の事業所様の素晴らしいプレゼンを聞く度に緊張度が増してきました。

内容は会社の説明ともちろんスタッフの募集の呼びかけなのですが
ただ単に呼びかけをするのではなくて私なりの解釈で必要性をPRさせて頂きました。

【以下当日私が伝えたかったことです】

日本は高齢化が進んでいる。
        ↓
2025年には65歳以上の高齢者の方は 3657万人
2042年には 3878万人でピークを迎える。
        ↓
高齢者が増加するのにその方たちを支える若年層は比例して伸びない
        ↓
生産者側の若年層の割合が少ないと社会保障費の財源が確保できない
        ↓
一定の財源の中で増え続ける高齢者の方を支えていくには
 医療費、介護保険サービスを見直す必要がある。
        ↓
病院での医療から医療、介護、地域が一体となって
 高齢者を支えていく“地域包括ケアシステム”の構築
それには在宅でのサービスの充実が必要
        ↓
在宅生活をサポートし地域にも情報提供が出来るヘルパーが必要

IMG_5682[1]_convert_20170630001925

この連鎖的な思考が正しいか正しくないかは別として
在宅生活を支える、QOLの向上を提供できるのがヘルパーで
仕事の質も上げていかないといけないと感じています。

価値ある仕事に少しでも共感頂ける方がいらしたら
是非 『ゆずりは』で在宅ヘルパーで働いてみませんか?

*ちなみに緊張してしまいスライドも2枚ほど省略してしまい
  充分に思いを伝えられたかどうか?



ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

ケアステーション ゆずりは   研修会に行ってきました in 神戸

2017年06月24日 19:14

平成29年 6月 24日 (土)
明日からは雨が降り出すという天気予報通り あいにくのどんよりとした曇り空の中

今日は神戸市の福祉交流センターで
有限会社 悠豊(ゆうほう) 堺谷 珠乃 氏 講師による

プラネット関西 研修会
  『笑顔になれる排泄ケア  ~おむつの選び方とつけ方【基礎編】~』 


が開かれました。
今回、私達 訪問介護スタッフから5名参加したのですが
とても勉強になる実のある3時間だったと感じました。

1_20170624191246e6d.jpg


2_2017062419124780f.jpg

噂には聞いておりましたが、
講義スタート時から受付で手渡されたテープ止めの紙オムツとパッドを装着して (ズボンの上からですが)
着用されている方の気持ちになって話を聞きました。

参加されている方は福祉用具を販売している方、病院、施設で働いている方、ケアマネージャー
訪問介護ヘルパー・・・等、多職種でもちろん一般の方々よりもオムツの知識がある方ばかりですが
実際に着用されている方と言うと皆無に近く今回実際に履いてみて
使用されている方の気持ちをズボンの上からではありましたが少しばかり寄り添えた気がしました。

・ 一緒に食事をする 、 一緒に着替える 、 一緒に寝る 、一緒にお風呂に入る、 一緒に排泄する・・・?
 『排泄』は他人とは一緒に出来ない行動。 だから他人の排泄は知らない。
と言うことは自分のやり方が正しいとは思えないし、
そう考えると自分都合の排泄介助はしてはいけないのです。

排泄を快適にして頂くためには
その方に合わせたオムツ選び、正しい装着を提供する事、
また現在オムツ以外の排泄用具も増えてきているので
それを併用することでより快適さであり介護者の負担も軽減されて行くんだと思います。

安易に提供した排泄用具によって不具合が生じそれによって
精神的不安や体調の悪化、褥瘡リスクの高まり ・・・  命が短くなることもあると聞いて

たかが オムツ されど オムツ

不謹慎な言い方かもしれませんが
私達がサービスを提供させて頂いてるお客様は私達のサービスの提供の仕方によって
快適になって頂くことも出来るし、その逆も私達のサービスで促すことになる・・・・

責任も感じますが大変やりがいのある貴重な仕事に携わっているんだと改めて感じたような気がしました。

6_2017062419221531a.jpg5_2017062419221442d.jpg




ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

ケアステーション ゆずりは 定例ミーティング

2017年06月18日 15:04

平成29年6月18日(日)
梅雨入りしても一向に雨が降らない日が続いてますが
今日は毎月第三日曜日に行っている定例ミーティングの日です。

今回のテーマは《感染症について》

これから夏にむけて食中毒をはじめ衛生管理にいつも以上に気をつけないといけない時期になってきました。

そこで今回は皆さん、施設介護職員と想定して御利用者が施設内で嘔吐された時の対応(嘔吐物処理)
を動画を鑑賞した後で実技を交えて研修を行いました。

嘔吐物処理に必要な事
・スタッフへ声掛けをする。
・利用者を避難させる
・嘔吐者を介抱する
・換気を行う
・嘔吐物を処理する。


施設では常時必要備品の確認、設置場所等スタッフが周知する必要があります。

6_2017061813370151b.jpg  


8_201706181337049c8.jpg

手順を二つに分けてまず ①[物品の準備~嘔吐者の介抱]  を行いました

 ・嘔吐者以外の方の避難 → ・換気、三点セット(手袋、エプロン、マスク)の装着、消毒液の準備 
  → ・嘔吐者の介抱 → ・嘔吐物の上に新聞紙をかぶせる → ・嘔吐者の着替え、誘導
  → ・嘔吐物が付着した衣類の処理 → ・嘔吐者の誘導後の手洗い

ここまででも流れを覚えることに大変です。

5_20170618133703072.jpg


4_20170618133700810.jpg


9.jpg

② [嘔吐物処理]

次に嘔吐物の処理です
 ・かぶせた新聞紙の上から消毒液に浸した新聞紙をさらにかぶせる →
 ・かぶさった新聞紙を静かに低い位置で持ち上げゴミ袋に入れる → ・飛散した嘔吐物をふき取る → 
 ・さらに嘔吐物を処理した場所に消毒液を浸した新聞紙をかぶせて10分ほど浸してウイルスを死滅させる → 
 ・かぶせた新聞紙をゴミ袋に入れ風通しの良いところに置いておく → ・よく手洗いをする

嘔吐された時はおおよそ目に見えない嘔吐物を含めて3mは飛散しているので
その区域を感染区域として清浄する必要がありまた感染拡大を防ぐためにも玄関(感染区域出入りする場所)を決めたり
装着物も( エプロン → 手袋 → マスク )の順に取り外すなど
一つ手順を間違うと感染を逆に拡大させる恐れもあるのでとても慎重で大変な作業です。

スタッフが数人いる施設でも役割を決めて行わないといけない作業ですので
私達、訪問介護ではもちろん一人での対応には限界があり事務所との連携、協力が必要です。

もちろん嘔吐者も介抱することが大事ですが、
感染を拡大させない為にもまずは自分の身を守ることがそれ以上に必要かもしれません。

皆さん、そのことを感じ取って頂き真剣に取り組んで頂きました。




ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

ケアステーション ゆずりは 定例ミーティング

2017年05月21日 17:24

平成29年5月21日(日)
今日は毎月第3日曜日に行われるケアステーションの定例ミーティングの日です。

本日の研修テーマは 『 介護職員の倫理 』 についてです




『倫理』 ・・・ ?何となくはイメージで頭で解っていても言葉で説明するとなると
なかなか難しいです。

辞書でそれぞれの漢字の意味を調べてみると
『倫』・・・人として踏み行うべき道   『理』・・・法則、原理、ものの道理
                     ↓

『倫理』 とは人として踏み行う道   道徳   モラル  の意味を表します。

社会人としてルールを守りながら、人格を形成し日々のコミュニケーションを築き上げることが
模範的な行動を行う倫理の基本と言えます。

私たちのような訪問介護職員は、単独で行動することがもちろん多く
意識や認識を統一する機会がなかなか難しい状況です。

事業所のモラルや倫理の質を高めるためには定期的に繰り返し
意思統一を図ることが大事だなと感じます。

IMG_5309_convert_20170521165333.jpg






ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

GWが始まりました。

2017年04月30日 00:00


昨日からGWが始まりました。
今年は最大で9連休もとれる企業もあり、天気も良い日が続きそうなので
街中が賑やかになりそうですね。



さて、このインパクトのあるチラシですが現在(と言っても4月30日までです)
JR伊丹駅近くの『アートホール 蔵』で 佐藤涼さんの個展が開催されています。
この方、青森にお住まいで脳性麻痺で手足に障害があり口に鉛筆や筆を加えて絵を描かれます。

会場には沢山の作品が展示されてますが、とてもそのような描き方で作ったとは思えないほど
繊細で力強い作品ばかりです。

縁があって昨年の9月に今回の個展を開くということで伊丹に視察に来られた時に
身の回りのお手伝いをさせて頂いたのですが、
今回も連絡を頂き個展の最終の2日間にこちらに来られるということで前回同様お手伝いさせて頂いてます。

遠方の方ですがこうやって覚えて頂いて声をかけて頂けるのは大変光栄な事だと思います。

GW.jpg

今日が最終日ですがご都合の良い方は是非足を運んで見て下さい。

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

ケアステーション ゆずりは  定例 ミーティング

2017年03月19日 16:21

平成29年3月19日 (日)
今日は毎月第3日曜日に行われるケアステーションノ定例ミーティングの日です。

本日の研修テーマは 『 安全確認トレーニング 』

??? ブログを愛読して頂いてる方はお気付きだと思いますが
2月13日(月) に弊社の社員で行った研修をヘルパー職員で行いました。

3_20170319160533fe8.jpg

今回は以下に素早く状況判断が出来るかを鍛えるべく
イラストを見て即座に皆が気付いた事を答えて頂きました。

2_201703191605367bd.jpg

事例1枚に対して大体3分位の持ち時間の中で々、気付いて欲しい答えと大きく外れる返答が
返ってきたりすることもありましたが徐々にスピードは早く、気付く視点もピントが合ってきて
計10事例の中で進行する度に皆さんの思考が慣れる様子が見て感じる事が出来ました。


1_2017031916053513c.jpg


ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ


最新記事