足立夫妻講演会~兵庫県明石市編~

2011年09月17日 00:05

こんにちは!
キッシンジャー雅人です。

先週のキッシンジャー日記でお伝えさせていただきました
宍粟市の講演会の後、兵庫県明石市の「うみのほし 大久保」という介護施設で
ゆずりはのゼネラルアドバイザーであります、柳本有二教授足立昭一、由美子夫妻の講演会が行われました。

宍粟市の時と同様に柳本教授が認知症のメカニズムについてお話されました。

P1110720.jpg

そして、足立夫妻による妻の由美子さんが昭一さんにインタビューする形式で講演がすすめられました。

P1110752.jpg

うみのほし施設長の西谷さんがお礼を言われました。

P1110758.jpg

講演後、うみのほしにて夏祭りが行われましたので
柳本教授、足立夫妻とともに楽しんでまいりました。

カラオケが始まると歌う歌う!!
決してマイクを離されません(笑)

P1110779.jpg

踊る踊る!!
P1110778.jpg

P1110766.jpg

二日間楽しく過ごさせていただきました。
昭一さん、由美子さんお疲れ様でした。

また、いつでも兵庫県に遊びに来てくださいませ!!

それではまた!
キッシンジャー雅人でした。
スポンサーサイト

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

足立昭一夫妻講演会~宍粟市編~

2011年09月11日 00:05

こんにちは!
キッシンジャー雅人です。

昨日ブログでお伝えさせていただいた通り
9月3日(日)兵庫県宍粟市にて開催されました講演会

「認知症とともに生きる地域を目指すフォーラム~みんなで取り組む認知症にやさしいまちづくり~」

会場準備の風景
P1110612.jpg

柳本有二教授
講演+コーディネーター「~地域作りの観点から~」

P1110624.jpg

まず、柳本教授より上記の題目で講演が行われました。
感覚的に人間の元来の感性や気持ちが感じられました。

足立昭一,由美子夫妻
講演「若年期認知症を生きる本人と家族からのメッセージ」


P1110684.jpg

今回も妻の由美子さんが昭一さんに質問をしながら講演を進めるスタイルで行われました。

台風12号の次の日ということもあり、お客さんの数も心配でしたが
全くもって問題ありませんでした。

スタッフも合わせると
なんと約250人!!

P1110645.jpg

お二人の「認知症」に対する思いがひしひしと伝わってまいりました。

最後はみんなで記念撮影!
にっこり笑顔で!はい!ポーズ!
P1110703.jpg

これは午前中の講演会の様子です。
午後からは兵庫県明石市に移動して講演が行われました。

明石の講演会の様子は、また来週お伝えいたします。

★おまけの一枚★

P1110621.jpg

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

足立昭一夫妻講演会~前夜祭~

2011年09月10日 00:05

こんにちは!
キッシンジャー雅人です。

去る9月4日(日)このブログでも度々ご紹介させていただいております
足立昭一夫妻の講演会が兵庫県宍粟市にて開催されました。

講演名は
「認知症とともに生きる地域を目指すフォーラム~みんなで取り組む認知症にやさしいまちづくり~」

私は、ゆずりはのゼネラルアドバイザーであります
柳本有二教授が講演会のコーディネーターとして参加されるとのことで
同行してまいりました。

前日より前乗りで行ったのですが、3日(土)は台風12号の影響でえらいことになっておりました。
車中、柳本教授がポツリと「俺が講演をするときはいつも雨だな~今回は台風だよ。ほんとに雨男だなぁ」
としみじみ言われておりました。
実際、柳本教授の講演会は雨の日が多く、前日どれだけ晴れていても講演会当日は雨。
この前の淡路の講演会も雨でしたし、伊丹での講演会では、なんと!警報が出て中止になりました。

さて、大きな道路規制もなくスムーズに宍粟市に到着し
夜は足立昭一夫妻とお食事をご一緒させていただきました

目を二重にして
はい!ポーズ!!

P1110610.jpg

講演会でのご様子は明日のブログにてご紹介させていただきます。

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

関西総合リハビリテーション専門学校~オープンキャンパス~

2011年09月03日 00:05

こんにちは!
キッシンジャー雅人です。

先日、淡路島にある
関西総合リハビリテーション専門学校にてオープンキャンパスがあり
特別公開講座として
ゆずりはのゼネラルアドバイザーである、柳本有二教授の講演が行われました

「100歳になっても歩くことのできる自分を目指して!」

P1110433.jpg

P1110436.jpg

姿勢の大切さを感じるために実際に立って、正しい姿勢を意識しました

P1110442.jpg

P1110443.jpg


専門学校は専門知識を学ぶ場所、大学は知りたいことをじっくりと学ぶ場所である
ということを強く言われておりました。
海外では、専門学校と大学が同レベルにあり
近年の日本も大学に行ってから専門学校で専門知識を学ぶという進路も多くなってきたそうです。
これにより、今まで以上の専門知識を持った、ホスピタリティのある学生達が多く成長し
日本もより良くなっていくのではないでしょうか!

次は、淡路観光もいいですね。

それではまた!
キッシンジャー雅人でした。

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

ゆずりは・ゼネラルアドバイザー、柳本有二教授(神戸常磐大)講演記録

2011年05月27日 13:39

ゆずりは・ゼネラルアドバイザー、柳本有二教授(神戸常磐大)講演記録

今週、ゆずりは・ゼネラルアドバイザー、柳本有二教授(神戸常磐大)が
大学の授業の合間を縫って、精力的に活動されている一部をご紹介いたします。

① リーガロイヤルホテル大阪・リーガクラブ講演

ri-ga001.jpg

ri-ga002.jpg



リーガクラブとはリーガロイヤルホテルが運営する
55歳以上の中高年を対象にした会員組織で、
楽しみながら自分磨きをすることがテーマに
原則週1回、幅広い分野から講師を招いての
講演会や食事とトークの会を開催されています

② 名古屋市老人クラブ連合会通常総会

nago001.jpg

nago003.jpg



ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

ゆずりはのゼネラルアドバイザー柳本有二教授(神戸常磐大学)が テレビ東京系の情報番組『たけしのニッポンのミカタ!』にビデオ出演されました。

2011年05月04日 10:00

ゆずりはのゼネラルアドバイザー柳本有二教授(神戸常磐大学)が
テレビ東京系の情報番組『たけしのニッポンのミカタ!』にビデオ出演されました。

PDVD_051.jpg


特集は、「楽して得するミカタ流歩き方!」
思わず散歩したくなる爽やかな季節が到来!最も身軽な運動として散歩をする人も多いが、実は歩き方によっては見た目の美しさも体の中も台無しにしている可能性が…!?さらに、無理して長く歩くよりも10分の楽な散歩の方が脳にとっては良いという、これまでの常識を覆す驚きの実験結果も明らかに!?今回は楽して得するミカタ流歩き方を提案します!
(番組ホームページより抜粋)
さて、柳本教授は、スタジオコメンテーターの谷英子氏(ウォーキングインストラクター)の「日本人は欧米人に比べ身体が歪みやすい歩き方をしている。その理由は世界共通のある“遊び”でわかる。」という指摘についての補足説明をされました。

PDVD_003.jpg

PDVD_028.jpg

PDVD_033_20110503111923.jpg

その“世界共通の遊び”とは“だるまさんがころんだ(初めの第一歩)”です。
この遊びは、いわゆる亜流の鬼ごっこなのだが、子は鬼が視界を隠し10文字程度の呪文を数えている間は動いても良いが、数え終わって視界を開いている間は静止していなければならないというのが原則的ルールである。
子は呪文の詠唱が終了すると同時に、動作に急な制動をかけピタッと制止するのであるが、この時の姿勢で歪みやすい身体かそうでないかを判断する。
静止した姿勢の時、体の上半身が骨盤に対してまっすぐで乗っているか、傾いているかを見た場合、日本人は欧米人に比べて明らかに上半身が後ろに傾いているということを実験で示します。
柳本教授はこの現象を踏まえ
「特に重い脳を含む上半身を支えるためには、背骨を骨盤に対してまっすぐに乗せることが重要です。骨盤と背骨の位置がずれると、脳が支えきれず負担が腰やひざに来ます。つまりは腰痛やひざの損傷につながることになります。」と提唱しました。

PDVD_038.jpg

PDVD_041_20110503111923.jpg



ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

柳本有二教授、丹波新聞に掲載内容

2011年02月17日 11:55

先日、(財)兵庫丹波の森協会 丹波の森公苑 文化振興部主催の丹波OB大学にて、
ゆずりはのゼネラルアドバイザー柳本有二教授(神戸常盤大学)の講演
(百歳になっても歩くことのできる自分を目指して)が催されました。
その模様が、丹波新聞に掲載されましたので。転載いたします。


片足立ちで骨を丈夫に ~体調あわせ健康作り~

丹波の森公苑で開設の丹波OB大学で、神戸常盤大学教授の柳本有二さんが「百歳になっても歩くことのできる自分を目指して」と題して講義した。
要旨を紹介する。
高齢になると、のどの渇きや暑さを感じるのが遅くなり、水分の摂取量が減る。夏でも冬でも、
こまめに水分をとることが大切だ。
おいしくて甘いものは、脳にとっもエネルギーをつくる上でも必要なものだが、とり過ぎると問
題。たとえば、500mlのジュースだと、3gのスティック砂糖が16本ほと入っている。注意して上手に飲むことだ。
 テレビやエアコンなど、家庭には平均11個のリモコーンがあるといわれる。リモコンは便利だが、そのため動かなくなった。リモコンを使わないで3時間、テレビを見てもらう実験をしたところ、リモコンがないと、1年間で平均2万歩ぐらい歩くことがわかった。小学生の子にこの実験をしてもらうと、30分ぐらいしないうちにキレてしまった。
 楽をすれば、どんどん楽な方に傾いてしまう。自ら動くという意識がないと、体は動かない。
 日本人の超肥満はごく少ない。我々の民族は、カロリーの少ないものを摂取してエネルギーをたくわえた。でも、今は、夏でも冬でも、食欲の秋の状態だ。太り過ぎはいけない。しかし、男性も女性もちょっぴりぽっちゃりのタイブは病気が少ないことがわかっている。
 日本女性の平均寿命は昭和20年代初めのころ、50歳だった。現代の平均寿命は86歳だが、閉経期は昔も今も50歳前後。昭和20年代のお母さんたちは、骨が弱くなる閉経期を迎えるころに天国に行かれていた。
 バレーボールに打ち払んでいる女性は、一般女性と比べ.て骨強度が高いというデータがある。足の骨への適度な刺激が、骨を弱くしないように作用している。
 骨を丈夫にするため、1分間、片足を上げて立つことも有効な運動だ。手を何かに添えていいので安全に気をつけてやってください。
 地域別の骨折発生頻度をみると、西日本の人の方が、骨が弱い。西日本は東日本に比べて納豆の購入率が低いことと照らすと、納豆のような食品が骨にいい作用をしているのだろう。しかし、肝炎ウイルスに感染している女性は、豆製品やイソフラボンは控える必要がある。このように健康づくりは誰もかれも同じではなく、自分の体調に合わせることが肝心だ。
 歩くだけで若返るには、大きく手を振り、つま先をあげ、お尻を少し突き出して歩くこと。いい歩き方をすると、認知症の予防にもなる。動かないと、脳も動かなくなる。
だから、自分の意思で動きましょう。        平成23年2月13日(日)丹波新聞

sinnbunn01.jpg


ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

柳本有二ゼネラルアドバイザー(神戸常盤大学)、ラジヲ出演報告

2010年12月28日 10:02

ゆずりはのゼネラルアドバイザーである柳本有二教授(神戸常盤大学)が
先週、12/24(金)のクリスマスイブに出演した 
ラジオ関西 「原田伸郎 のびのび金ようび」の模様が届きました

番組内容は、ノルディックウォーキングについてでした
姿勢の改善と認知症についての関係など
アカデミックな内容でしたが、
わかりやすく伝わりやすい内容だったと思います

ゆうじラジオ JPG


原田さんとゆうじ


原田さんとゆうじ2


原田さんノルディック指導
原田伸郎さんに、ノルディックウォーキングの実地指導も行ないました

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

第69回 日本公衆衛生学会総会報告-2 (10月28日一般演題)

2010年11月03日 16:46

平成22年10月27(水)~29日(金)にかけて
東京国際フォーラム会場にて
第69回 日本公衆衛生学会総会ガ開催されました。
ゆずりはのゼネラルアドバイザーである
神戸常盤大学の柳本有二教授と
岸本雅人(げんき塾ゆずりは管理者)によって
10月28日(木)一般演題の発表がありました。

「予防通所介護における運動の実際と評価」


CIMG3535-2.jpg
二人で息を合わせて発表されました
CIMG3546-2.jpg
黒山の人だかりです
CIMG3502-2.jpg
旅の疲れはマッサージ器のデモンストレーションで癒しました

【目的】
当施設は、介護予防として運動を展開している短時間デイサービス“げんき塾ゆずりは”です。(食事、入浴なし)。今回は、利用者71名(内訳:要介護者38名、用支援者33名、年齢60~95歳)を対象に運動内容及び利用者の身体的変化について検討を加えた。



ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

第69回 日本公衆衛生学会総会報告-1 (10月27日自由集会)

2010年11月02日 11:49

平成22年10月27(水)~29日(金)にかけて
東京国際フォーラム会場にて
第69回 日本公衆衛生学会総会ガ開催されました。

P1070106-1.jpg

P1070019-1.jpg

ゆずりはのゼネラルアドバイザーである
神戸常盤大学の柳本有二教授を中心としたメンバーによって
10月27日(水)18:30~自由集会が開催されました。

「第2回新しい介護予防を考える集い」

司会:柳本有二(株式会社ゆずりはゼネラルアドバイザー・神戸常盤大学)

A、介護予防の最前線
1、兵庫県伊丹市デイサービス「げんき塾ゆずりは」での介護予防運動
岸本雅人(げんき塾ゆずりは管理者)
2、王寺町介護予防事業「チャレンジ健康教室」の取り組み
 乾富士男・松本大輔(機央大学) 

B,兵庫県介護予防事業の取り組みと現状
長倉寿子(兵庫県介護予防支援委員会委員長)

C,新しい介護予防を考える
若松勝彦(伊丹市役所介護保険課)

P1070056-1.jpg

現在、介護予防は公衆衛生の観点からも喫緊の課題であり、
保険衛生行政を筆頭に種々の取り組みがなされているところである。
平成18年4月からは、新たに新予防給付や特定高齢者施策がスタートした。
しかしそれは、一定の評価ができる反面、
現場を中心として暗中模索の状態が続いていることも否定できない。
例えば、特定高齢者施策においては、
対象者の把握が行ないにくく対象者の把握が出来ても事業につながらない、
あるいは、例え事業につながっても卒業後の受け入れ先がないため
継続できない問題などが挙げられる。
次に新予防給付においては、
真に効果的なサービスを提供できる民間事業所が少ないことや
対象者自身に介護予防に対する認識や意欲がないこと、
あるいは、介護者やケアマネジャーなどに関わる側の
知識や技術などのスキル不足などが問題として挙げられる。
介護予防に関しては、一定の流れが構築されており効果的だと思われる。
しかし、
さらにどのようなスキルや知識を加味すれば現場でより効果的に展開できるのかが、
まだ確立されているとは言えない。
そこで今回の自由集会では、
種々の介護予防に関わる方々の意見や疑問などを話し合い、
効果的な介護予防の実現に向けた捉え方について検討を加えることを目的にした。

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ


最新記事