第4回  ゆずりは 定例研修会

2018年05月14日 21:10

2018年 5月14日(月) 18:00~ デイサービスげんき塾 にて

弊社では社員研修の一環で定期的にメーカー様をお招きして
福祉用具の知識を深めていってます。
他事業所の方にお声を掛けさせて頂くようになって今回で4回目。

DIPPER ホクメイ 株式会社 大前 猛 氏 を講師にお招きして

『体力向上で転倒予防~体力の維持・向上における福祉用具の必要性~』

というテーマで講話して頂きました。

1_2018051821031594b.jpg

支持基底面と重心の関連性から転倒のメカニズム

転倒は 身体因子(加齢、疾患、障害、薬物、治療 etc・・・ ) → 例えば 加齢による体力の低下、視力の低下・・・
      環境因子(衣類や移動補助具、歩行路  etc・・・) → 例えば 歩行路が濡れている、階段(段差)がある、
                                          歩行路の不整備など
の要因から起こることを説明して頂きました。
 

POINT: 抗重力姿勢を維持しつつバランスの安定化を図ることが重要



と前半は転倒についての仕組みと予防について話して頂いたんですが

後半はガラッと変わってちょっとしたエクササイズ!!

簡単なストレッチをした後に

肩甲骨を使った運動
椅子に座っての股関節の曲げ伸ばし
二の腕のプッシュアップ
脚を前後に大きく開いての上下運動・・・・・  


普段使わない体の部分を使っての運動に
参加された方々も少し辛そうな・・・?けど楽しくエクササイズが出来た様子でした。

5_201805182103209f6.jpg



2_20180518210315ac6.jpg

若いから転倒しないという保証は何もなくて、身体、環境因子が不備であれば誰にでも
転倒するリスクは潜んでいます。

そのリスクを軽減、回避するには体力を向上させたり環境整備に努める事が大事なんだと
身を以て体感(?)した研修でした。
スポンサーサイト

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

トライやる・ウィーク実施 3人の生徒たちがやって来ました!!

2018年05月13日 11:00

『トライやる・ウィーク』

・・・兵庫県が1995年の阪神大震災を機に中学生に働く場を見せて学習させようとする趣旨から
1998年度から実施されている職場体験です。


5月7日(月)、9日(水)、10日(木)、11日(金)の4日間にわたり
『ゆずりは』にも今回久しぶりに
伊丹市立南中学校から3人の生徒達がやってきてくれました。


1_2018051119593384e.jpg

時にデイサービスのスタッフとしてゲスト様と交流をはかったり
福祉用具のフロアでは多数の商品を見て触って学んで頂きました。

イメージの付きやすいものと違った車いすを試乗、操作して
驚き・関心を持ってくれた姿を見ると
レクチャーする側のスタッフも自然と顔がほころびます。


4_20180511195938d4b.jpg

2_201805111959353ec.jpg

この期間を通して3人の目線から福祉・介護の仕事はどのように映ったのでしょう?
もちろん弊社だけではなく様々な分野で福祉・介護の仕事が存在しますが
少しでも興味を持って自身の進路を決断する時に
この分野を選択肢の一つとして挙げて頂いたら幸いです。

5_2018051207510374d.jpg

追伸
事務所でパソコンに向かって仕事をしていると
デイサービスのフロアから聴きなれないテンポの速いピアノの音色♪
廊下越しに中を覗くと特技のピアノを奏でる生徒
さらにフロアを見渡すとメロディーに合わせて創作ダンスを披露する生徒の姿。

ゲスト様に楽しんで頂く為におもいついた
“彼等の最高のパフォーマンス“

世論とは違って最近の子供達ってたくましいんですね。


ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

第3回 ゆずりは 定例研修会

2018年04月15日 13:25

2018年 4月11日 (水) 18:00~ デイサービスげんき塾 にて

弊社では社員研修の一環で定期的にメーカー様をお招きして
福祉用具の知識を深めていってます。
他事業所の方にお声を掛けさせて頂くようになって
3回目を迎えますが

今回は
パラマウントベッド 弓崎氏 を講師にお招きして

『リフトによる移乗のコツ』

について今回は床走行型リフトを使って車椅子からベッドへの移動、
ベッドから目的地の移動を実技、実習を交えて指導して頂きました。

IMG_8193[1]_convert_20180415042443

リフトを使用する目的として介護者の負担を軽減し、
ご利用者様の安全で安心して移動することが挙げられます。

私自身も訪問介護員としてお客様の自宅でベッドから車椅子
車椅子からトイレの一連の移動を、床走行型リフトを使って
お手伝いさせて頂いたことがありますが
その時に一番気を使い難しいなと感じたのは
スリングシート(吊り具)の装着でした。
正しく装着できないと吊り上げている時に体が傾いたりして
利用されている方にも体の負担が出てきます。

IMG_8194[1]_convert_20180415042055


また車椅子やトイレに着座するときに的確な位置に座って頂くのに
例えば車椅子の前輪を浮かせ斜めにして
吊り上がっている姿勢と合わせることで着座したときに
深く座って頂くことができました。

リフトの介助ではそのようなちょっとしたコツが必要になりますが
今回の講義ではその部分を丁寧に教えて頂きました。

IMG_8191[1]_convert_20180415042358


4月19日(木)~21日(土)までインテックス大阪で
バリアフリー展が開催されますが今回教わったこのリフトのように
在宅での介護をサポートする福祉用具がきっとたくさん展示されているでしょう。

皆さん是非足を運んで見て下さい!!







ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

ケアステーション ゆずりは 定例ミーティング

2018年04月15日 12:32

平成30年4月15日(日) 10:00~  事務所 2階 休憩室にて
ケアステーション ゆずりは 定例ミーティング が開かれました。

今回の研修内容は 『 訪問介護システムの変更について 』

IMG_8209[1]_convert_20180415123831

ホームヘルパーの仕事として
お客様の在宅を支えるサービスはもちろんの事
訪問をした記録として【実施報告書】を記入します。

その報告書を電子化してお客様の情報を迅速に伝え
ヘルパーさん達のサービス提供に活用出来るようにと今回取り組むことになりました。

正直なところ今回の研修前はあまり反応は期待しませんでした。
というのも恐らく『今のままが良い』『面倒くさい』という批判が飛び交うのでは
小心な自分はそう決めつけていましたが、

いざ説明をしていくと『ややこしい』という声は案の定出てきましたが
みなさん、四苦八苦しながらも携帯片手ににらめっこしながら
習得しようとされていました。

みなさんの努力に感謝です。







ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

ケアステーション ゆずりは 定例ミーティング

2018年03月18日 17:20

平成30年 3月18日(日) 10:00~ 事務所2階 休憩室にて
ケアステーション ゆずりは 定例ミーティングが 開かれました。

今回の研修内容は 『2018年度活動方針について』

IMG_8036[2]_convert_20180318164835 
 * スクリーンとプロジェクターを活用しています。


弊社は3月が年度初めになります。
なので、既に2018年度はスタートをきって、
みなさん日々頑張って頂いてますが
足取りを合わせ同じベクトルを向いて行けるように
今年度の方針について話し合いを行いました。

ここ数年の実績を年度毎に比較しながら
また、事業所として見直すところを挙げていきながら
ミーティングは進行していきました。

みなさんの働きやすい環境を考えつつ
事業所として、1人1人のヘルパーとして
今年度は成長していければと思います。


IMG_8037[1]_convert_20180318164916

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

第2回 ゆずりは 定例研修会

2018年03月16日 09:37

2018年 3月15日 (木) 18:00 ~

弊社では社員研修の一環で定期的にメーカー様をお招きして
福祉用具の知識を深めていっておりますが
先月に続き今回も他事業所の方々にお声をかけさせて頂き
定例研修会を開催させて頂きました。

IMG_8028_convert_20180316075935.jpg

今回は
 パラマウントベッド スマートスリープストア 谷口 氏
                      をお招きしまして

『 安楽な睡眠 』 について 講話して頂きました。


IMG_8029_convert_20180316080004.jpg


日本人は世界全体でみても睡眠時間が少ない人種で
5人に1人は不眠に悩んでいて
60歳を超えると3人に1人の割合に増加するそうです。

これは何となくではありますがイメージがつきやすい事実かと感じます。

また、私たちが普段接することの多い高齢者の睡眠の特徴は

「早い就床・長い床上時間・質の低下」

寝床に居る時間が長すぎると、睡眠の質低下の原因になります。
 

IMG_8031_convert_20180316080058.jpg

若年成人に比べ高齢者の方は浅い睡眠を繰り返します
これは年を重ねるにつれ生体リズムがそうさせ変える事が出来ないそうです。

快眠のポイントに

・寝室環境を整える
            
ことが挙げられますが
人それぞれの生体リズムを私たちが変えていくことが出来ませんが
普段提供しているマットレス一つにしてもその方にあった品物を提案・提供することが
快眠のきっかけを形成できるのではないか・・・。

そう感じた研修でした。



寝る前の禁止事項!!

酒!たばこ!コーヒーなどのカフェイン含有飲料の就寝直前の摂取!  

自分なりの入眠儀式として・・・ と自分に言い聞かせて・・・        駄目ですかね?






ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

ICF(国際生活機能分類)と自立支援型ケアプラン

2018年03月14日 17:34

平成30年3月5日(月) 18:30~ げんき塾にて

PHKネットワーク主催の研修会が行われました。

『 現場で役立つ、ICFの考え方 』
 ~国際生活機能分類に当てはめることで見えてくる
                   QOL向上の為の可能性とバリア~


                      講師 住まいと介護研究所 所長
                                 谷口 昌宏 氏
                             

IMG_7961_convert_20180315103321.jpg


ICFとはInternational Classification of Functioning の略で
国際生活機能分類と言います。



ICFについての説明

2001年(平成13)年5月にWHO(世界保健機関)において採択
ICIDH(国際障害分類)の改訂版で「障害」というマイナス面を中心にみるのではなく
「生活機能」というプラスの中に「障害」というマイナスを位置づけます

ICFはプラス思考でとらえ、心身機能は低下状態でも「活動」に直接働きかけることでその結果
「参加」も向上させることができるという考え方です。

ご利用者様のアセスメントを行うとき、多職種との連携をとる際に活用し
ご利用者様の生活において「している活動」「できる活動」へと導くための考え方だと解釈しました。

 



無題


谷口先生には、ICFの考え方からケアプランの考え方まで幅広く講話して頂き
少しではありますが ICF について理解する事が出来ました。

IMG_7965_convert_20180315105604.jpg



ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

ケアステーション ゆずりは 定例ミーティング

2018年02月18日 21:00


平成30年 2月15日(金) 10:00~ 事務所2階 休憩室にて
ケアステーション ゆずりは 定例ミーティング が開かれました。

今回の研修内容は 『2018年度介護保険制度改正について』

98.jpg


介護保険改正のポイントを○×形式の問題を答えていきながら
皆で学習しました。

100.jpg

問題の一部を抜粋
                     ・
                     ・
                     ・
② 現在の日本において社会保障給付費が過去最高を更新し続けている ・・・・・・・ ○

⑨ 2020年4月から介護保険と障害福祉の両制度に新しく『共生型サービス』が位置づけられる ・・・・・・・ ○ 

⑭ サービス提供責任者のうち初任者研修修了者(旧2級)を新たな任用要件とする ・・・・・・・・ ×

⑰ 統計的に見たケアプランの訪問介護回数の基準値とは『市町村平均利用回数+2標準偏差』で算出する ・・・・・・ ×
                     ・
                     ・
                     ・

全部で20問の問題でしたが単語の羅列だけで頭を抱える方もいたりして・・・
確かに難しい単語が出てくるとそれだけで敬遠しがちになってしまいますが
一個一個読み解くと案外簡単な事が書かれていたり、
理解することで自分の教養の幅が広がるので、
その感覚を皆で少しでも分かちあえたかなと感じました。

99.jpg

ちなみに ⑭は任用ではなくて廃止され  ⑰は市町村ではなく全国 が正解です

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

第1回 ゆずりは 定例研修会

2018年02月16日 20:00

2018年 2月 16日  18:00~ 

弊社では社員研修の一環で定期的にメーカー様をお招きして
福祉用具の知識を深めていっておりますが
今回、普段お世話になっております事業所の方々にもこの機会を紹介出来ればと思い
定例研修会という形で皆様にお声をかけさせて頂きました。

14_2018021619273390f.jpg


今回はその1回目として

株式会社 松永製作所 水川氏 をお招きして

『車いす座位での不良姿勢による悪影響について』

というテーマで講話して頂きました。

13_201802161927324cc.jpg

車椅子の座位の姿勢が崩れると

・ ズレ
・ 圧の集中
・ 転倒・転落


が起こり褥瘡や誤嚥性肺炎を引き起こす原因になります。
そのメカニズムと対応策を解りやすく説明して頂きました。


  体が後方に倒れた姿勢
      ↓  ← お腹を圧迫
  食欲・食事量の減少
      ↓
  筋力(腹筋)の低下 

この流れが 高齢者(特に女性)が便秘になりやすい要因
だそうです。

車椅子での姿勢ってとても大事なんですね。


12_20180216192730a2b.jpg  
* たくさんの方にお越し頂きました。


次回は
3月15日(木) 18:00~19:00 げんき塾 にて

『安楽な睡眠について』

  講師 スマートスリープストア 谷口氏 

を開催します。

今回同様たくさんの方々に
お越し頂きますよう御応募お待ちしております!




ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ

決算セール

2018年02月09日 14:24

掘り出し物、見つけませんか?

ファイル_000

ご来店、お待ちしております。

ブログランキングに参加してます☆今日も ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ


最新記事